食事を減らしても痩せませんよ!

SNSフォローボタン

フォローする

もしかしたら、「カロリーが減れば痩せる」という間違った認識で、食事制限している方もあると思いますが、残念ですが、食事を減らしても痩せません。

日常の動作や週間に一工夫するだけで、体は痩せていきます。

普段の積み重ねが大事なんです。

大事なのは基礎代謝を上げることです。

基礎代謝ってよく聞くと思いますが、寝ていても、運動していなくても消費するエネルギです。

基礎代謝は個々の筋肉量に比例します。

偏食や運動不足によって筋肉量が少ないと、基礎代謝は比例して低下します。

基礎代謝が上がると、エネルギー効率が高くなって痩せやすく、むくみ、冷え症などの様々な 症状の改善が期待できます。

基礎代謝が高いということは、まるで24時間稼働している工場のようなもので、たくさん食べてもたくさんのエネルギーが消費されるので脂肪が蓄積されにくい狀態です。

毎日ほんの少し意識することで基礎代謝量を上げることが出来ます。

基礎代謝量が上がれば、痩せやすい・太りにくい体質になることが出来ます。

最初は、ストレッチなどで軽くてもいいので体を動かすことから始めましょう。


日々のデスクワークで、ついつい運動する機会が減少し筋肉量も減少しています。体を 動かさないということは、筋肉を使わないので太りやすい体なっています。

体を伸縮させることで筋肉が解れ、体の稼動域も増えてエネルギー消費も増えます。簡単なストレッチをするだけで基礎代謝を上げることが出来るんですよ。

入浴後は体の代謝も良くてストレッチなどの簡単な運動をすることで更に代謝が上がりす。

代謝を活発にするためには、筋肉をつけることが大切ですが、そのためには高タンパク、低カロリーな食事を心がける必要があります。

プロテインはまさに絶好のサプリメントです。

姿勢をただすことで基礎代謝が高まり正しい姿勢をとることで、内臓を正しい位置に戻し正常に働かせるので基礎代謝量を高める効果があります。

背中が丸くなって猫背のような悪い姿勢を取っているとやがて筋力も衰えて基礎代謝も下がってしまいます。

背筋は真っすぐ伸ばし胸を張ることで筋肉が使われます。

体温を上げる 習慣をつけます。

体温が高いということは、体がエネルギーを燃やし熱を作っているということです。

室温を高くすると体は自分で熱を作ろうとはしないので体温は低い傾向にありますが、運動をすることで体温が上がり血行が良くなり基礎代謝量が上がります。

人の生活リズムの中で「睡眠」は大切です。

良質な睡眠は良質な筋肉を作ります

寝不足は食欲を増進させるホルモンのグレリンを活性化させるので、太りやすい体を作ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク