初対面で高感度アップする方法・・・。

SNSフォローボタン

フォローする

初対面で、第一印象が良いと感じるのは、

優しい眼をしていて礼儀正しく接してくる人す。相手を見て話すことで、相手は自分に対して真剣に話しかけていると受け止めてくれます。

相手の眼をみて話すことは勿論大切ですが、話す態度も礼儀正しさも大切です。

礼儀正しいということは相手に爽やかな印象を与えます。

せっかく相手の心を掴んでも、椅子で膝を組んだりふんぞり返っているでは、印象は当然悪いです。

また、話の途中で笑うことで相手は侮辱されたと勘違いしこれも悪い印象与えてしまいます 。

相手に好印象を持ってもらうために、相手の話を誠意を持って聞く態度が大切です。

相手の質問には、間髪を入れずに答えます。

間が空くと優柔不断に受け取られます。

判らないことは、はっきりと「わかりません」と答える必要があります。

相手が複数いる場合においては、話しかける相手を絞って、其の人の眼を重点的に見て話します。

相手は「自分に 関心を持っている」と理解するので悪い影響 を持つことはことはありません。

ターゲットを誰にするかは、其の人を見分けることが必要です。

相手に好意を伝える目つきというのは、鏡を見ながら初歩的な訓練をすることで身につきます。


第一印象が良い人は「会話の楽しさで初対面の緊張を忘れさせてくれる人」です。

話せるネタをたくさん持っていて提供できる人は印象が良い 人です。

親身になって相手の話に耳を傾けて、ひたむきに頷いてくれると、印象が良く相手の話を聞いてその後にそこからまた話を広げられる人印象が良いです。

相手のことが判らないと話せないし話も進まないし、そのため質問のネタを用意する必要があります。

難しいことではなくて、

例えば、出身地とか血液型、趣味や好きな食べ物などだったら相手もきっと答えやすいす。

相手がもし女性の場合は最初から年齢を聞くのは遠慮するべきです。

相手が答えるテンポに合わせて相づちを打ち、変に返事を急がせたり話を遮ることをすると、相手は話しにくくなってしまうので、余計に心を開くことが難しくなってしまいます。

相手の話も其の答えもしっかりと聞いて理解して、そしてその答えをもとに更に話を広げられるだけの引き出し用意できると、さらに相手も話しについてきやすいし、話しも弾みます。

誤解を招かないためにも、はっきりとした 発音と大きな声で話すことは常に必要なことです。

相手に近づこうとするあまり、最初から根掘り葉掘り聞くのは良くないことです。

触れてはいけない話になりそうな時は、さり気なく違う話題に変更します。

会ったばかりの人に心を全部開くことは出来ません。

まるで 仲間意識を強調するかのように初対面でタメ語を話すことは勿論NGです。

相手が嫌がらない限り敬語で話すべきです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク