「断捨離」の意味は?その方法は?効果は?

SNSフォローボタン

フォローする

「断捨離」の意味って知ってますか?

「断捨離」は、「だんしゃり」と読みます。

2009年 「やましたひでこさん」 が著書で発表されました。

ちなみに、「断捨離」は山下さんの録商標です。

断捨離とは、ヨガの行法であるところの断行(だんぎょう)捨行(しゃぎょう)離業(りぎょう)を使って「断」(入ってくる不要な物を断つ)「捨」(家にある不要な者を捨て「離」(物の執着から離れる)ことで、快適な人生と生活を手にすることです。

現代は、日本古来の「もったいない精神」によって捨てることが出来ないで溢れ空間や生活を圧迫重荷となり心身の健康にも影響を及ぼすほどになっています。

「断捨離」の方法

生活する中で、主役は自分であって物ではありません。

身の周りの物を少なくすることで、生活は思っている以上に一変します。

断捨離するということは、一つ一つの物に対して自分にとって、それが本当に必要かどうかを確認して処分することで、時間、空間に余裕が生まれそれ気持ちの余裕に繋がります。断捨離は、言ってみれば引き算の法則で、それによってシンプルライフが形成出来ます。

断捨離は、引き出し1つ、ダンボール1個といった小さな単位で地道に行います。全ての 物を取り出してそれぞれ必要、不要に分けてからしまうという

順序で勧めていきます。

物を 取り出しながら「必要かな?不要かな?」と考えていると時間ばかりが過ぎてしまって先に進みません。

全ての物を一度取り出して必要な物と不要な物に分けて、必要な物だけの収納場所を考えます。時間がかかっても、1箇所ができれば方法も理解できるので、その要領で1箇所1箇所確実に進めていきます。

「断捨離」の効果

断捨離をすることで片付けられない理由がわかり捨てられない物を捨てることができます。

整理ができるようになりその狀態をキープできると、余計なことに惑わされず集中きるようになり、ストレスも 無くなり気持ちが楽になって健康になります。

断捨離をすることで

 ・手持ちの洋服の80%は整理できます。

 ・物への執着心が 無くなり無駄な出費も 無くなるのでシンプルな生活なります。

 ・不要な物を捨てるので、必要な物ばかり残ります。

 ・買い直せるものは捨てます。

 ・捨てた物で後悔した人は20%もいません。

 ・洋服を1枚買ったら1枚捨てましょう。

 ・2シーズン、3シーズン着なかった服は処分です。

 ・似たような服は整理して1つにしましょう。

 ・思い入れのない物は捨てます。

 ・サイズの合わないものは処分しましょう。

 ・自分のライフスタイルに必要の無い物は買いません。   

といったように考えが一変します。

不用品の処分は、メルカリ、ヤフオク、買い取りショップ、フリーマーケットなどいろいろなところで処分が可能で、うまくいくとお金になって戻ってきます。

一度に処分できれば、リフレッシュできて最高ですが、それは大変なこと現実的にはまず無理ですから、徐々に進めていきましょう。

今日はココ、明日はココと場所ごとに予定を立てながら進めていけば、かなりはかどります。

不用品を処分して物が少なくなると、部屋が見違えるほど広く使え、部屋にいる時間がます。

物が少ないので、いつも片付いている狀態で物を無くことも探すことも無くなります。気分的に落ち着き時間にも余裕ができます。

さらに、物の少ない生活になるので、物を持ちたいという欲求がなくなり駄使いをしなくなります。

身の回りも、物が少なくて片付いているのでストレスも無くなります。

捨てる基準

捨てようかどうか迷う物は多分いらない物です。

もったいないと思う物はいらない物です。自分を豊かにしてくれる物でなければ捨てましょう。

捨てる物の量や場所によって30分程度の時間を区切って断捨離をします。

最初はデスクの引き出しといったところからスタートして、何度か繰り返して

確実に捨てる物と少し未練がある物とを区別して集め、必要かどうか捨てるべきかどうか」の判断基準を養います。

「断捨離」のまとめ

断捨離は目的達成のための手段であって必ずしも目標ではないので、まず達成するための目標を設定します。

断捨離後の物を収納するためのものは不要です。

断捨離を最初から完璧にやろうとすると無理があるので、多くは挫折します。

物置、押入れなどから始めて使っていない部屋といった順序で進めていきます。

生活に必要なものだけを残し、不要なものは処分します。

生活の中で「必要、不必要」の基準をしっかり持つことで貯蓄ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク