プログラミングで在宅副業始めませんか?

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

「仕事改革」が推進され,働き方もどんどん変化し,「副業」を認める企業も増えています。

そんな「副業」の中で,注目されている職業の一つに「プログラミング」が有ります。

私達の周りでは,すでにプログラムで作動しているものが,多数存在しています。

例えば,「人が通過するとライトが点灯する」というプログラムは,

人が通過

  ⇩

センサーが反応

  ⇩

ライトをつける

というプログラミングによって機械が作動しています。

プログラムとは,「コンピューターで行う処理を順序よく書き出したもの」で,それを作成する作業がプログラミングです。

2020年,日本でもいよいよ小学校でプログラミング教育が必修化となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミングとは??

プログラミングとは,和訳すると「計画」「予定」「番組表」といった意味です。

コンピューターに処理させる仕事を順番に書いていくことで,コンピューターの「TODOリスト」のようなものをつくり,機械・アプリ・ソフトウェアなどが理解できる「命令文」を,プログラム言語を使って作成するわけです。

予め与えられたプログラミングによって,コンピューターはプログラムの内容を理解し,指示通りの処理を実行し,それによって得られた結果を返します。

たとえば私達が料理をする場合,「レシピがあれば・・・」と思うのと同じで,コンピューターは指示が与えられれば,その与えられた指示通りに動きます。

そのプログラムを実行するためのレシピ作りが,「プログラミング」というわけです。

引用:google

プログラマーって??

プログラマーとは,専用のプログラム言語を使用してプログラムを作成し,様々な場所・環境・条件などで利用できるシステムを作りあげる職業のことで,業務内容・分野などによってさらに細かく分類されています。

条件によっては,システム設計やシステム構築後のテストを担当する場合も有り,世界規模での需要に対して人材不足の状態です。

アメリカでは,プログラマーを含むITエンジニア求人数は,2017年は約70万人不足,2020年には約100万人不足とみられています。

日本企業においても,深刻な人材不足問題となっています。

プログラミング勉強にオススメなサービス

最近では,プログラミングスクールに通わなくても,オンライン上で勉強できる便利なサービスがあります。

Playground




playgroundは,「速く作る」ことに特化したオンラインプログラミング講座で,iphoneアプリの開発言語「Swift」のコースを提供しています。

今なら,新型コロナウィルス感染症緊急対策事業として,東京都中小企業振興公社交付の都内中小飲食事業車向け助成金が利用でき,さらに1ヶ月500円のサポート費用が最初の7日間無料,月額運用費(3000円+税)が3ヶ月無料,友達紹介でキャッシュバックなど,超オトクです。

スキルハックス




スキルハックスは,94本のわかりやすい動画コンテンツで,Webアプリケーション開発を学べる講座です。

無制限LINE@によるサポートが有ります。

現在まで,オンライン・対面形式で3000人以上の受講者が有り,書籍・動画教材がわかりやすいと好評です。

TECHACADEMY




TECHACADEMYは,受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールで,厚切りジェイソンのCMでご存じの方も多いと思います。

Webデザインなどの学習を現役のプロがサポートします。

800社,3000名以上の教育実績が有ります。

本屋さんをちょっと覗けば,プログラム関連の書籍は数多く揃っています。

「疑問点はネットでググれば・・・」と,独学で始められる方も多いかもしれません。

しかし,初心者では疑問があっても,検索ワード自体がよくわからないため,目的の答えにたどり着くまで苦労すると思います。

確かに,苦労して試行錯誤・失敗をして解決を導き出すことは重要かもしれませんが,結果的に遠回りとなってしまいます。

初心者の独学はとても困難で,「プロに聞けばその場で解決・・・」ということも,解決するために1週間以上かかる場合も,考えられます。

「挫折」を体験し,「プログラミングは難しい・・・」というイメージが芽生え,習得を諦めてしまうケースが多いのも事実です。

無駄をなくし最短期間で実践的スキルを習得するためには,やはりプロに教えてもらうのが一番です。

プログラミングを学ぶメリットは??

プログラミングは,

  • 物事の「面倒」を省略
  • 不便を「便利」にする
  • 「生活を豊かに」する

ために使われています。

人間の脳の処理スピードでは効率が悪い計算であっても,コンピューターであれば,ほんの一瞬で計算をして答えを出してくれます。

プログラミングが有ることで,人は苦手なことをする必要がなくなるため,人にしか出来ないクリエイティブなことに費やす時間を,増やすことが出来ます。

この種の話題でよく登場するものに「円周率の計算」がありますが,プログラミングによって2019年現在31.4兆桁まで計算ができています。

円周率以外にも,Google・Yahoo!など検索サイト,Facebook・twitterなどSNS,AmazonなどECサイト,スマホのアプリ,口コミ情報のサイト,Webサービスなど,その他多くの分野がプログラミングによって作られています。

IT業界においては,毎日のようにどんどん新しい技術が出現していますから,プログラミングスキルを身につければ就職・転職にとって大きな【武器】となります。

スマホアプリ・Web・AIなどの技術が普及するにつれ,エンジニアのニーズはますます高まっています。

さらに,プログラマーの人手不足状態という状況から,未経験でも応募可能な求人も増加しています。

単純作業を自動化

PC1台さえあれば,時間・場所などに一切縛られること無く自由に仕事ができます。

たとえば,「旅行をしながら・・・」とか,日本以外の国に移住したとしても可能です。

「アイデア」さえあれば,PC1台でプログラムを作って,ビジネスが開始できます。

自分でサービスを作る

プログラマーは,「アイデアを形にする仕事」です。

「ECサイトを立ち上げる・・・」

「自分でゲームアプリを作る・・・」

など,思うことが見つかれば,その日から始められます。

たとえ就職しなくても,スキルがあれば自分で開発できます。

引用:google

プログラマーの収入は・・・??

国税庁「平成29年分 民間給与実態統計調査」によれば,プログラマーの平均年収額は約430万円です。

民間給与の平均年収額は,約432万円なので大きな差は有りません。

この数字はボーナスを含むため,月収は約30万円です。

プログラマーは,技術力が有ることが前提の専門職なので,個々の能力によって給与に大きなが出ます。

プログラマーとして経験を積んだ後,次のステップとしてSE(システムエンジニア)を目指す方が多く,SEになると平均給与も上がり年収も約550万円と上がります。

システム開発において,SEは開発の上流部分を担当し,プログラマーは開発の下流部分を担当します。

決してSEが上,プログラマーが下というわけではなく,SEは「どんなものをどうやって作るか」が仕事で,プログラマーは「それにプログラムを組んでシステムを完成させる」のが仕事です。

プログラマーを含むIT技術者は,慢性的に不足状態ですが,AI・5Gなど社会のIT化が進むに伴って,さらに人数不足は増大します。

そのため,IT技術者の求人倍率は年々上昇し,最新の求人倍率は8.50倍にまで上昇しています。

これは,【IT技術者1人を8.5社が取り合っている】という状態で,需要と供給のバランスが全く取れていません。

他職種を含む全体求人倍率は2.19倍なので,それと比較しても需要の高さは突出しています。

プログラム初心者が間違ってはいけないこと

参考書を読むことに重点を置かず実践をする

プログラミングは,前提知識が重要視される分野なので,もちろん学習は必須です。

しかし実践を疎かにすると,頑張ってインプットされた知識が活かせません。

また,勉強一辺倒になることで,モチベーションが保てないことも有ります。

インプットされた知識を使って,プログラムを組みアプリを作るなど,実践をすることです。

参考書の丸暗記

参考書に記載されていることの丸暗記は,NGです。

「プログラムを動かすため,プログラム言語を暗記・・・」と誰もが考えがちです。

しかし,プログラム言語の種類は膨大で,更に日々アップデートされていますから,「以前覚えた知識が使えない・・・」などは,日常茶飯事といって良いほどです。

参考書を暗記することよりも,それぞれの言語の特徴・性質などを覚えることの方が,重要です。

引用:google

まとめ

本屋さんに足を運べば,プログラミング関係の書籍は豊富に揃っていますが,初心者の独学はやはり困難で,「プロに聞けばその場で解決・・・」なんてことも有ります。

独学であるが故に答え探しに1週間以上要することも有ります。

そんな「挫折」を体験してしまうと,「プログラミングは難しい・・・」というイメージが先行して,習得を諦める人も多くいます。

最近ではネットも普及しているので,「わからないことは,ネットでググれば・・・」と思う人は多いと思います。

しかし,初心者であるため検索キーワードが不明で,目的のページにたどり着けないことも考えられます。

苦労・失敗・試行錯誤など,1人で解決する機会は確かに必要かもしれませんが,結果的には遠回りとなってしまいます。

またチームで仕事をする場合,メンテナンス・システム修正・セキュリティーなどを考慮したコードの書き方などは当然必要となります。

このような観点からも,独学ではなく現場に詳しいプロから学ぶことは,遠回りせず効率的で確実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク