「部屋干し」必殺テクニック・・・。

SNSフォローボタン

フォローする

天候が悪かったり、時間が無かったり、さまざまな 理由で「部屋干し」ってことありますよね?

そんな時のちょっとした「必殺テク」です。

まず、忘れずに洗濯後は、5時間以内には干して乾かしましょう。

5時間を過ぎるニオイ菌のモラクセラ菌が 一気に増殖しますから要注意です。

脱水は必ず2回、其の時に乾いたバスタオルを入れると効果大です。

部屋に干す時に、下にクシャクシャにした新聞紙を置くことで、空気中の水分を吸ってくれるので湿度が下がって洗濯物の乾きを助けてくれます。

ハンガーは厚みのあるものを使うと効果が良いですが、 あいにくクリーニング帰りの針金ハンガーしかない場合は、2本使いで前身

ごろと後ろ身ごろがくっつかないように空間を作ると、より効果的です。

針金ハンガーの三角の底辺を手前に引っ張りだし奥行きが出るような形変形させます。

これで大丈夫です。

厚手のトップスなども身頃の前後に空間を作ることが出来るので乾きも早いです。

さらに両サイドに長めの洗濯物があると、空気が溜まって温度が上昇するので、暖かい空気は上に上がり、それで空気が循環するので洗濯物の乾きを助けます。

タオルなどのちょっと長めのものは蛇腹干しです。

場所は取りますが、洗濯物は下から乾くので縦長より横長に干した方が乾きます。

タオルはちょっと意外かもしれませんが、干す前に 振れば振るほど、乾いた時にフワフワ感が増すんです。


あと、最強の味方は「扇風機」です。窓を少し開けて扇風機で換気します。

衣類は裏側の方が生地が重なっている折り目があるので厚いので裏側を表にして干すと実は乾きが早いです。

最近は、浴室に乾燥設備が揃っている物件も多いので洗濯物の量によっては浴室に干すのアリですね。

ちょっと大きめのビニール袋に洗濯物を入れて、袋の先端を少し切りドライヤーを差し込んでスイッチON。

目は離せませんが乾きます。

あと、ちょっと荒っぽいですが、

洗濯が終わった衣類を乾いたバスタオルに挟んで上から踏みつけると衣類の水分がバスタオルに 吸収されその後の乾燥は早いです。

日頃のストレスも・・・。

最終手段は、コインランドリーに駆け込んで下さい。

着用済みの衣類は、

既に数多くの菌が付着していて湿気もあり、そのまま放置することで菌はどんどん増殖し、不快なニオイを発生します。

菌は、温度、湿度、汚れの3つの要素が揃った時に繁殖します。

洗濯機の中に洗濯物を放置することは、洗濯カゴより通気性の悪い狀態なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク