「洗濯物の乾きを早める」方法・・・。

SNSフォローボタン

フォローする

天気が思わしくないと、どうしても洗濯物の乾きが悪いですよね?

皆さんは、洗濯物って「表干し」ですか?「裏干し」ですか?

普通は表で干す事が断然多いと思います。

でも、洋服って表より裏の方が「厚い」んです。

洋服の裏側は生地が重なっている折り目があるのでその部分を裏返して表にすると乾きが早いんですね。

一見だらしないかもしれませんが、洋服は全て裏返しで脱いで洗濯機で洗うと、生地も傷みにくく、日焼けで色褪せするのも防げるんですね。

干す「間隔」ですが、10cmは空けることで空気の通りが良くなり、洗濯物同士が密着しないので乾きやすいんです。

また干すハンガーですが、クリーニング帰りの細い針金ハンガーではなく太めのハンガーで干しましょう。

太めのハンガーで干すと衣服の前身ごろと後身ごろの間に空間ができるので風通しが良くなり早く乾きます。

また、干し方にもちょっと工夫をして「アーチ型」にして干しましょう。

アーチ干しは、両サイドに長い洗濯物を干して、中心に向かって徐々に小さい洗濯物を干すことで中央に大きな空間が出来上がり、空気が下から上へと流れやすく空気の通り道なります。

また、厚手のもの薄手のもの交互に干すことで、隙間ができ乾きやすくなります。

また、長いものと短いものも同じようように交互に干しましょう。

バスタオルなどの大きなものは、片方だけを長く垂らして風にあたる 面積を大きくして干すと乾きが早いです。

大物シーツなんかも同様です。気温の上がる夏場はあまり関係ないかも知れませんが、水は2回することで効果大です。

フード付きの衣類は逆さにして干しましょう。

生乾きの衣類を手早く乾かす方法としてアイロンがけをするという 方法があります。

イロンの熱で乾かすのですが、他には大きめのビニール袋に洗濯物を入れて、袋の先端を少し切ってドライヤーを袋に差し込んでスイッチONで乾かす方法がありますが、後者の場合はその場にいる必要があります。

そのままにして、「火事になった・・・」って新聞記事がありましたよ。

どうしても「室内で・・・。」という場合、

干している洗濯物の下にぐしゃっぐしゃっとさせた新聞紙を敷くことで洗濯物に含まれる水分からの湿気を新聞紙が吸い取り部屋の湿度が下がって乾きやすくなります。

さらに扇風機を使用することで、部屋干し特有のイヤなニオイを軽減し、送風なので繊維が 傷んだり縮んだりはしません。

部屋干しする場合は、部屋の扉周辺が風通しが良いです。

浴室に換気扇装備という所も多いので量が少なければ浴室で干すのもアリです。

最終手段は、コインランドリーです。

乾燥機を利用する場合は、洗濯物と一緒に乾いたバスタオルを入れると、効率が良いですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク