更年期のゾクゾクとした嫌な感覚、ありませんか?

SNSフォローボタン

フォローする

「更年期」とは、女性の場合、閉経を挟んだ前後10年間ほどの期間をいい、一般的に45~55歳頃とされます。

西洋医学では、7✕7=49歳の前後5年の10年間をいい、この期間の症状を更年期障害としています。

更年期 障害の症状として代表的なものが、「ホットフラッシュ」といわれる、のぼせ・ほてりの症状でこれは季節・気温に関係なく現れ、急にカッーと暑くなり滝のような汗が出て、その後にゾクゾクとした悪寒の症状が現れます。

急激に暑くなって大量の汗をかいた直後に、冷えることで悪寒の症状は感覚的にも強いものです。

このような体の芯からの寒さや震えなど急激な体調の変化は大きな疲れ・ストレスの原因となります。

悪寒は、高熱前に感じるゾクゾクする不快な寒気で、これは脳が何らかの異変を感じて、「悪寒」というスイッチをONにするためで、体を温めても温めた感覚にならないことが多いです。

悪寒は、自律神経のバランスが崩れ、毛細血管が十分に収縮しないために起こり、そのため手足など末端まで血液が十分に送られず、体温調節が上手くできず寒さを感じます。

40歳を過ぎると、卵巣の機能が衰え女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急激に減少します。

エストロゲンは、女性らしい体を作り妊娠の準備や骨を形成するもので、自律神経や脳の働きにも作用する重要なホルモンです。

自律神経は、自分の意志とは関係なく働く独立した神経ですが、エストロゲンの減少によってバランス が乱れ、本来コントロールしている呼吸・体温・血圧の維持・血管の収縮拡張・内臓の働きなどに影響が 出ます。

血管の収縮拡張がコントロール出来ない場合、血行不良を引き起こし、血行不良はホットフラッシュ・頭痛・動悸・冷え・肩/首のこり・月経不順などに影響を及ぼします。

ホットフラッシュの症状が長時間続くようであれば、何らかの感染症が疑われますから、医療機関を受診してください。

更年期障害の治療は、一般的にホルモン補充療法・漢方薬の処方で行われます。

ホルモン補充療法は、幅広い症状に効果があり漢方薬は副作用が少ないので人気がありますが、ホルモン注射はその効果で女性ホルモン過剰となり、乳ガンを発症する事例があります。

医療先進国のアメリカでは採用されていません。

厚生労働省は慢性肝疾患治療や更年期障害治療のためにプラセンタ注射を認可しています。

保険適応ですがプラセンタ注射は、週1回のペースで1本¥3000程度かかります。

ただし、美容目的は保険適応外です。

医療用プラセンタ注射薬は、日本国内の正常分娩で出生した人の胎盤のみを使用して作られます。

エイズ・C型肝炎の感染がなく、高い安全性が確保されたものです。

プラセンタの成分は、内因性タンパク質で、細胞の増進・促進を促し体内の細胞を作る原料となります。

日常の生活で 、補給することができない養分を有効的に補給する事が可能ですが、処方することで献血を行うことはできず、アレルギー反応が起きる可能性もあり、医師の相談が必要です。

更年期のゾクゾク感は、多くは血行不良が原因で「体を冷やさない生活=温活」を意識する必要があります。

温活の主なものは

①栄養バランスと体を冷やさない食材での生活

半身浴でじっくり入浴

③適度な運動・ストオレッチ・マッサージ

休養と睡眠

ストレス解消のため趣味を持つ  ・・・などです。

入浴後、血行が良い状態でくるぶしから膝裏 かけてのマッサージやストレッチは、お薦めです。

更年期障害でこのようなゾクゾク感は、血行不良・ストレスが原因で発症する事が多く、まずは睡眠・休養をしっかりと取って「溜めない」ことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク