「認知症」とは?症状・種類・原因・予防・・・

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

「認知症」とは、様々な原因によって脳の細胞が死んでしまったり働きが悪化するなど、障害を発症し、生活することにも支障が起きている状態を指します。

「認知症」とは病名ではなく、まだ病名が決定していない「症候群・・・」に分類されます。

「認知症」と「痴呆症」は同義語ですが、厚生労働省よる公募(2004年)によって「認知症」に統一されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「認知症」の症状・・・

症状は、初期症状/中核症状/周辺症状(BPSD)に区別されます。

引用:google

<初期症状>

時間/場所がわからない(見当識障害)

・数分前のことを忘れる(近時記憶障害)

・家族/友人の顔/名前認識できない

などの症状がみられ、「記憶障害」から始まることが一般的で、「抑うつ」「意欲低下」などがみられる場合があります。

「認知症」の場合、症状に進行性がみられますが、一過性のせん妄・加齢による認知力低下の場合、症状は進行しません。

<中核症状>

記憶障害/判断力低下/見当障害/失語/失認/失行などの症状がみられます。

記憶障害

・今食べたものを忘れる

・料理で火をつけていたことを忘れる

・今約束したことを忘れる   など

判断力低下

服のボタンかけられない

・次にやるべきことがわからない   など

見当障害

時間/日付の概念がわからなくなる

・此処が何処かわからない

・家に帰れなくなる   など

失語

・うまく言葉に出せない

・同じ言葉を繰り返す

・間違った単語を話す

・意味の通じない言葉を話す   など

失認

・食べ物ではない物を食べる

・理解できた「もの」が認識できない   など

失行

・使っていたリモコンの使い方がわからない

・蓋が開けられない

・お風呂に入れないなど

<周辺症状(BPSD)>

周辺症状とは、

「認知症の行動と心理症状」を表すBPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)

で表現されます。

日常生活において次のようなの症状がみられます。

・抑うつ

・不安/イライラなどの焦燥

・不眠

・徘徊

・幻覚

・食行動異常

・妄想

・暴力/暴言など攻撃的行動

「認知症」の症状は人によって様々です。

中核症状/BPSDに共通点がある場合でも、感情的になる・暴力的になる・物を取られたなどの被害妄想が強くなる・意欲がなくなる・・・など違いがあります。

それは「認知症」の原因となる、脳疾患が起きている部位によって司る機能が異なるため、萎縮/血管障害などによる梗塞巣が起こる部位によっても、低下する脳機能に違いがありため、症状も違い個人差があるわけです。

「認知症」の患者数・・・

引用:google

厚生労働省推計による2015年時点の、65歳以上の患者数は約520万人で65歳以上の人口の約16%を占め増加傾向にあります。

25年後には約700万人・約20%と予測されています。

日本政府は、2025年までに <6%減らす> という数値目標を公表し(2019/05/16)、現役世代の減少・介護人材不足・社会保障費抑制に対応するために、認知症の予防促進を掲げています。

「認知症」の種類・原因・・・

引用:google

「認知症」は、認知機能障害によって社会生活が困難となる病気を 総称したものです。

多くは異常なタンパク質の産生・蓄積によって脳細胞が死滅し、障害が起きることで発症します。

代表的疾患として、認知症原因の約60%を占めるアルツハイマー型認知症があります。

他にも、脳血管性認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症(FTD)・若年性認知症・アルコール性認知症・正常圧水頭症(NPH)・まだら認知症・・・などがあります。

特にアルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・レビー小体型認知症・前頭側頭型認知症(FTD)は、四大認知症と言われています。

引用:google

<アルツハイマー型認知症>

認知症患者で最も多く発症し、全体の約60%を占めます。

脳内にアミロイドβという特殊なタンパク質の塊が増え、脳の正常な神経細胞が年単位で緩やかに減少し、記憶を司る海馬・頭頂葉などの脳細胞が、広範囲で委縮することにより 発症します。

「物忘れ」「何度も同じことを繰り返し発言する・・・」などの中核症状から始まり、症状が進行するにつれて人・時間・物・場所などの誤認識、妄想・徘徊などが始まります。

発症率は男性より女性のほうが多い傾向にあります。

昨日のことは忘れて思い出せないが、若い時に習得した知識は忘れていないという近時記憶障害が目立ちます。

<脳血管性認知症>

脳梗塞・くも膜下出血など、脳の血管障害によって起こる認知症で、病気・事故などをきっかけに発症します。脳血管障害によって脳内に血栓ができ、その部分の脳細胞が死滅します。

血栓ができる箇所によって喪失する機能も異なりますが、身体の麻痺・言語障害・嚥下(えんげ・・・食べ物を飲み込むこと)障害などが現れます。

<レビー小体型認知症>

大脳皮質の神経細胞内に、「レビー小体」とよばれるタンパク質が溜まることによって発症する認知症で、アルツハイマー型認知症に次いで患者数は多くなっています。

発症率は女性より男性が多く、症状の進行により幻覚(幻視)が現れ、身体の硬直・動作全般の遅れが目立ち、パーキンソン病の症状に類似しています。

<前頭側頭型認知症(FTD)>

人格を司る前頭葉・言語を司る側頭葉が委縮して発症する認知症で、怒りっぽくなるという症状から始まり進行すると重度の記憶障害を引き起こします。

発症率は低いですが、その大部分が40~60代で罹患していることから「若年性認知症」とも呼ばれています。

「認知症」の予防・・・

予防する方法としては、有酸素運動が効果的ですが無酸素運動も取り入れて、両者を効率よく行うことが大切です。

有酸素運動は、ある程度の時間無理なく続けられる軽い運動のことで、脂肪を燃やす際に酸素が必要なことからそう 呼ばれています。

有酸素運動にはウォーキング・ジョギング・エアロビクス・サイクリング・水泳などがあります。

無酸素運動とは、筋肉トレーニングのことです。

運動することは、筋肉を動かし脂肪を燃焼させるため、内臓脂肪が減少し、肥満の改善・予防、インスリンの働きを良くする効果があり、さらに筋肉にブドウ糖が取り込まれ血糖値が早く下がります。

筋肉を動かすことで脳の前頭葉が活性化します。

「認知症」と睡眠時間・・・

睡眠時間は、人生の  ⅓から¼ を占めると言われています。

「睡眠時間は8時間は必要・・・」と言う説がある一方で、ショートスリーパーと呼ばれる人は、睡眠時間が6時間未満であっても、心身ともに健康的に行動・活動ができ、「睡眠は時間より質が重要で、短時間でも深く眠ることが大事」と思っている方は多いかもしれません。

しかし、最近では短時間の睡眠では免疫力低下・肥満・生活習慣病・うつ・がんなどのリスクが高まり、アルツハイマー型認知症のリスクも高まることが わかってきました。

つまり、睡眠は質だけではなく時間が心身の健康に重要だということです。

アルツハイマー病の発症原因は、明らかになっていませんが、患者の脳にアミロイドβというタンパク質が集まって老人斑(アミロイド斑)を形成していることから、このアミロイドβがアルツハイマー病発症の引き金になっているのではないかと言われています。

アミロイドβは、日中の活動で生み出され脳に蓄積されるものなので、ゼロにすることはできませんが、「アミロイドβを貯めない・・・」「アミロイドβを排出させる・・・」ことが、アルツハイマー型認知症を防ぐと考えられています。

私達の身体には、老廃物を除去するためにリンパ組織が広がっていますが、脳には存在しません。

「脳には脳脊髄液があり、睡眠時に脳が収縮してできた隙間に老廃物が染み出して、排出されるのでは・・・」という仮設が近年では有力視されています。

つまり、睡眠時に脳は「休息」しているのではなく、「大掃除」を 行っているわけで、短時間の睡眠では、老廃物の排出が困難となり蓄積されます。

そしてアルツハイマー型認知症発症のリスクが、高まるわけです。

このことからも「ある程度の睡眠時間は必要・・・」というわけです。

「認知症」は遺伝する??・・・

糖尿病やアルコール依存症が遺伝性疾患でないのと動揺に、「認知症」は遺伝性疾患ではありません。

糖尿病・アルコール依存症・認知症など、それぞれの病気になりやすい素因を持っている人は存在します。

適切な運動・健康的な食事・睡眠・目的を持った生活など日々の積み重ねで、「認知症」を予防することは可能です。

徘徊・・・

「徘徊」とは、目的もなく、たださまよい動き回ることです。

全国の警察に届け出があった徘徊からの行方不明者は、約15000人(2016年)でした。

行方不明から5日間経過すると、生存率は0%と言われています。

生存していた場合でも、自宅から遠く離れた場所であったり、本人が住所や身元を伝えることができず身元不明者扱いとなっていたり、徒歩ではなく自転車や自動車で出かけたために、他人を巻き込んで事故を起こしたり、踏切事故・交通事故に遭うというケースもあります。

本人に歩く能力があれば、「徘徊」と呼ばれる症状は誰にでも起こり得ることで、それは私達が歩いて外出する理由と全く同じです。

理由のある外出である「徘徊」を止めることは、実際大変困難なことです。

本人が開けられないカギをつけて閉じ込めたり、履物を隠して外出させないようにすると、怒り・暴力・暴言に繋がり、裸足で外出したり窓や2階からでも出ようとして大怪我・・・、ということもあります。

こういった場合逆説ではありますが、「閉じ込める・・・」のではなく、むしろ楽しい気分・体調で積極的に外出させ、独り歩きではなく客観的に見守りのある安全な外出に変えることが解決策です。

「介護」・・・

「介護」には休みがありませんが、介護保険などを利用して介護する側も一時的休止は必用です。

在宅看護の場合、ホームヘルパーによる「訪問介護」を 利用することで、家族も一時的な休息が得られます。

サービス内容は入浴などの身体介護・料理・選択・排泄などの生活援助です。

生活圏の地域にある「介護事業所」の利用者となって通所、必要な時は宿泊も可能な「小規模多機能型居宅介護」、認知症の65歳以上要介護者がデイサービスセンターなどを利用できる「認知症対応型通所介護」などの施設もあります。

「認知症対応型共同生活介護」であれば、グループホームで認知症の人が共同生活を送ることができます。

認知症要介護者に対応している介護施設として「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」などがあります。

引用:google

「接し方」・・・

「自分が必要な存在・・・」ということを認識してもらうためにも、本人ができる事は何かを把握し、できることをお願いすることで、お互いの達成感・信頼感につながります。

「指摘しない」「叱らない」「否定しない」「議論しない」など、可能な限り相手の意志を受け止めて、プライドを傷つけず気持ちを汲み取るように、穏やかな声で対応します。

何度も言い聞かせようとしても、認知症の人には意味がわからず逆に反感を抱かせてしまいます。

生活環境はなるべく変えないようにして、人間関係・生活習慣・生活環境を認知症の人のペース・リズムに近づけます。

また定期的に人と関わる時間は必要です。

孤独は不安感を募らせ、不安感は認知症を悪化させます。

さらに、認知症の人の行動をよく観察することは、様々な変化・反応を見逃さないためにも必要になります。

しかし、介護のために疲れてしまわないためにも、1人で抱かえ 込まずに、保健センター・在宅介護支援センター・高齢者相談センター(地域包括支援センター)など様々な窓口がありますから、専門機関に相談することも大切です。

まとめ・・・

家族の誰かが「認知症」を発症した時には、「寂しくて、腹立たしくて・・・」みたいな気持ちに陥りやすくなります。

しかし、ちょっと目線を変えて冷静になって考えてみると、「認知症になったから何もできない・・・」わけではなくて、できることもあります。

冷静な気持ち病気に対する知識があれば、良好な関係は維持できると思います。

家族で介護する場合は、長期化することが多く負担は大きくなります。

医療機関・介護サービスなど専門機関を上手く利用して無理のない方法、負担の少ない方法を考える必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク