「カーシェアリング」はクルマ所有者の救世主になれるのか?

SNSフォローボタン

フォローする

クルマは便利な道具です。

住んでいる環境によっては無くてはならないモノです。

送り迎え・買い物・ドライブ・通勤・雨天の移動など利用できて助かります。

小さな子供・高齢者がいる家庭などは絶対に必要です。

簡単な引っ越しや車中泊など、まだまだ用途は広く何と言っても運転することは楽しいです。

行動範囲も広がるし・・・。

でも、結構維持するための経費って馬鹿になりませんよね。

ガソリン価格も駐車場も高いです。

東京銀座には10分/600円という、高額駐車場あるそうです。

平成25年の調査で、東京都1世帯あたりの1ヶ月の駐車場代は、平均で30368円で23区がやはり高く家賃並みの所もあるようです。

建物や駐車場など施設の利用に付随して土地が使われる場合、消費税課税の対象となるため、価格も高騰しています。

全国の1ヶ月の駐車料金は、平均で8288円で最も高いのは東京都ですが、最も安いのは長野県で4144円です。

世帯あたりに普及率が高いのは、①佐賀県、②鳥取県、③島根県、④山形県、⑤長野県。

反対に低いのは、①東京都、②神奈川県、③大阪府、④埼玉県、⑤千葉県 となっています。

東京都の車所有率は全国最低の1世帯あたり0.481台で、駐車場代が高く公共交通機関が発達している事が関係しているものと考えられます。

そんな中、マイカーを持たず複数の人で 車を共有するシステムが「カーシェアリング」です。

必要なのは会員登録のみで、24時間365日好きな時に好きな時間だけ利用が出来ます。

レンタカーに比べて、事前手続きもなく利用しやすいシステムです。

なんと、15分の利用も可能で、ガソリン代・保険料・駐車場代が不要で、料金も利用した時間分だけ支払うシステムでレンタカーより無駄が少なく、2010年以降参入企業・登録台数・会員数が急増しています。

車は借りるので、自動車保険料・自動車税・車検代も 不要です。

首都圏内での、あくまでも個人的独断と偏見ですが、カレコ・オリックス・タイムズの3社の例です。

基本入会金は無料ですが、ICカードを発行するオリックスは¥1000、タイムズは¥1500かかります。カレコはスイカカード併用なので¥0です。

時間料金+走行距離料金で計算¥15/kmくらいです。

タイムズは6時間まで距離料金無料なので長距離派はタイムズです。

利用が平日のみという方は、月会費¥980のカレコ 平日プランがお薦めです。

コンパクトカーを使えば、90分で¥900+距離料金(¥100/10分)2時間使っても¥1500くらいでタクシーよりも安いかも・・・。

予約はスマホ・PCで可能ですが、予約・管理サービスが整っているのはカレコ。

夜中でもサポートがあります

オリックスはありません。

タイムズは後発組でカレコを追いかけている感じです。

週末の予約はオリックスが取りやすそうです。

タイムズもカレコも週末は結構詰まっています。

3社とも毎月基本料金がかかりますが利用料金に充当されます。

しかし利用しない月は無駄となってしまいます。

タイムズは¥1000でお値打ちです。

カレコはプラン別になっていて¥980~¥15000、オリックスは¥2000です。

12時間パックタイムズ¥6500,オリックス¥4500、24時間パックは、タイムズ¥8000,オリックス¥6000(¥15/1km)、カレコパック料金となっているので金額が違ってきます。

長時間借りるならオリックスですね。

1台の車を複数の人で共有するわけで、綺麗・汚いはマナーとして気を使うべきところですが、独断偏見では、綺麗順にオリックス>カレコ>タイムズって感じです。

貸出・返却はICカードなのですこぶる便利です。

夜間利用が多い人は別途距離料金はかかりますが、タイムズのダブルナイトパック¥2500(18:00~9:00・¥15/1km)がお得です。

レンタカーと違ってガソリン代は無料です。

給油が必要な場合は、車内にある給油カードを使います。

車が使いたいが維持費が高いという人は、以前はレンタカーでしたがガソリン満タンで返却する必要がない、カーシェアリングは財布に優しく便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク