ちょっとイラッとくる「神経質人間」の特徴

SNSフォローボタン

フォローする

神経質な人は、多くは情緒不安定で恐怖・悲しみなど些細な事にも敏感に反応し、自分の身を守るため危険を察知したり、問題点を見つけることが得意で、そのため悩み・心配事も多いのが特徴です。

仕事で失敗しないかとか、他人に迷惑がかからないかなど、悩みがつきません。

不安に思うことの99%は現実に起こらないというデーターが有るので、悩み・心配事に過剰に反応しないことです。

神経質な人は、その多くが行動を起こす前に起こるであろう全ての結果を考えてしまう傾向にあり、自分の殻に閉じこもってしまいます。

神経質な人は性格的に、真面目で責任感が強く、叱られることが嫌いで失敗した場合を考えることが多い人です。

失敗したことを反省し、それを知識として次に備えようとします。

真面目過ぎて責任感が強すぎて完璧を求めようとします。

些細な事で大きく悩んで長時間引きずります。思い通りに物事が進まないと、不機嫌でそれがストレスとなり落ち込みます。

さらに完璧を求めるので、完璧でない部分が少しでもあると気になって落ち込みます。

全てを自分でコントロール出来ると思い込むので、理想にこだわり過ぎて現実を受け入れることが出来ないのです。

また、「心配性」です。

心配ばかりで不安になり落ち込んで、気持ちの切り替えができず、その感情をずっと引きずったままで常にマイナス思考です。

心配な事項について、ポジティブな情報を探して少しでも解消して、気持ちを切り替える努力が必要です。

様々な状況を考える傾向にあり、たとえ突発的なトラブルであっても対応できるようにと考えるので、荷物は常に多いです。

もしも雨が降ったら・・・。もしも頭痛が起きたら・・・。と、もしも・・・に備えるのです。

もしもの時に解決する方法はいくらでも有るのですが、柔軟性に欠けるので、気になってどうしても荷物が増えます。

ネガティブ思考が強く自分に自信が持てないので、自分の努力・自分の考えに対する他人の評価が気になり、他人に褒めてもらう事が自分の自信になるのです。

物事を決める場合、最初の決定がベストではないと考えてしまうので更に時間を必要とします。

正義感の強い人が多く、間違っていることは否定しますが判ってもらえないことが多く、トラブルが発生するとパニックになり、イライラします。

それ原因ででミスを発生すると対処できなくなってしまいます。

本人としては、完璧を目指しているので、想定外のミス・問題の発生は苛立ちを隠せずパニックになります。

完璧を目指し、仕事は丁寧で細部までチェックします。細かいところまで気になるので、イライラすることも多いです。

自分だけでなく他人の些細なミスも気になり、イライラします。

衛生面においても気にするので潔癖症になりがちです。

延々と手を洗い続けたり・・・するわけです。汚れや雑菌にも過敏になりネガティブで不安症になり潔癖症へ発展していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク