おすすめの除湿機の性能・価格・ランキングは?電気代はいくら掛かる?購入のチェックポイントは?

SNSフォローボタン

フォローする

引用:価格.com

梅雨時は湿気が多くて洗濯物の乾きが悪く、また晴れていても花粉・黄砂・PM2.5などの環境問題、防犯面などから洗濯物を室内干しにする人が多く、除湿機の利用が増えています。

除湿機は夏の湿気対策・冬の結露防止ばかりではなく、近年では洗濯物の室内干しにも利用され、年間を通じて活躍する家電となっています。

このため除湿機ではなく、「衣類除湿乾燥機」と呼ばれることが多くなっています。

特に沖縄・九州地方では、その生活環境においても必須家電となっています。

除湿機は、その用途から「衣類除湿乾燥機」と 呼ばれることが多くなっていますが、基本的には除湿機と構造は同じで、衣類乾燥機能を全面に押し出したものとなっています。

各社とも、効率よく衣類に風を当てるための送風の工夫・省エネで電力を抑え、乾燥させるセンサーの有無・性能など異なっています。

除湿の方式は・・・

除湿方式は「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」の3種類があります。

「コンプレッサー式」と「デシカント式」は現在主流となっているタイプで、この2つの方式を1つにまとめたものが「ハイブリッド式」です。

3方式ともそれぞれメリット・デメリットがあります。

①コンプレッサー式

引用:価格.com

エアコンの除湿運転と同じ仕組みで、熱交換器で空気を集め冷却器で冷やして結露させ、湿気を水滴に変えて除去するタイプです。

冷媒(フロンガス)をコンプレッサーで圧縮し気化する際の潜熱減少を 利用するものです。

潜熱減少とは、たとえば「夏の暑い時期に地面に水を撒くとその水が蒸発するときの気化熱によって周囲の温度が下がる・・・」という物理現象を 利用したものです。

[メリット]・・・除湿量が多いため、夏場など気温が高い時期は除湿能力が高く消費電力も抑えられ、使用中の室温もあまり上昇しません。

[デメリット]・・・気温の低い冬場は除湿能力は低下するため、効率を上げるため暖房が必要です。

コンプレッサー装備のため本体サイズ・運転音はやや大きく重量もあります。

②デシカント式

引用:価格.com

乾燥剤の「ゼオライト」に空気中の水分を吸着させることで湿気を除去し、その水分をヒーターで気化し熱交換器で再び冷却して水滴にして除湿するタイプです。

「ゼオライト」以外のものを使用する機種もあります。

[メリット]・・・コンプレッサーを装備していないため、本体サイズ・運転音は比較的軽いた め持ち運びやすくなっています。

気温に左右されず年間を通じて除湿ができます。

[デメリット]・・・内部で吸着した水分をヒーターによって温める方式のため、室温の上昇し  夏場の利用には不向きです。消費電力もコンプレッサー式と比較して高くなります。

③ハイブリッド式

引用:価格.com

コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせたタイプです。

[メリット]・・・夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式と 両方式のいいとこ取りで  運転するため、年間を通して高い除湿能力を発揮し快適に利用ができ、ランニングコストも抑えられます。

[デメリット]・・・2方式採用のため本体は大きめで 価格も高くなります。

除湿機購入の際のチェックポイント・・・

購入する際のチェックポイントとしては、

除湿能力

②排水タンクの容量

メンテナンスのし易さ  は重要です。

①除湿能力・・・1日除湿機を運転して除湿可能な水の量を表す「定格除湿能力」をチェックし ます。

数値が大きいほど除湿能力は高く除湿にかかる時間は短くなりますが、能力に合わせて本体サイズも大きくなる傾向にあります。

②排水タンクの容量・・・いくら除湿能力が高くても、その受け皿である水を貯める排水タンクの容量が小さければ、許容量を超え運転は停止します(一部、停止しない商品もあります)。

こまめに貯まった水を捨てることで除湿は継続されますが、外出中・睡眠中となれば排水タンクの容量は大きいほうが有利です。

しかし、タンク容量に比例して本体サイズも大きくなります。

③メンテナンスのし易さ・・・除湿機のほとんどのタイプが、湿気除去のため本体内に空気を吸い込む構造になっています。

そのため空気清浄機と同様にフィルターの手入れのし易さ・交換時期の目安・コストは重要です。

また、排水タンクの洗いやすさもチェックしたいところです。

タイプによっては内部乾燥機能搭載モデルもあるので、衛生面からも重要視したいところです。

除湿機の価格・人気機種・消費電力は・・・

価格は除湿能力・除湿面積・仕様によって違ってきますが、

価格.com調べ(2018/5/28~6/3) 

30.52%の方が¥15001~¥20000の価格帯から選ばれています。

次いで25.88%の方が¥35001~の価格帯から、13.94%の方が¥25001~¥30000の価格帯から選ばれています。

売れ筋メーカーは

①コロナ

②パナソニック

③シャープ     の順で売れ筋機種は以下です。

価格.comの2018年除湿機売れ筋ランキング・ベスト3 

シャープCV-G71・・・・・・2017/4/15発売 最安値¥19000     

コロナCD-S6317ホワイト・・2017/3/6発売   最安値¥15800   

コロナCD-P6317・・・・・・2017/3/13発売 最安値¥17390   

使用時にかかる電気代は、コンプレッサー式とデシカント式の場合ですが、除湿能力がほぼ同じ除湿機(7L / 1日)で比較した場合、消費電力はコンプレッサー式で180W,デシカント式では634Wとなり差は大きいです。

電気代は

[消費電力(W)÷ 1000 × 使用時間(h) × 1kWhあたりの電気代(円/kWh)]

1日5時間稼働、1kWhあたりの電気代を27円/kWhとして計算します。

コンプレッサー式・・・180W÷1000×5h×27円/kWh=24.3円

デシカント式・・・・・・・634W÷1000×5h×27円/kWh=85.59円

1ヶ月30日連続使用した場合、コンプレッサー式で729円、デシカント式で2567.7円となりデシカント式はコンプレッサー式の約3.5倍の電気代がかかります。

ハイブリット式は、夏場はコンプレッサー式、冬場はデシカント式でそれぞれ除湿を行うため、夏場と冬場の電気代は違ってきます。

夏場はコンプレッサー式に近い金額、冬場はデシカント式に近い金額となります。

電気代に関しては、電力自由化に伴い各電力会社・新規参入会社などが様々なプランをプレゼンしていますから、各御家庭で御使用条件に合致したものを検討されてみてはどうでしょうか。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

まとめ・・・

一般的に湿度60%が『快適!・・・』と言われる湿度で、たとえば除湿機を外出前に2~4時間セットしておくだけでもカビの発生が抑えられ、快適な湿度で生活ができます。

コンプレッサー式は主に夏向き、デシカント式は冬向きとされています。

冬期の洗濯物の乾燥・結露対策に使いたい場合や、衣類乾燥重視で年中使用される方はデシカント式が人気があります。

梅雨のジメジメ対策・夏の湿気対策や衣類乾燥不要の方は、コンプレッサー式が人気です。

価格.comの口コミもありますから、参考にされては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク