女性に絶対お薦め!優秀な飲み物「豆乳」の⑤つの嬉しい効果と、最大限に引き出す④つの効果的な飲み方!

SNSフォローボタン

フォローする

「豆乳」は、女性にとって嬉しい効果が豊富で、実に優秀な飲み物なんですよ。

健康飲料としても知られていて、便秘解消・更年期障害の予防・肥満予防などが有名ですが、そればかりではなく美白力・美肌効果も注目されています。

そんな「豆乳」の嬉しい効果⑤選と、それを最大限引き出す効果的飲み方4選です。

美肌効果・・・豆乳には、ビタミンB・E、サポニン、イソフラボンなど美肌効果のある成分が含まれています。

イソフラボンなどは、よく耳にしますよね。

ビタミンBは、乱れたホルモンのバランスを整えて吹き出物・肌荒れを防いで健康な肌をつくります。

ビタミンEは「別名若返りビタミン」とも言われ、脂肪の過酸化防止してホルモンの分泌を活発にし、さらに血行を促進して新陳代謝を良くし美容にも良いとされるビタミンです。

美肌効果に必要なビタミン類が豊富に摂取出来る豆乳は、欠かせない飲み物です。

便秘解消・・・豆乳にはオリゴ糖が含まれていて、このオリゴ糖は腸内のビフィズス菌の栄養源となり腸内環境を整え、便秘解消に効果的です。

豆乳は大豆から作られ、 飲み物でありながら食物繊維が豊富で、なんとゴボウの2倍も含んでいます。

食物繊維は、便の量を増やして腸を刺激し、また便を柔らかくして排泄しやすくする効果があり、便秘解消に役立ちます。

生理痛の緩和・・ 生理痛は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプレゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れることで症状が重くなり、その度合が痛みとして症状に出るのです。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、この 女性ホルモンのエストロゲンに化学的構造がよく似ていて、似た作用を体に与えるので痛みを和らげるポイントになります。

生理中は、エストロゲンの分泌が減少しエネルギー消費・水分の排出が滞りやすく、大豆イソフラボンを含む豆乳を摂取することで代謝が上がります。

代謝が上がることで、血液の循環が良くなり肌荒れ・冷え性などの症状も緩和されます。

更年期障害対策・・・女性は、閉経を迎えることで女性ホルモンのエストロゲンが減少し、更年期障害が 起こるわけですが、このホルモンにかわって働いてくれるのが、大豆イソフラボンです。

更年期障害となると、辛い症状がたくさんありまが、豆乳を摂取することで 症状を緩和することが出来ます。

バストアップ効果・・・女性ホルモンのエストロゲンは、バストのハリ・潤いを保ってバストラインを形成します。

豆乳を摂取することで、大豆イソフラボンがエストロゲンと似た働きをするので効果があります。

豆乳にも種類があってイソフラボンの含まれる量も違っています。

多い順から、 無調整豆乳> 調整豆乳>豆乳飲料 となりますから、バストアップが目的なら、無調整豆乳です。

ちょっと飲みづらい・・・かもしれませんが、バストアップのため頑張って下さい。

効果は人によって様々で、2 週間で効果ありとか、半月~1ヶ月という方もみえます。

豆乳は、飽和脂肪酸のレシチンを多く含んでいます。

体の掃除屋ともいわれ、肌・臓器・神経・脳など全ての細胞膜に働きかけ正常にする若返り栄養素です。

豆乳の効果を最大限に活かすために摂取する時間は、

食事の30分前・空腹の時・就寝前・朝起きた後   の4つです。

食事の前・・・食事の30分前に豆乳を飲むことで、脂肪・コレステロールの吸収を抑え血糖値の急上昇を防ぎます。さらに、腹持ちが良いので食欲を抑え食べ過ぎ防止に役立ちます。

空腹の時・・・ちょっと小腹が空いた時など、ちょっと豆乳を飲むことでお菓子を食べずに済みます。腹持ちもよく満足感もあります。消化は良くて胃の負担も少なく、カロリーもごはん・パンより低いです。

就寝前・・・就寝前に摂取することで、褐色脂肪が増加・白色脂肪が減少します。簡単にいうと、脂肪を溜め込む働きをするのが白色脂肪で、これは普通の脂肪のことです。そしてこの白色脂肪を年商する働きを持つのが褐色脂肪です。

白色脂肪が燃焼して減少した狀態は、体が脂肪を燃焼させる状態で、豆乳を飲むことで痩せやすい体を作り、女性ホルモンの効果も受けやすく、この時間は お薦めの時間です。

カロリーの消化にはつながらないので、食事は控えてください。

朝起きた時・・・朝豆乳を飲むことで、豆乳にはミネラルが豊富でオリゴ糖も含まれていて、 腸も活発に動き便通も良くなり代謝も 上がるので、ダイエット効果も期待出来ます。

大豆の3割を占める大豆タンパクは基礎代謝を活発にします。

一日の始まりに摂取することで効果抜群です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク