更年期障害の「症状」と「改善方法」

SNSフォローボタン

フォローする

更年期障害とは、男性にも女性にも起こりうる症状ですが、女性の方が認知されている感じが強いですね。

女性の場合、更年期とは、卵巣機能が衰え女性ホルモンの分泌が減少する閉経前後10年くらいの期間をいうもので、個人差はありますが、月経異常・不順の方が多い40代半ころから閉経年齢として多い50歳と言われ、目安として45歳くらいとされています。

更年期になると、卵巣機能が衰え分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が減少します。

このホルモンの分泌をコントロールするのは、脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分です。

視床下部は、体の様々な機能を 調節する 自律神経のコントロールもしています。

更年期を迎え、卵巣機能が衰えエストロゲンの分泌が減少するということは、下垂体の「分泌」という 指令に対して「分泌されない」という状況となるため脳が混乱し、この混乱が自律神経に影響を与え、のぼせ・冷え性などの不調として症状が出ます。

突然の ほてり・のぼせ・・・自律神経とホルモンのバランスの乱れが原因で、突然顔が熱くなったり首・背中など上半身から大量の 汗が出たり、逆に手足が冷えたりすることもあります。

これらの症状はホットフラッシュと呼ばれています。

女性の70~80%が悩まされる症状で、季節・場所・時間も関係なく起こります。

精神的症状・・・イライラ・不安・憂鬱感など精神的なもので、ほてりなどに次いで多い症状です。

気持ちの波が 激しく、集中力が低下して無気力になったりということもあります。

こり・頭痛・・・自律神経が乱れることで血液の循環が悪化し、肩凝り・腰痛などコリの症状を招きやすくなります。

頭痛・頭が重いなど、 以前頭痛持ちだった人は頭痛の症状が出やすい傾向にあります。

めまい・耳鳴り・・・自律神経が乱れることで、血管の運動系機能に 障害が起きることがあり、そのために血圧が不安定でめまい・耳鳴りといった症状が出やすくなります。

疲労倦怠感・・・更年期の時期には、ホルモンのバランスが崩れやすく、だるさ・疲れやすいという症状がでます。

性生活の変化・・・女性は、女性ホルモンのバランスが変化することで、膣の乾燥・萎縮が起こりSEXの際に痛みを伴う場合があり、これによって 相手男性もEDを招く場合があります。

このような体の変化が性欲を低下させ、やがてSEXresへとなりかねません。

こうした更年期障害の対策・改善方法としては,まずは日常生活の見直しです。偏った食生活・睡眠不足が生体バランス・自律神経のバランスを狂わせています。

ホルモンバランスを整えるビタミンE・亜鉛、エスロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンなど、更年期に必要な食材を意識して、バランス良く食事に取り入れていきましょう。

また、ウォーキングなど有酸素運動をすることで、自律神経もバランス良く保たれるので呼吸器系・循環器系に良い影響があります。

適度な運動で質の良い睡眠が取れ体もリフレッシュ出来ます。

インド発祥のヨガは腹式呼吸を基本とし、ホルモンバランス・自律神経を整える働きがあり更年期の女性にとっては、体調を整えるきっかけとしてお薦めです。

時間が取れる方でしたら、筋トレです。

筋トレって聞くと体を鍛える?って思いがちですが、実は ”効果アリ” なんです。

筋トレは運動なので当然体には負荷がかかり空腹となりますが、この状態は食べものが消化しやすく栄養が行き渡りやすい状態なんですね。

栄養を補給するにはグッドタイミングです。

また汗をかいて体も動かすのでストレスも発散できます。

筋トレをすることで筋肉が壊れ、壊れた筋肉は筋繊維を強化するために回復が起こります。

これは「超回復」といわれるもので、このとき分泌される成長ホルモンが若々しい肌を保ってくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク