「ブルーライト」って 体にダメージが大きいですよ!

SNSフォローボタン

フォローする

「ブルーライト」は、スマホやPCから出るあの青い光のことです。

波長が、380~500nm(ナノメートル)の領域にある青色光で、人の目で見る事ができる「可視光線」の中で 最も波長が短く強いエネルギーを持っています。

スマホをはじめLEDディスプレイやLED照明などには、特に多く含まれています。

最近では、省エネ化もあってLEDが普及しブルーライトの暴露量が増加していて、これが睡眠に影響を与え網膜へ傷害を与えています。

特に、ブルーライトの放出量が多いのが、使用頻度の高いスマホです。

朝、ブルーライトを含んだ太陽光を浴びることで、リズムを整える効果がありますが、過度にブルーライトに眼を晒すことで体内リズムが乱れ、眼に傷害を与えたりします。

作業時間は1時間を越えず10~15分の休憩を取ることが必要です。

ブルーライトは、波長が短くエネルギーが強いので、角膜や 水晶体で吸収されず網膜に直接ダメージを与え眩しさやチラツキを感じやすくなります。

長時間浴びることが繰り返されると、眠気を誘うメラトニンというホルモンが分泌されにくくなり、体内時計が狂ってしまいます。

体内時計が狂うことで不眠になりやすく、食生活が乱れそれが原因となってメタボリックシンドロームなどの肥満ガン心筋梗塞などの生活習慣病へと繋がり、頭痛・肩凝り・睡眠障害・  慢性疲労・鬱病・脳神経への影響など疾患のリスクが高まります。

ブルーライトは、肌への浸透性がとても高く、紫外線と同じく色素沈着やメラニン生成を促進させて、シミや日焼けを引き起こしゆっくりと肌にダメージを与えます。

就寝前にスマホやPCを長時間使用する人は要注意です。

ブルーライトを長時間浴び続けることで、脳は 太陽の光を浴びていると勘違いし体内時計が乱れ、メラトニンが生成されにくくなり、そのために自律神経の乱れ寝付きが悪く眠りが浅く、不眠の状態となり脳に悪影響をもたらします。

ブルーライトの持つエネルギーはとても強く、脳を刺激し精神状態に影響を与えるセロトニン・コチゾール・アドレナリンなどのホルモンを、大量に分泌させます。

これによって症状が進行すると鬱病を発症します。

また、血糖値を下げる働きのインスリンの効果が低下し糖尿病発症リスクが高まります。

このように、様々な疾病の引き金となるブルーライトですが予防法としては、「就寝前は使用しない」「ディスプレイの明るさを下げる」「ブルーライトをカットする製品の活用」などで対策をする必要があります。

ブルーライトカットフィルムブルーライトカットモード・ブルーライトカットアプリなどがあります。

ブルーライトカットメガネは、数十パーセント軽減する効果があります。

スマホやPCの画面などLEDの液晶画面を見続け「眼の疲れを感じ眼科・・・」という患者さんが急増しています。

スマホなどの画像はドット(小さな点のこと。これがたくさん集まって画面を構成)で構成されていて、ギザギザしているためピントを合わせるために眼に負担がかかります。

さらに画面からは強い光が発せられているため、瞳孔を小さくする必要があり、そのために眼の筋肉酷使、これが長時間続くことで眼の疲れ、痛み、ドライアイなどを発症します。

眼の病気で多いのは「加齢黄斑変性」です。

字の如く高齢者に 多い病気ですが若い方でも油断は出来ません。

「物が歪んで見える」「 左右で大きさが違って見える」などの 症状から始まって、徐々に視力が低下して 見ようとすると中心部が見えなくなり、症状が進行するとその範囲が広がり、重症の視力低下、失明になることもあります。

網膜の中心部にある黄斑の構成成分は、カロテノイドの一種のルテインゼアキサンチンで、加齢とともに減少します。

ルテインは、ほうれん草やケール(特に青汁)に多く含まれ、ゼアキサンチンはほうれん草やパプリカ、トウモロコシ、そして最近スーパーフードで注目のゴジベリー(クコの実)があります。

スマホの画面は多くのデジタル機器に比べて、小さいにも関わらずブルーライトは1番強いので、注意してください。

夜、スマホを暗いベッドで見るのは最悪の行為です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク