「ヨガ」でダイエット?その効果は?方法は?

SNSフォローボタン

フォローする

「ヨガ」でダイエット?

ヨガの愛好家といわれる女性は、全てと言っていいほど引き締まった体型していてスタイルも抜群で、それを見て「ヨガは痩せる」って誰もが思いますよね?。

「ヨガでダイエット」というのはよく話題になるので聞く機会も多いですが、それが「カロリー制限による方法ではないので即効性はない」ということをご存知でしょうか?。

ヨガの一連の動作によって、体内の脂肪を効率よく燃焼させそれが体質改善につながり、太りにくい体質が作られ引き締まった体ができるので、その結果がダイエットというわけです。

ヨガは、インド発祥のあくまでも「修行」のひとつです。

瞑想することで心をコントロールし、一連の動作をとることで 呼吸を正し、肉体を鍛え歪みを矯正し脂肪を効率よく燃焼させます。

「ヨガ」の呼吸法は?

ヨガは「複式呼吸」でトレーニングをします。

「複式呼吸」とは、

鼻から 吸ってお腹に空気をためる感覚で息をして、次にゆっくりと口から吐いてお腹をペッタンコにするみたいな感じの呼吸法です。

ヨガでトレーニングしながら腹式呼吸で体内に多くの酸素が入り、それがの隅々まで届ことによって血流が改善されます。

血流が改善されると冷えが解消され新陳代謝が良くなりさらに脂肪の燃焼効果もあがります。

新陳代謝が良くなると汗が出て、それが老廃物を排出しまた新陳代謝があがります。

ヨガの一連の動作はあくまでゆっくりですが、

実はこれは有酸素運動ジョギング水泳と何も変わらないのです。この有酸素運動で体の奥にある筋肉まで鍛えられ、筋力が上がり代謝も良くなり、引き締まった体型を作りそして維持することが可能です。


「ヨガ」でトレーニングする時間帯は?

ヨガは、なるべく空腹時に行い正しい呼吸法で楽しむことで、ダイエットは成功します。

トレーニングに最適の時間は、朝起きてすぐの空腹狀態の時で、体も頭もスッキリと目覚めることができ健康にもいいです。

その時間帯が無理な場合は、食後2時間以上経過して胃が空っぽの狀態になった時に行ってください。

逆に、お風呂上がりは体が温まっていて血行も良くなっているので、その狀態の時に行うと気分が悪くなる場合があるので避けるべきです。

「ヨガ」で痩せるポーズは?

ヨガの痩せるポーズとしてよく目にするのは次の3点です。

猫のポーズ:手の平と膝を床につけ四つん這い状態になり、自分のおへそを見るような姿勢で息を 吐きながら背中を丸め、次に息を吐きながら今度は背中を反らせます。このポーズはウエストの引き締め効果が期待できます。

鳩のポーズ:横座りの体勢から右足を出し、つま先を右肘の内側に付けてさらに頭の後ろで両手を組んでゆっくりと呼吸をします。このポーズはヒップアップやウエストの引き締め効果が期待できます。

三角のポーズ:両足を大きく開いて右足のつま先を正面、左足のつま先は90度左に、両腕は床と平行になる感じで左右に開き、次に手の平を下に、そして左側に上半身を倒しながら両腕を上下に伸ばします。このポーズは太ももの引き締め効果が期待できます。

ヨガを続けることで、筋肉量が増えて引き締まった体型になりますが、脂肪より筋肉のほうが重いので一時的に体重は増えます。其の点は一番勘違いしやすいところです。

トレーニングで誰もが空腹になりますが、その時に「コレぐらいはいいんじゃないの?」って油断せずに、食べ過ぎによる摂取カロリーの増加には、くれぐれも 注意しましょう。

ヨガには激しい動きは無く、消費カロリーも少ないので体の負担も少なく、長く続けないと効果が出ません。

引き締まった健康なカラダを手に入れるために、頑張りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク