仕事しながらネットで稼げる【注目の副業8選】

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

「働き改革」が実施され,「副業」をする人は増加しています。

本来,「副業」とは法律上明確な定義は存在しません。

一般的に会社員であれば,平日昼間の仕事が「本業」で,週末のアルバイトなど本業以外の仕事が「副業」と区別されています。

「本業」とは,会社員・アルバイト・パートなど雇用契約に基づいた働き方や,自由業・自営業などを含む本来の職業・本職を指します。

一方,「副業」は  ”サイドビジネス” とも呼ばれ,お小遣い稼ぎ程度の収入から起業・資産運用の投資など業種は広範囲です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

注目の「副業」8選

1)Youtuber

カメラ・PCなどで自作動画を制作・投稿して広告収入を得る副業です。

今では,誰もが知っている認知度抜群の超人気な仕事です。

最近は注目度に比例して始める人が増え続け,過激投稿による炎上も相次いだこともあって,以前より「収益化規制」が厳格化され,質の良い動画を継続的に投稿しなければ一切稼げないシステムになりました。

しかし,5G通信の登場によって,より身近になる動画の注目度は高まるばかりで,挑戦の価値がある副業に違い有りません。

必ずしも「顔出し」する必要はなく,音声のみ・撮影動画・ゲーム動画編集など,様々な動画で稼げる可能性が有ります。

>関連記事:ユーチューバーになるには

2)Webライティング




Webサイトの文章を書いて,収入を得る副業です。

主な仕事として,個人・起業が運営するブログサイトの記事や,ホームページの紹介文を執筆します。

発注者の要望を理解し,コンセプトに合致した記事を書くスキルが求められます。

報酬は,書いた文字数に応じて決まるので,やればやるだけ稼げます。

クラウドソーシングなどで初心者向けの簡単な案件(報酬は少なめ,1文字0.5円~)も豊富に有り,始めやすい環境は揃っています。

即金性が高く経験・スキルが向上することで,月10万円~30万円の収入も夢では有りません。

リスク無く始めることができますが,その分ライバルも多いのは事実です。

最初は単価も低く思うように収益が伸びませんが,経験を積むことで単価も上がり稼げるようになります。

「書く力」は「考える力」です。

要約・文章化・情報整理など,頭を使って培われるスキルは,業種・業界に関係なく生涯活用できるもので,本気で取り組む事で間違いなく自己投資になります。

3)プログラミング




専用の言語を使って,Webサイトを作ったりアプリを開発したりして,収入を得る副業です。

仕事を得る方法は,主として人脈・紹介サービス・クラウドソーシングなどです。

プログラマーになるためには,プログラミング言語の知識・倫理思考・数学的処理・問題解決の能力など,専門的知識が必要で難易度は高いですが,社会的にエンジニアは人手不足のため,需要は極めて多く,個人の市場価値を上げるためにも最適な副業です。

技術取得に時間がかかりますが,初心者でもWeb制作レベルであれば,1件約2万円から,難易度に応じた報酬が得られます。

時給相場としては約1500円~約5000円ですが,システムエンジニアであれば,約2000円~約10000円となります。

引用:google

4)Webデザイン




Webサイト・バナー・チラシなどをデザインすることで収入を得る副業です。

デザインの基礎・Illustrator・Photoshop(デザイン専用ソフト)の操作など,専門的知識も必要ですが独学でも身につけることは可能です。

スキルも身につき,需要も高い職業です。

5)動画編集




HP用の動画・Youtubeなどの動画を編集して収入を得る副業です。

最近ではYoutubeなど動画コンテンツの人気が高く,企業・個人You tuberなどからの依頼も多く,需要も高まっています。

報酬は,1本約5000円から数万円まで技術によって違ってきます。

編集のコツを学ぶ必要は有りますが,編集のため顔出しはなく,副業としてバレにくいメリットが有ります。

6)覆面捜査

一般消費者を装って,企業サービスの品質調査などを行います。

・話題のお店や商品を割安な価格で楽しめる

・好きなことで報酬を得られる

・好きな時間でOK

・普段と違った視点を持てる

などが最大のメリットで,「稼げる」というより「お得」な副業,かもしれません。

主な仕事内容は,

・待ち時間チェック

・接客態度チェック

・入店/退出時間記録

・店内/トイレ清掃チェック

など,観察・調査・リサーチなどが好きな人に向いています。

報酬は1回約1000円~約3000円ですが,調査時の飲食費・購入費・交通費などは,自己負担となります。

人気急上昇中のため,競争率が上がり当選が難しくなっています。

>関連記事:女子に人気!?秘密の覆面調査員バイトって何?

7)オンライン秘書




主に在宅ワークで秘書業務を行う副業です。

電話受付以外にも名刺管理・リサーチ業務など,一般事務からビジネス領域まで広範囲です。

時給は約900円~約1200円前後で,在宅ワークでは高水準です。

人手不足が深刻化するなかで,注目の副業です。

8)LINEスタンプ




報酬は,売上の35%です。

たとえば,100円のスタンプが1個売れると報酬は35円なので,10個売れると350円という計算です。

1種類40個程度のデザイン作成で販売可能となります。

1個の作成時間が2時間とした場合,合計で80時間となり,時間給で計算した場合,人によっては稼ぎづらい副業かもしれません。

>関連記事:「クラウドソーシング」という働き方、メリット・デメリット、注意するところは?・・・

副業の注意点

副業を始める前に注意する点があります。

①確定申告

副業で得た収入が,年間20万円を超えると,確定申告が必要となります。

会社員であれば年末調整は会社が代行してくれますが,会社で行った年末調整分より副業分の収入が多いため,所得が増えた場合住民税も増えるので,副業がバレます。

副業で得た収入ーかかった経費=所得

確定申告は,翌年2/16~3/15に行い,税務署・広域センターで行うことができます。

②詐欺に注意

「今だけですよ・・・」

「直ぐに稼げます・・・」

など,甘い言葉を並べてお金が稼げるなど,アピールするものは詐欺の可能性大です。

高額なセミナー代や初期費用など,取られて終わるものが多数存在します。

楽して稼げるなどのメッセージや,覚えのない商材が送られきたら,要注意です。

引用:google

まとめ

もし,空いている時間が有って,体力的に問題がなければ,副業という選択肢はおすすめかも知れません。

もちろん,自分に合うか合わないかは重要です。

副業をすることで,収入が増え生活に余裕が生まれます。

その副業で,新たなスキルを得ることができれば,自分投資にも繋がります。

新しい人間関係も生まれるでしょう。

良いことばかりではないかもしれませんが,動かなければ始まりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク