ストレスど真ん中でイライラしている貴方へ

SNSフォローボタン

フォローする

現在はストレス社会です。

あなたは、どのようにしてストレスと向きあっていますか?

簡単に「ストレス解消法」って言ってもいろいろありますよね?

そもそもストレスというのは、その人にとってはプレッシャーのかかる事項であったりその状況下で起こる心拍数の増加、血圧の上昇、食欲低下などの身体的な反応を指します。

これらのストレッサーによって脳や体が反応してストレスとなるわけです。

こうなるとストレスは悪く思われがちですが、

一方で、ストレスは必要(?)でストレスがあることで「人を賢く強くし、勇気や思いやりを持ち成長し成功できる」という方もおられますが、あなたはどうでしょうか?

「ストレス感だらけ・・・」のときは、頭の中は面白くないことばかり一杯でそれを「打破する」ことでスッキリします。

スッキリすると快楽ホルモンというβエンドルフィンが分泌され、ハッピーホルモンのセロトニン分泌されイライラは吹っ飛びます。

重いストレスを感じたら、一人で悩まずに誰かに話しましょう。

面と顔を突き合わせて自分のモヤモヤを誰かに吐き出すと言う行為はストレス解消になります。

親身になって聞いてくれる友人は必要ですが・・・。

意識してポジティブな言葉を使って会話をするように心がけることで脳のパフォーマンス向上します。

感謝することで脳が健康状態になり健康な思考パターンを作り出します。

「仕事に追われ忙しくて・・・」って時は1枚のガムが 良いかもしれません。

ガムを噛むことでストレスホルモンの分泌を抑えてくれます。

次は「太陽を浴びる」です。あの <スーパーマン>でさえ太陽の光で復活できます。

実際はみるだけでもOKなので室内で十分です。

太陽を浴びることでハッピーホルモンのセロトニンが分泌されます。

ストレスが発生すると、ビタミンやミネラルが大量に消費されるので栄養が必要になります。

特に亜鉛を含む食材は必要です。

牡蠣、牛のもも肉、豚レバー・もも肉、うなぎ蒲焼、ホタテ、納豆・・・。

グレープフルーツの香りリラックスできるというのは有名で、あのイチロー選手やサッカーの選手も実践しています。

自分が好む香りを嗅ぐことで無条件にリラックスできます。

色は「ブルー」が良いそうでリラックス効果が高いそうです。

また、「片目を30秒間隠す」という方法があります。

たとえば、右目を30秒間手で隠し「左脳が休んでいる」とイメージし、30秒後に手を外して「左脳がリフレッシュした」とイメージしこれを左右繰り返します。

これをすることで、脳が <再起動> します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク