「体臭」は遺伝するの?? 体臭ケアの女性と男性の違い??

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

「体臭」が気になる原因としては,

・お風呂・シャワーなどの利用頻度が少ない

・身体の洗い方が不十分

・汗をかいてそのまま放置

などが考えられます。

それ以外にも,肉など脂肪分が多い食物や,ニンニク・玉ねぎなどの匂いの強い食物を食べすぎるとニオイが発生しやすくなります。

また,喫煙される方は,タバコのヤニのニオイ「体臭」と感じられる場合が有ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

体臭と遺伝

体臭には,大きく分けて

①食事・ストレスなど生活習慣が原因となるもの

②遺伝によるもの

の2種類が有ります。

ワキガ体質は,遺伝的要因が大きいものとして考えられていて,汗腺のアポクリン腺の数・太さなどが,子孫に受け継がれます。

引用:google

人の汗腺には,アポクリン腺とエクリン腺の2種類が有り,それぞれの汗腺から分泌される汗の役割がそれぞれ違っています。

アポクリン腺から出る汗はニオイの排出を目的とし,エクリン腺から出る汗は体温調節が目的です。

体臭も,両親から受け継いだ遺伝子によって決定され,両親がともにワキガ体質の場合,約80%の確率で遺伝し,片親の場合は約50%が遺伝すると考えられています。

たとえば,ある人がワキガ体質が遺伝しているかどうかは,その人の耳垢が乾型か湿型かによって,判定されます。

アポクリン腺の数が多い人の耳孔は,湿り気を帯びているため耳垢も湿っていますが,ワキガ体質ではない人の耳垢は,乾燥してカサカサしています。

体臭ケア(女性の場合)

引用:google

女性にとって体臭は?

「体臭は男性限定の悩み・・・」と,つい捉えがちですが,実は女性も気にしている人は多くいます。

「体臭」の原因は人それぞれ様々で,普段の食生活・不摂生・体質などが原因となって引き起こされることが多いですが,普段の何気ないちょっとした行動を見直したり,生活習慣を整えたりすることで,改善される部分は多く有ります。

食生活見直しは,「体臭対策」に大きな効果が有ります。

ホルモンバランスの乱れと生理機能の低下

ホルモンバランスの乱れ・生理機能低下などが原因となって,体内の活性酸素が増加皮脂量も増加するため,それが「体臭」となって現れます。

この場合,皮脂量が増加するため,その影響で油っぽいニオイが強くなります。

炭水化物中心の食生活

炭水化物・食用油などの過剰摂取は,「体臭」を引き起こす大きな原因です。

食事がおにぎりだけ,パスタだけ,菓子パンだけ・・・という炭水化物中心の食生活では,体内で代謝されずに余った糖質が中性脂肪に変化し,皮脂の分泌量が増加します。

しかし,「炭水化物を摂らない・・・」は,逆効果で絶対ダメです。

身体がエネルギー不足となって不完全燃焼を引き起こし,きついニオイを発生します。

タンパク質の過剰摂取によって口腔内に垢が溜まりやすく,油分の過剰摂取皮脂の分泌量を増大させます。

適切な量の油分は保湿に効果的で,極端に減らすことはNGです。

消臭サプリを選ぶ場合は,「どこに自分の気になるニオイの原因が有るのか・・・」をよく考えて,その原因に合った成分が多く含まれている商品を選ぶことが,大切です。

>関連記事:気になる「体臭」を消す方法と臭いを変える人気サプリ,抑制する食物いろいろ・・・



サプリメント

サプリメントは,使用する部位やTPOによって,様々な商品が発売されています。

ワキ・足の裏など「体臭」が発生しやすい部位にはデオドランド,制汗剤ならスプレー・シート・クリーム・ロールオン・ローションなどタイプも豊富です。

洗うだけでニオイ対策ができる,シャンプーやボディーソープなども販売されています。

ワキ

ワキは,アポクリン腺が多いためニオイが発生しやすく汗ジミもできやすい部位なので,スプレー・ロールオン・クリームなどのタイプの制汗剤で汗を抑え,汗をかいた後であれば,シート・ローションタイプがオススメです。

足の裏

蒸れやすい足の裏のニオイは,肌用の制汗剤と靴に使える防臭スプレーで対応できます。

靴を履かない時は,防臭スプレーを振りかけて干し,通気性を良くして雑菌の繁殖を防止します。


デリケートゾーン

デリケートゾーンのニオイケアは,専用のソープ・クリームで改善できます。

抗菌効果の有るラベンダー・ティーツリーなどエッセンシャルオイルがオススメです。

ワキ・デリケートゾーンなど体毛の有る部位は,汗が溜まりやすく雑菌が繁殖しやすいので,体臭が発生します。

ムダ毛を念入りに処理することで,気になるニオイが緩和されます。

体臭ケア(男性の場合)

引用:goole

皮脂が発生しやすい部位

男性の場合,次の4箇所

・ワキ

・耳うら

・背中

・首まわり

は,ニオイの原因となる皮脂が発生しやすい部位で,皮脂の分泌量が増加するとニオイもきつくなる傾向に有るので,日頃から清潔に保つ必要が有ります。

ゴシゴシと必要以上に洗う必要はありませんが,入浴時はワキから背中までしっかりと洗うことが大切です。

通気性の良い服装

衣類の繊維に嫌なニオイを溜め込まないために,汗が蒸発しやすくて速乾性のあるTシャツなど,通気性の良い服装をする。

汗を放置しない

汗をかいたまま放置すると,汗が繊維に染み込んで体臭・黄ばみの原因となります。

自宅であればシャワーを浴び,外出先であればデオドランドシートなどで汗をこまめに拭き取るなど,汗を放置しないことが体臭を防ぎます。

事前に汗を大量にかくことがわかっている場合,着替えを用意して外出します。

汗で汚れた洋服を着替えることで,体臭対策になります。


生活習慣の見直し

運動不足・喫煙やお酒の飲みすぎ・ストレスなど生活習慣の乱れ

   ⇩

発汗量の増加

   ⇩

皮脂の分泌量の増大

   ⇩

血流の悪化

   ⇩

老廃物が溜まる

   ⇩

肝機能の低下

外側の消臭対策ばかりに力を入れても,身体の内側の環境が整わなければ,改善はできません。

毎日の規則正しい生活が効果を生みます。

栄養バランス

コンビニ食・ファーストフード・揚げ物などを摂っていると,体内の脂質が酸化されて分泌量が増大し,「体臭」を悪化させます。

脂肪の多い肉類・揚げ物・バターなどの摂り過ぎに注意して,栄養バランスを考えた食生活は必要です。

抗酸化作用の強い緑黄色野菜・果物・ナッツ類・きのこ類・海藻類などの食品は,体内の脂質の酸化を防止し,体臭抑制効果が期待できます。

>関連記事:体臭」の原因と「体臭」を引き起こす食物,その予防と対処法・・・

まとめ

引用;google

「体臭」は,遺伝もありますが,生活習慣を見直し改善することで,抑制できます。

制汗剤など便利な商品が販売されていますが,外側の消臭対策ばかりではなく,体内に入る食物一つを考えながら内側の対策をしっかりと行うことも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク