「生涯賃金」ってどれくらい?

SNSフォローボタン

フォローする

「生涯賃金」とは、労働者として新卒から定年を迎えるまでの期間に取得出来る総賃金のことです。

毎月の給与・残業代・ボーナスなどの総計です。

ただし、退職金や年金は含まれません。

男女差や勤務する企業の規模によっても、大きく違ってきます。

2008年独立行政法人労働政策研究機構の調査によるものですが、ただし、パートタイム労働者などを含まない一般労働者の場合です。

男子大卒および大学院卒約2億9000万円、同じく女子は2億6000万円で男性の方が高い傾向にあります。

生涯となるとスゴイ 金額なんですね。

中卒男子は2億2000万円学歴が高いほど生涯賃金も高いという傾向があります。

大学・大学院卒男子であっても企業規模による違いは大きく、社員1000 人以上の企業では3億3000万円社員10~99人の企業では2億3000万円と違いがあります。

フリーターに於いては、定義が曖昧で就業状態も変化しやすく明確な統計データーは存在しませんが、30代で頭打ちになる傾向があり、その観点から生涯賃金は5000万円以下とか7000万円以下と考えられ、一般労働者に比べ2億円の開きがあります。

年収は、大卒男性で40~44歳で約900万円、高卒男子で約660万円です。

一般的平均年収は304万円、大卒・大学院卒となると22%プラスで372万円、逆に中卒では20%減の244万円となります。

大学と言っても数多くありますが、有名な学校であればあるほど、有名大学卒⇨一流企業という可能性が高く、2015年日本経済新聞社のデーターでAFGという会社の試算ですが、早稲田3億8785万円、慶応4億3983万円、東大4億6126万円で 大卒男性の平均より1億~1億7000万円も多いという驚きの結果が出ています。

現状では、TVキー局・大手商社・大手損保などの企業は、平均生涯賃金はすでに5億円を越えていますから、これらの企業に多くが就職となれば平均値はさらに上がるでしょう。

学歴によって年齢を経て格差は大きくなり、大卒は年収が高くなり50代 前半で20代前半の2.3倍になりますが、高卒は1.6倍、中卒は1.5倍にとどまり、50代での大卒と中卒の賃金格差は45%と約2倍になってしまいます。これは、日本では、学歴が高いほど人材としての価値が高いと考えられているからです。

賃金は企業・企業規模・職種・正規雇用・非正規雇用によって大きく違います。

女性の場合は、正社員で定年までという人と出産・育児で仕事を一旦中断、再び非正規で働くという人の場合は、生涯賃金で2億円の差があると言われています。

また、容姿を5段階評価(5が一番美しい)した場合、1970年代のアメリカ人を対象とした調査ですが、普通より下(1か2)の評価を受けた女性は4%、男性は13%収入が低く、普通より上(4か5)の評価を受けた女性は8%、男性は4%収入が高いという結果でした。

美人やイケメンは <お得> なんですね。

新卒で定年までの約40年、一般人が勤務してこの金額ですが、国会議員になれば解散がない限り衆議院なら3期、参議院なら2期、勤めれば、ほぼ届く金額なんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク