あなたは知っていますか? 深刻な「2042年問題」

SNSフォローボタン

フォローする

最近耳にされることも多いかと思いますが、「2025年問題」「2042年問題」というものがあります。

「2025年問題」とは、「団塊世代(1947年~1949年生まれ)」が75歳以上で後期高齢者となる2024年以降に起きるであろう問題のことです。

予測では、2025年には人口は今より700万人減少し、生産年齢(15歳~64歳)も7000 万人まで 減少しますが、65歳以上は3500万人 増加します。

3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という「超・超高齢化社会」の到来です。

2025年は、人口ボリュームの大きい団塊世代が75歳以上の高齢者となり激増することで、大きな病気を患う人が増えると考えられ、社会保障給付費が膨張し、医療機関や介護施設の不足が問題になります。

「2042年問題」は、その団塊世代の「ジュニア世代(1971年~1974年生まれ)」が75歳以上で後期高齢者となる2042年以降に起きる問題です。

こちらは深刻な問題です。

2042年には日本の65歳以上の高齢者はピークとなり、推計約4000万人となります。

2020年に女性の2人に1人は50歳以上と予測され、少子高齢化は止まらず、社会の支え手の勤労世代も減少します。

また、団塊世代のジュニア世代は、バブル崩壊後の不況期に新卒を迎えた世代で、この時代は「就職氷河期」と言われ希望通りに 就職できなかった人のほうが多く、低年金や無年金者の増大、独居高齢者も増えると考えられます。

このため貧しく身寄りのない高齢者が社会に溢れることになり、そのため生活保護受給者が激増し、国家財政も危機的状況になるものと予測されます。

2042年、労働力人口は現在より約1200万人も減少し、AIや外国人労働者を導入しても補うことが限界となります。

現在の日本の人口は1億2709万5000人で、この5年間で約96万3000人減少しました。出生数も昨年は98万1000人で、100万人を割りました。

「机上の計算」では、40年後9000万人を下回り100年後約5000万人、さらに200年後約1380万人、300年後約450万人まで減少します。

450万人という数字は、なんと福岡県(約510万人)とほぼ同規模です。

この原因となるのは、言うまでもなく出生数の減少、少子化です。

2つ目に高齢者の激増

3つ目は20歳~64歳までの勤労世代の 激減による社会の支え手の不足、

4つ目はこれらの要因によって発生する人口減少です。

高齢者の増加によって2021年頃から介護離職が増加し、企業は 人材不足にさらに拍車がかかり、2025年にはダブルケア(育児・介護を同時に行う)が大問題となりそうです。

2030年頃には、医療では、少子化の影響で若い世代の献血が減少するため、輸血製剤が著しく不足し、人材も不足しているので救急隊員・医療スタッフの確保も困難で、緊急事態に陥っても救急隊員がいないので、病院にたどり着けないという事故も増えてきます。

高齢化のため3戸に1戸が空き家となり、「老いる家」が増加し、街の活気は無くなります。

少子化により警察官・自衛隊員・消防士などの仕事で人員確保ができず、国防・防災・治安機能が低下します。これは 社会の破錠に直結する大問題です。

2040年 頃に国内死亡数は169万人となりピークを迎え火葬場は不足、存続できない自治体は半数に上り、そして2042年高齢者人口の ピークとなります。

若者が激減し、高齢者が激増します。

物を作る仕事に 関わる人が減り、介護・葬儀に関わる人が激増します。

これは国全体が高齢化したような状態です。

厚生労働省の推計で2025年の医療保険給付は54兆円となり、 現在より12兆円以上増大します。

日本は借金だけでも1140兆6600億円以上もあって、国民一人あたり1145万円(2018/7現在)を越えています。

しかもすごい勢いで増えています。

「借金時計」でググれば一目瞭然です。

少子高齢化が急激にに進むこの日本では、 到底 賄える金額ではありません。

この状況では、日本の医療はパンクするのでは無いでしょうか?。

あなたは、こんな日本でも住み続けますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク