「ゆる~~い糖質制限」ってどうでしょうか?

SNSフォローボタン

フォローする

ダイエットのために、ガチガチに糖質制限ってしてませんか?

糖質制限も、食べる時間・タイミングをきちんと守れば、スイーツも大丈夫なんですよ。

食事は、摂取する時間によって、「太りやすい時間帯」「太りにくい時間帯」があります。

食事の摂取タイミングを1日5項目で考えてみましょう。

①朝食は起床してから2時間以内に摂りましょう。

体内に存在する「体内遺伝子」が体内時計の役割をしていますが、1日は24時間ですが体内時計は24時間ではないので毎日リセットが必要となります。

リセットに欠かせないのが、朝日を浴びて胃腸を活動させることです。

そのためには、起床後2時間以内に朝食を摂って胃腸を動かし体を活動モードに切り替える必要があります。

②ランチは12時以降がお薦めです。

昼間は、交感神経も活発で代謝もよく、12時~15時はまさにランチタイムです。

この時間帯は、「BMAL1」という脂肪を合成するタンパク質の活動が減少するので、食事が脂肪として蓄積されにくい時間帯です。

③おやつはランチと同じく15時までです。

もし時間に 融通が 利くなら、14時頃にランチとともに摂れると良いですね。

④夕食起床してから12時間以内に摂りましょう。

12時間を過ぎると、体は徐々に 休息モードに切り替わり、食事で得た栄養を蓄えようとするので、それまでに夕食を済ませましょう。

⑤ 起床後14時間以降は、脂肪として蓄積されやすい時間帯です。

この時間帯が夕食という人は、海藻・キノコなどのスープや脂身のない鶏ササミや魚がお薦めです。

この時間帯を考えて食事を摂ることで余分な脂肪の蓄積を防ぐ事ができます。

特に12時~15時の時間帯であれば、仮に糖質の多い食事でも脂肪が蓄積されにくいので安心です。

おやつが糖質が多いものであれば、膵臓が活発な15時くらいがベストです。

正しい糖質制限では、頭がフラフラしたり、痩せすぎ、低血糖といった症状は起こりません。

これらの症状はカロリー不足によるものです。

「糖質制限は主食を抜くこと」と勘違いしていませんか?

おかずだけ食べて御飯やパンを抜けばその分カロリー不足となります。

これは間違いです。

糖分の多い御飯やパンを抜くなら、その分おかずを増やすべきです。

糖質制限で重要なことは、「糖質の多い食品を抜いて、その分だけタンパク質・脂質を増やす」ことです。

多くの場合カロリー不足によって体に不調が発生します。

糖質制限食は糖尿病の治療食として考案されたものです。

正しい糖質制限食は安全な食事体系です。

正しく行うことで、ダイエットばかりでなく、様々な病気の予防・改善・健康増進・美容・アンチエイジングなど効果が期待出来ます。

しかし、最近の糖質制限ブーム・健康意識の高まりで、日本人の糖質摂取量は平均15g減少していますが、逆効果で糖尿病患者は約100万人増加しています。

高齢化の影響もありますが、糖質制限も大いに関係しています。

糖尿病の対策としては血糖値を下げコントロールすることで、糖質制限は血糖値を下げる原因の糖質を減少します。

糖質を制限しても、体内から糖質が無くなるわけではなく、不足すると脳は活動出来ないので筋肉を分解して糖を作る「糖新生」という反応が起こります。

糖新生は脳から分泌される「コルチゾール」というホルモンによって引き起こされますが、このホルモンが分泌されるほどの低血糖状態は、通常起こりえない事です。

この状態から体を守るために、コルチゾールは「インスリン」の働きを悪くして、血糖値低下を防ごうとするのでインスリンが 効かなくなります。

そのために血糖値は下がらず 糖尿病になるというわけです。

糖質制限が健康法として注目される半面、「糖質制限が糖尿病を招く」という事実が懸念されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク