健康的に痩せる食事ルール・・・

SNSフォローボタン

フォローする

ダイエットで痩せるためには、「カロリー制限・・・」「食事制限・・・」等などイメージされる方は多いと思います。

確かにそういった方法で痩せる事はできるでしょうが、リバウンドもしやすく健康面でも良くありません。

健康でありながら痩せるためには、食事のルールが必要です。

摂取カロリーに注意する事は必要ですが、食事の時間も考える必要があります。

よく「炭水化物抜きダイエット」を耳にします。

「朝食抜き」が多いのは、炭水化物は脂肪になりやすいので敬遠される方が多いのでしょうが、朝食は摂取することで脳にエネルギーを補給し、朝はカロリー消費が大きいので脂肪にはなりにくいのです。

逆に朝食抜きでは、エネルギー不足なので体は省エネモードとなり、エネルギー源の脂肪を使うことをケチるので、当然代謝は悪くなり空腹状態なので、「ドカ食い」傾向になりやすいので太る危険性が大きくなります。

「カロリー制限・・・」「食事制限・・・」等は必要ですが、ダイエットには朝食は必要です。

たとえば、ダイエットのために食事制限で1日1食とすると、体は危険を感じて飢餓状態となってしまい、いつも以上に体脂肪を蓄えようとするので、思いとは逆に太りやすくなります。

飢餓状態が続くと、筋肉の中のグリコーゲンが消費されるので筋肉までも減少します。

筋肉の減少は基礎代謝低下となって太りやすさを加速します。

1日3食きっちりと摂取することで、食事の間隔が空かないので飢餓状態になりません。

飢餓状態にならないから、エネルギーとして効率よく消費され不要な脂肪は 溜まりません。

比率的には朝2・昼3・夕2の割合が、太りにくい体質を保つために良いとされています。

人間の体にはリズムがあるので、食事する時間は選ぶ必要があります。

朝や昼は活動する時間帯で、摂取したカロリーは消費されます。

夜はカロリーを吸収しようとするので代謝機能も下がります。

夕食が遅かったり深夜に夜食という行為は、カロリーは消化されず蓄積され太る原因となります。

ダイエット中に「どうしても食べたい・・・」と感じたら朝食を摂ることです。

夕食の時間帯は重要です。

夕食が遅いと体内時計が乱れます。

夕食は遅くても 朝食から14時間以内に終える習慣が必要です。

無理のないダイエットは、1日1200calが良いとされます。

それは一般成人女性の基礎代謝が1日1200calだからです。

1日1200cal摂取することで必要最低限を確保しながら、体内の脂肪の消費が期待できます。

たとえ摂取カロリーが多い 場合でも、炭水化物・脂質・蛋白質の割合を調節した食事を摂ることで、痩せやすくなります。

割合は、炭水化物55%・脂質25%・蛋白質20%です。

この割合に基づいて食事を摂ることがカロリー消費を 進めてくれます。

ネットや本などでレシピを参考にするとカロリー計算もなく、簡単にできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク