あなたは知っていますか?「2025年問題」・・・

SNSフォローボタン

フォローする

2025年あなたは何歳ですか?2025年は、1947年~1949年の第1次ベビーブーム時代に生まれた「団塊世代」が75歳以上になり、後期高齢者となります。

今以上の高齢化社会が到来し様々な深刻な事態が懸念され、それは2025年問題と呼ばれています。

団塊世代は、前後の世代と比較して人数が大変多く、その世代が75歳以上となり全人口の約20%の約2200万人が75歳以上となるわけです。

2016年の統計では約1700万人ですから、数字上ではざっと500万人増加となります。

この超高齢化により、医療分野・介護分野など社会保障費用は急増し国内総生産(GDP)の伸びを上回ると 考えられています。

医療・介護に於いては、終末期医療の人手不足・介護医療の人手不足・介護施設や病院などの ベッド数不足が考えられます。

2025年に全国の1日あたりの入院患者数は、138万人を越えていると予測されていますが、現在の全国の病床数は134万床ですでに不足状態にあり、今後更に減少するとされていて確実に数十万人の病人が、病気にかかっても入院できません。

高齢者の増加に比べ、生産年齢と 呼ばれる15歳~65歳の人口は減少傾向にあって高齢者を支える世代の負担が確実に増加します。

1965年は、高齢者1人を支える人数は9.1人でしたが2012年では2.4人、2050年には1人となります。

また、医療や介護の必要性も高くなることから、都市部に集中的に高齢者世帯が増加すると考えられています。

日本経済も受ける影響は大きいと予測されています。

金融業界では、地方銀行の約60%が本業で赤字となり、その財政不足を補うため消費税は15%~20%まで引き上げられ、日本の借金は1京円に達し、2025年を目途に財政破錠の可能性が考えられ、ビットコインなどの仮想通貨の需要が高まると予測されています。

不動産業界では、人口減少により不動産業界は確実に縮小し、家を売っても買い手がない状況で、都内の賃貸物件空室率が30%になると考えられています。

医療業界では、人口減少により病院の数も減少し、病院の統廃合が加速しますが、人件費カットによる医師不足の病院が、増えそうです。

2013年に埼玉県で、「25 ヶ所の病院を36回たらいまわしされて患者が死亡」という悲しい事件もありました。

医療費を抑えるため、医師の数を減らし病院の数も抑えているのが原因です。

また65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症を発症すると予測され、国民健康保険の自己負担率も4割~5割となりそうです。

介護業界は関係職員は増加し、葬儀関係者も増加すると予測されています。

しかし、介護関連の事故・事件は多発し、需要は増えても現場の低賃金と過酷さに変化はないようです。

治安に於いては、移民や外国人労働者を 受け入れることで、凶悪犯罪など犯罪率が確実に上がります。

移民や外国人労働者が、日本語を勉強し社会に溶け込むとは考えられません。

そういった人々が集まって外国人だけの集落ができるかもしれません。

現実に、北海道の一部や佐渡、対馬などで外国人(中国系)土地の爆買いが始まっています。

日本の領土でありながら、全く日本語の 通じない地域ができるのです。

日本の中に外国が出来るようなものです。

これに対して政府は、何一つ対策をとってはいません。

外国人のやりたい放題です。

外国人労働者は、2005年からの10年間で34万人から90万人に増加。最も多いのが中国人で約32万5000人、ベトナム人約11万人、フィリピン人約10万6500人などで、2025年には140 万人を超える見込みです。

性犯罪も急上昇し、諸外国に比べて防犯意識の低い日本女性は極めて危険です。

一説によると2025年の治安は、年間で東京の2.5倍の殺人事件と34倍の強盗事件が起き、ニューヨーク以下になると言われています。

移民の犯罪者が国外逃亡し、日本の警察が介入も 手出しも出来ない事件が多発します。

年金をはじめ社会保障費は 、現在の120兆円から2025年には150兆円に膨らみます。

厚生労働省は2014年に「賃金は毎年上がり10年後の保険料収入は40兆円の達し年金は破錠しない」と全く根拠に乏しい発表をしています。

日本人の平均賃金は、この20年間 下がるばかりで働き手は 減少する 一方です。

現実的な値での計算では2030年前半に年金積立金は枯渇すると言われています。

消費税増税は、これを補うためです。

年金支給が70歳に引き上げになるのも時間の問題です。

2025年には現在の給付額の80%まで減少することが予想され、現在50代より 下の世代は、残念ながらグレーゾーンです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク