「男性更年期障害」の症状は・・・?

SNSフォローボタン

フォローする

更年期障害は女性・・・というのが一般の認識ですが、実は男性にもあります

男性更年期障害とは正式には、加齢男性性腺機能低下症候群(LDH症候群:late-onset hypogonadism)と言います。

患者数は全国で約600万人と言われています。

男性の場合の認知度は低いですが、自然に解決することはほとんどありません。

更年期障害とは、ホルモンバランスが乱れることが原因の身体的・精神的不調で自律神経失調症の一つです。

男性の場合、個人差がとても大きく年齢・程度によって、症状が重い人も軽い人もいます。

50~60代だけでなく30~40代の働き盛りの世代にも見られます。

<参照>イライラする50代に。こだわりのマカ。

症状の原因は、男性ホルモン(テストステロン)の減少によるものですが、鬱病と重なる部分も多く密接に関係しています。

テストステロンは、精巣から 分泌されるホルモンで、主に性をつかさどる働きをし、筋肉・骨格を発達させ男性らしい体型を作り、また性器・生殖器の発達にも重要な働きをします。

男性ホルモンの分泌量は、20~30代がピークで40代後半から減少傾向となります。

減少する原因としては加齢やストレスが上げられます。

男性更年期障害の発症しやすい性格の人は、神経質・真面目・几帳面・責任感がある人に多いようです。

「最近疲れが溜まりやすい」「仕事に対する意欲が低下」「妻の些細な言動に腹が立つ」などは男性更年期障害の可能性があり要注意です。

治療法としては、ホルモン注射によるホルモン(テストステロン)補充療法が一般的です。

2~4週間に1回程度の筋肉注射で、費用は¥2000~¥5000くらいが目安です。

日常生活で運動量の少ない人ほど、男性更年期障害にかかる確立が高く、運動することでホルモンが分泌されることは科学的に証明されています。

高血圧・糖尿病・肥満など運動不足・喫煙・飲酒などライフスタイルも大きく関係しています。

お酒・タバコを控え軽いウォーキングなどの適度な運動をするなど生活習慣を見直すことで症状の改善が見られます。

まずは生活の質(QOL)を高めることです。

喫煙はEDになる危険因子で、過度の飲酒は糖尿病・高血圧に影響があり、睡眠不足・食生活の乱れ・ストレスは自律神経のバランスを崩します。

不規則な生活そのものが、テストステロンの減少となるわけです。

肥満度を表す指標としてBMI(ボディ・ マッスル・インテックス)があり、

BMI=体重kg÷(身長m)2 

という公式で知られています。

数値が25以上の場合は肥満とされ、30以上の人はテストステロンが減少、40以上になると大幅に減少し、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)の人はEDを発症する確立が高くなります。

ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂取しましょう。

亜鉛は、ホルモンバランスを整えてくれるので、絶対必要不可欠です。

テストステロンは別名「社会性ホルモン」とも言われ、他人に褒めてもらったり認めてもらうことで、分泌量は増加します。

テストステロンは血管を拡張して血液の流れを良くする働きがあるので、このホルモンの減少を放置しておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞・狭心症・脳卒中などのリスクが高まります。

また記憶をつかさどる脳の海馬を活性化させる働きがあり、減少することは 記憶・認知機能を低下させ認知症の引き金になりかねません。

テストステロンは日中よりも就寝中に分泌量が増加するので、睡眠リズムが乱れると十分に分泌されません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク