「寝る前のストレッチ」の効果は?簡単?ダイエットできる?

SNSフォローボタン

フォローする


「朝のストレッチ」と「夜のストレットイ」の違い

ストレッチの語源は「stretching=伸ばし」で身体のある筋肉を引っ張って伸ばすという意味です。

朝のストレッチは、体が目覚めていないので、無理せずにゆっくりと徐々に行うことが基本です。

寝ながら座りながらそして 立った狀態でという順番です。

ゆっくりと行う事で、交感神経も徐々に活発化し、体温を上げ新陳代謝も上がっていきます。

交感神経は「活動・消費」を担い、活発化することで「エネルギー使用モード」になります。

そして、体徐々に目覚めていきます。

体を目覚めさせる朝のストレッチとは違い、就寝前のストレッチ「質の良い睡眠を得るため」ストレッチで、体をほぐし、「休養・吸収」を担う副交感神経が活性化して交感神経より優位になり、心臓の拍動数や体温は下がって「エネルギー貯蔵モード」となり体を休めます。

朝のストレッチ体を目覚めさせ、夜のストレッチ疲れを取り休息させてくれます。

「寝る前ストレッチ」の効果

寝る前ストレッチを行う時間は入浴後がおすすめです。

血行がいいので筋肉が伸びやすく効果がでます。しかし入浴が長すぎると体がかえって目覚めてしまうので、逆効果となるので注意が必要です。

就寝前のストレッチは、体がほぐれ副交感神経が活性化するので、深い睡眠が得られ脳や体が休息します。

さらに、成長ホルモンの分泌が活発になるので、基礎代謝が増えて食欲を抑えてくれます。腸も活性化して動きが良くなり体脂肪は燃え、老廃物を排泄するので便秘も解消されます。

就寝前のストレッチは、睡眠モードに導くので寝つきが良く不眠解消になります。

寝る前ストレッチは、あくまで快眠のためのストレッチなので体を起こさないレベルのもので行いましょう。

就寝前のPC、スマホは、発生するブルーライトで脳を刺激して睡眠を妨げるためNGす。

就寝前の主な簡単ストレッチとしては

 ①全身ストレッチ・・・仰向けに寝た狀態で両手を上に上げつま先は思い切り下に伸ばします。

 ②首のストレッチ・・・仰向けに寝た狀態で両手を首の後ろで組みお腹を見がら首の後を伸ばします。

 ③背中と脇腹のストレッチ・・・仰向けに寝た狀態で両手を上に伸ばし上半身はそのままで右足は左の方へねじります。左足も同様に行います。

 一度試してみてください。

ストレッチを続けることで、基礎代謝が上がり血行は良くなります。

そして柔らかく疲れにくい体になります。体が柔らかいと、ケガをしにくくなり、老化防にもつながります。

「寝る前ストレッチ」のまとめ

リラックス効果によって、質の良い睡眠が得られ疲労回復効果が増します。

ストレッチだけでは、ダイエット効果はそれほど期待できないので、ジョギングや他のエクササイズと組み合わせることでより効果が上がります。

ストレッチを効果的なものにするためには、ひとつのポーズには約20秒ほどかけて、吸はゆっくりしながら、筋肉は伸ばし過ぎずに伸ばしている部分を十分意識して、しか無理はしないことです。

ストレッチは続ければ続けるほど疲れにくい、痛くなりにくい体をつくり、

動かしたくなる体を維持することができ、より健康的な生活が 送れます。

食事を取った後の6〜8時間は体は消化モードになり、そのあとは脂肪燃焼やデトックスの時間と言われています。

だからこそ、夕食を遅く取るのはNGなんですね。

できるだけ早目に夕食を摂って朝食までの時間を12時間以上空けるように心がけ、デトックスの時間を長くさせるのがポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク