「無視」という行為に対処する方法

SNSフォローボタン

フォローする

幼稚な行為である「無視」は、未だに日本各地で「村八分」という名のもと陰湿に行われています。

それは、学校に限らずあらゆる業種で、一部の人間の快楽のために行われています。

会社員であれば、業務など仕事に支障をきたし、やがて「いじめ」に発展し精神的にも追いやられ、最悪の場合、退職という可能性もあります。

一日の大半の時間を過ごす職場において「無視」という行為は、報告・連絡・相談という業務に大きな影響を与え、同時に大きなストレスを発生します。

他愛のないジョークとも取れる会話で、無視される程度であれば許せるとしても、仕事中に必要があって話している時に無視されるのは影響が大きいです。

こういったことが繰り返されると、精神的に耐え難いストレスとなり、鬱病を発症したり、転職に追い込まれたりという人が増えています。

気にしすぎるから気になるので、気にしないことです。

無視する人もそうでない人も割り切って同じ ように接して仕事をすることです。

挨拶・仕事上の業務をきちんとこなせば落ち度は全くありません。普段通りに平常心です。

それでも無視されるのであれば、もう直接聞いてみることです。

態度を 非難されるかもしれませんが、もしかしたら理由がわかるかもしれません。

こちらに理由があれば反省し、そうでなければ「そういう人種なんだ」と諦めたほうが楽です。

何処の職場でも大なり小なり人間関係のトラブルは存在します。

気にしても時間が無駄なので、目の前の仕事にだけ集中し、仕事上のやり取りは最低限で済ませ、仕事は仕事と割り切ることです。

でも、相手にとっては面白くないかもしれません。

自分に非がなければ「徹底抗戦」で立ち向かうという方法もありますが、相手が上司である場合は、ますます関係悪化という事も考えられます。

「負けるが勝ち」ではありませんが、悩んでいて良い解決策が見当たらないならば、仕事に集中しましょう。

仕事に集中することで嫌なことを忘れ、良い結果が出れば自分の評価が上がり自信となります。

自信過剰は問題がありますが、自信と謙虚さのバランスを取りながら、仕事を選り好みせず受ける姿勢が大事です。

「ありがとう」の感謝の言葉は必要です。その一言が人間関係を良くします。

自分が無視される理由を周囲の人に聞くというのも解決の一つです

無視をする本人に比べて冷静であることが多いので原因がわかるかもしれません。

無視をする人と接点の有る人に仲介役をお願いして、ひょっとしたら言葉のニュアンスの違いで、うまく伝わっていない場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク