「トイレ」に行きたくてもいけない時・・・

SNSフォローボタン

フォローする

高速道路での渋滞中満員電車の中、席を外しにくい会議中、得意先のお客さまの話が長引いて・・・。こんな状況は、トイレに行きたくても行けなくて辛いですよね。

こんな状況に陥らないために普段から気をつけたいものですが、それはそれでまた難しいものがあります。

ちょっとした予防策としては、コーヒーや緑茶などのカフェインを含んだ飲物は、利尿作用があり、おしこが近くなるのでなるべく控えることです。

通勤前には必ずトイレは済ましましょう。それも自宅ではなくて、最寄りの駅とか公園が良いそうです。

トイレを我慢することは危険です。

我慢し続けると、膀胱内で菌が増殖して膀胱炎になる可能性があります。

増殖した菌は尿管から腎臓に達し腎盂腎炎を引き起こします。

我慢することを何度も繰り返すと、我慢することに体が慣れてしまい腎臓にはさらに負担がかかり膀胱炎ばかりでなく腎臓病も引き起こしかねません。

しかしどうしても行けない時はあると思います。

もしものとき、我慢する方法として、 足をクロスするという方法があります。

極端過ぎるのは変なので、拳1個分くらい空けて組みます。

頭の中は尿道をギュッと締めている感じです。

足首にツボがあります。

足の内くるぶしから指4本分くらい上に上がった所、少しへこんだ所で、押さえると痛い場所です。

手の親指で痛気持ちいいくらいに1回1~2分押します。

顎にもツボがあります。

手を軽くグーにして、さりげなく頬杖をついて中指の第2関節あたりで顎の膨らみの中央を素知らぬ顔で刺激します。

他には意識を紛らわすことです。

例えば音楽を聞いたり他の別のことに、意識を向けたりすると効果的です。

貧乏ゆすりなどをして体を細かく動かすことも、トイレから意識が遠ざかるので良い方法です。

さらに、オナラを我慢する感じでお尻の穴、膀胱の出口付近をギューっと占めるイメージです。

10秒くらい維持します。

これによって会陰排尿筋抑制反射(えいんはいにょうきんよくせいはんしゃ)が働き膀胱の異常収縮が抑えられます。

それでも「もう~ダメッ」って時は出す方向で考えます。

いくら 足をクロスしても、ツボを押しても尿が無くなるわけではないので、いつかは限界がきます。

一つは市販されている携帯用トイレです。

乗り物酔いでも使えるのであると重宝します。

最終手段は、男性なら、ペットボトルです。

女性なら、ビニール袋にティッシュを入れて使う、と言ったふうです。

いずれにしても、トイレを我慢することは体に良くないので行きたくなったらすぐに行くようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク