「喘息」は大変な病気です。

SNSフォローボタン

フォローする

「喘息」って何?・・・

喘息が起こる原因は「これだ!」というのは、まだはっきりと解明されていません。

でも、人それぞれ 何かしらの 原因で苦しんでいます。

喘息は大人にも子供にも多い病気で、その数は400万人ともいわれています。

空気の通り道の気道が炎症を起こし狭くなるため、「ゼイゼイ、ヒューヒュー」という喘鳴や激しい咳が出ます。

まるで水中にいるかのように、自分の思うように呼吸ができないのです。

子供の5~7%、大人の3~5%が喘息を発症していて、12~13歳ころで50%自然完治することが多いですが、完治するであろう基準の16歳以降持ち越すと、治りにくい病気です。

子供の喘息はだいたい10歳頃には自然完治しますが、大人の場合、自然完治10%以下です。

なかには大人になってから、発症という場合もあります。

「喘息」の原因・・・

原因は、アトピーだったり、ダニだったり、ハウスダスト、排気ガスやタバコ、ダニ、動物の毛、ハウスダストなど様々ですが、詳しい原因は個々によって違いす。

一般的には、ハウスダストなど埃が原因の場合が多いので、掃除はこまめに行う必要があります。

季節の変わり目など気温の変化、気圧の変化は発作を誘発します。

「ちょっと風邪気味」から喘息発作になります。

乾燥し過ぎにも注意してください。

犬や猫、小鳥やうさぎなど毛が 抜けるペットも原因となりNGす。

タバコは絶対にNGです。

 発作がおきたら・・・

発作は夜中から早朝に 起こる事が多く、喘鳴がはじまり呼吸が 段々としづらくなり座った狀態でないと呼吸が出来ません。

背中を少し後ろに倒すと幾分呼吸が楽になります。

作は急に始まり酷くなります。

引用;google

そんな時は、携帯の吸入器があれば相当楽になります。

発作が起きたら、どんどん酷くなるので、呼吸困難になる前に急いで受診しましょう。

発作が起きたら、大至急、呼吸器内科、アレルギー科を受診してください。

自己判断で「市販薬を服用したり・・・」は、殆んど効果はないので、時間もお金も無駄す。

発作が起きたら、迷わず医療機関へ直行して受診です。

喘息は、場合によっては呼吸困難となり、「死に至る病気」恐ろしい病気なんですよ。

引用;google

「喘息」を予防する・・・

喘息は、子供の病気と思われがちですが・・・

成人してから発作が出る人も、子供のときからず~~と継続しているという人もいます。

気候が不安定な時期発作が起きやすいです。

台風や前線が通過する時は要注意です。

激しい運動が引き金となる場合があります。

ストレスが誘発ということもあります。

普通の人はなんでもない、どうってこと無い気候さえも、喘息持ちには致命傷なんです。

たとえば、「台風一過の晴れた日」なんか最悪です。

子供の喘息はだいたい10歳頃には自然完治しますが、大人の場合、自然完治10%以下す。

発作が起きた場合は、速やかに発作を鎮める吸入器などを使う必要がありますが、発作が無い時は発作予防のための生活習慣を整える必要があります。

まずストレスはダメです。

ストレス発散のためにも好きなことを 見つけてください。

タバコは気道を刺激し炎症を起こすので絶対NGです。

受動喫煙もダメです。

睡眠不足は、疲労を蓄積し風邪を引きやすくするので避けて下さい。

適度な運動入浴どで睡眠時間を確保してください。

風邪は喘息の引き金になり九分九厘、発作に繋がります。

風邪やインフルエンザの時期は、特に注意が必要です。

咳が長引くというのは、喘息を疑ってください。

適度な運動は、新肺機能を高め基礎体力を上げ、発作の予防になりますが、気温の低い朝や冬場気道に悪影響を及ぼすのでマスク着用などで予防しましょう。

大人の喘息はすぐには治ってくれません。

長い付き合いになります。

普段から、日記などをつけて自己管理をすることで、うまく付き合えば普通の生活が出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク