誰でもできる 貧困層から抜け出す7つの 方法・・・

SNSフォローボタン

フォローする

日本の貧困の定義・・・

日本において貧困の定義は、

「生活保護の水準以下の収入」

「年収200万円以下」

と言われます。

日本の所得の中央値は約244万円で、貧困層に該当する所得はその半分の122万円以下の所得世帯を指します。

しかし日本の200万円は海外では2万ドルの価値があり、世界的に見て2万ドルは富裕層に分類されます。

収入を増やすこと・・・

貧困から脱出するためには

第1に「お金を増やすこと・・・」

ですが、自分が思う以上のお金が必要となります。

しかし手元のお金が増えることで

・無理な節約の必要がない

・支払いに追われる生活から 解放される

・自分の好きなものを購入できる

貯金ができる

・子供の教育費を増やせる・・・などお金に悩む生活から抜け出すことが出来ます。

その反面「貧乏生活」を送っている人は

・ 毎月貯金するお金がない

・ いつも節約の事ばかり考えてしまう

・財布の中が空っぽの時が多い

・子供に教育費がかけられない・・・など余裕のない生活を強いられます。

貧困層から脱出する7つの方法・・・

貧困から抜け出すためには、

「自分の状態を見極めて、自分の生活を改善しようと思う意識・・・」

が大切で、

「収入を増やす・・・」ことが抜け出す1番の近道です。

①収入を増やしたいなら、十分な給与がもらえる会社に転職することです。

自分のスキルを評価してくれる会社・景気の良い会社・・・などに転職することで今より高い給与で働くことが出来収入も増えます。

②広告収入・ネットショップ開設・コンテンツの販売・FXなどネットビジネスを始めることです。

他にもyoutuber・転売・WEBライター・イラストレター・ブログ/アフィリエイト・インスタグラマー・・・など数多くあります。

ネットビジネスはサラリーマン以上の収入を得ることが可能です。

しかも「時間=労働」という概念はなく、収入の基盤ができれば貧困から脱出できる収入が得られます。

稼げる資格・スキルを身につける、稼ぎ方を知るといった自己投資は必要です。

「自己投資が可能なほどお金に余裕がない・・・」と言われる人は多いと思いますが、今1万円のお金を投資することで1年後に100万円の収入になるなら、たとえ生活費を切り詰めても投資する価値はあります。

④お金の使い方を見直す必要があります。

貧困生活で「ゆとり」を出すためには収支のバランスを整備することが重要です。

例えば家計簿をつけて、収入に対して支出はいくらか、不要なものはないか・・・など生活費を見直す必要があります。

貯金を増やす方法を日頃から考えます。

貯金を続けることは心に余裕を持たせるためにも必要です。

お金が貯まることを実感することで、お金を増やすことに興味を持てます。

貯金を増やすにはどうすれば良いか・・・などお金について考える時間を持つことは大切です。

⑥一攫千金を狙って宝くじを買うのは辞めましょう。

気持ちはわかりますが、宝くじを買ってお金持ちを妄想して楽しんでいる限りは、貧困からは脱出出来ません。

宝くじは世界で最も効率の悪いギャンブルで、 年末ジャンボ宝くじの1等当選確率は1000万分の1で、交通事故に遭遇する確立よりも低いものです。

例えば50年間春夏秋冬それぞれ10枚ずつ、ずっと買い続けても1等が当たる確率は0.02%にしかなりません。

買わなければ当たりませんが買っても当たりません。

また万が一宝くじがあたっても、幸せになるとは限りません。

世帯収入を増やすことです。

年収1000万円を1人で稼ぐことは難しいですが、2人で年収1000万円稼ぐとなれば、ハードルも下がって数字的には1人500万円ですから、可能な範囲ではないでしょうか。

お金を効率よく稼ぐ・・・

効率よくお金を稼ぐためには、その仕事の需要・供給を見極める必要があります。

皆がやりたがっている人気の仕事は、ライバルが多く需要に対して供給が多いと考えられ、効率よく稼ぐことは難しく避けるべきです。

その仕事で頑張ったとしても貧困生活からは抜け出せません。

資本主義において,

お金は幸福になるための道具であり、

実を守る防具であり、

生きるための手段です。

他人が手差し伸べてくれるのを待っているだけでは、貧困から脱出は出来ません。

あなたを助けてくれる人は、政治家でも官僚でも親でもなく自分自身です。

自分自身を 変えることは貧困から脱出する第1歩です。

お金持ちは、お金が増えることにお金を使いますが、貧乏人はお金が減ることにお金を使います。

お金持ちは勝てることにお金を使いますが、貧乏人は負けることにお金を使います。

「お金が全てではない・・・」そうおっしゃる人は多いです。

世の中にはお金で買えないものがありますから、確かにおっしゃるとおりです。

お金持ちが幸せとは限らないし貧困が不幸とも限りません。

しかし基本的にお金がある方が幸福になりやすいことは、誰もが認めるところで疑いの余地はありません。

富裕層と貧困層・・・

生まれつき 富裕層の人は、良い環境で育ち良い教育を受け一流大学に入学、お金持ちの親のコネという強力な後ろ盾もありそのまま親の跡を継ぐ人もありますが、間違いなく良い仕事に就けます。

そしてお金持ちの子はお金持ちになります。

生まれつき貧困層の人は、良い教育を受けることは状況的にまず無理で、低学歴のため良い仕事に 就くこともないまま、大半が一生を終えます。

残念ながら貧乏な子は貧乏になる可能性が大きいです。

貧困層の人の大半は低学歴のため学力も低い場合が多く、この状況では、会社組織の中でいくら頑張っても他の社員には勝つことは難しい。

「今働いている仕事で、もう何年も頑張っているのに貧困層から抜け出せない・・・」もしそういう状況であれば、その仕事をいくら頑張っても時間の無駄かもしれません。

精神的・肉体的な障害がなければ、例えば非正規雇用であっても東京へ出て単純に働く量を増やすとか、時給の良い仕事をすることで収入が増え貧困から抜け出すことは出来ます。

時給は各都道府県によって違います。

まとめ・・・

お金が稼げなくても貧困から抜け出す方法・・・それはお金を使わないことです。

無駄使いが貧困に喘ぐ最大の理由で、貯金ができれば貧困から抜け出すことは可能です。

「貧困から抜け出す方法を知らない」

「正しいお金の使い方を知らない」

「お金の稼ぎ方を知らない」・・・など情報弱者であることも貧困の原因です。

「自分は貧困層で低学歴だから・・・」と頭の悪さをコンプレックスに思っている人も多いかもしれませんが、頭の良し悪しはあまり関係ありません。

もし自分自身が頭が悪く自信がないと思うなら、 本をたくさん読むことです。

本を読んで知識を 身につけることで、IQの高い人や天才と呼ばれる人にも立ち向かうことが出来ます。

インターネットや本で情報を集め、それを実践することで誰にでも可能です。

インターネットにはない情報が,本には沢山詰まっています。

なぜなら、インターネットから得られる情報は無料ですが本は有料だからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク