「銀行業界」にも人口知能(AI) 進出!

SNSフォローボタン

フォローする

引用;google

人手不足で倒産に追い込まれる企業も増えていますが、2018年大卒予定者の中で就職活動で内定を得たにも関わらず、 内定辞退率が 2017/10時点で64.6%になり、この6年間で最も高い数字となっています。

そんな中、大手上位3大メガバンクでは、「人員削減の嵐」となっています。

業界トップの「みずほフィナンシャルグループ(FG)」は、今後10年間で全従業員の30%、1万9000人のリストラを進める予定です。

情報技術(IT)活用によって業務効率化を量り超低金利による収益力削減の回復を目指します。

人口知能(AI)などの新技術を積極的に活用することで省力化を量り、子会社のみずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券で業務重複の事務部門を集約する案も出ています。

業界2位の「三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)」は、今後10年間で全世界従業員14 万7000人の7%、約1万人のリストラを予定しています。

超低金利環境下での収益悪化の中で、金融と情報技術(IT)を融合業務合理化・店舗閉鎖・軽量化を量ります。

業界3位の「三井住友フィナンシャルグループ(FG)」は、今後3年間で全430店を相談業務重視の「次世代型店舗」移行し、各支店の事務作業を本店に集約する予定です。

人口知能(AI)による効率化で約4000人を新事業部門に再配置する予定です。

各大手銀行に大きな動きが有るのは、一つに人口知能(AI)の実用化に目途が立ってきたというのが背景にあります。

人口知能は学習・推理・判断など人間の知能を持つ機能を備えたコンピューターシステムです。

すでに、日本のメガバンクの全てのコールセンターにはIBMの人口知能Watsonが導入済みで「オペレーターサポートシステム」として使われています。

会話を解析し確認事項・質問の答えを表示する顧客対応時間が20%減と成果が出ています。

顧客満足度は上がりオペレーター不足を解消しています。

また株取引でも使用されていて、米国市場と英国市場での「同銘柄の金額差」「システム処理の時間差」を利用した取引をなんと、秒間2000回という超高速で行っています。

システムが 正常であれば勝率100%ですが、現実はプログラム誤作動・設定ミスで損失もあります。

クレジットカードの 不正使用検知のためにも採用されています。

不正使用による損害は年間100億円超でしたが、人口知能採用により平成27年は85.3億円と減少しています。

人口知能がカード使用を常時モニタリング・利用パターンを把握しているため、パターン 以外の行動・ 蓄積した不正使用時のパターンを照合し、不正 が発生した場合直ちに会員に連絡が入ります。

解析を自動学習するのでその都度精度は高くなります。

身近で普及しているのは、「ルンバ」です。

ルンバは、センサーが作動・察知して障害物を 避け掃除し、部屋の形状・家具の配置などを地図データーにして記憶し、同じ場所は通らず無駄のない効率の良い掃除をします。

また、充電器の位置を探して充電します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク