「七味唐辛子」の効果、効用?「一味唐辛子」との違い?

SNSフォローボタン

フォローする

七味唐辛子のルーツは1625年(寛永2年)、初代からしや徳右衛門という人物が、漢方薬を食に利用できないかとして考案し、江戸で売り出したのが七味唐辛子のルーツとされています。

別名「食べる漢方薬」と言われています。

一味唐辛子は乾燥させたトウガラシをすりつぶしたもので、それをベースに、7種の成分をプラスしたものが七味唐辛子です。

「七」という数は、七五三、七福神からもわかるように縁起の良い数字とされているので使われたようです。

一味唐辛子が赤唐辛子だけなのに対して、七味唐辛子には他にもいろいろな成分が含まれています。

辛味を求めるなら、断然一味唐辛子の方ですね。

「七味唐辛子」の成分は?

七味唐辛子には基本的に7種類ではなく9種類のスパイスがあり、そこから7 類を選んで配合しているというのはご存知でしょうか?

9種類のスパイスというのは、「赤唐辛子」「山椒」「ゴマ」「青じそ」「生姜」「青のり」「麻の実」「芥子の実」「陳皮」で、この中から7種類を混ぜ合わせ日本独自の日本生まれの、ミックススパイス作っているわけです。

うどんやそばなどの麺類、焼き鳥や焼きイカなどの肉魚料理、日頃の食事には欠かせないスパイスです。

配合原料の基本は「ニ辛五香(にしんごこう)」とされています。

まさに字のごとくなんですが、配合に厳格な決まりは特に無いので、各メーカーや地方によって配合は違っています。

中身が違う理由は大きな理由として東日本では濃口醤油西日本では薄口醤を使うことが多いからとも言われています。

唐辛子に含まれているカプサイシンには、脂肪燃焼効果、食欲増進効果が期待できます。

芥子には、鉄分が多く含まれていて貧血予防に役立ちます。カルシウムも豊富で、骨粗鬆症予防にも有効です。

麻の実タンパク質、亜鉛が多く、食欲増進、成長障害皮膚炎予防に有効です。

海苔、青海苔カルシウムマグネシウム、鉄分が多く血栓防止、高血圧予に役立ちます。

陳皮は温州ミカンの皮を乾燥させた物で、食欲不振、吐き気に効果的で利尿作用、健胃作も期待できます。

紫蘇臭覚を刺激して、食欲増進、利尿作用、アレルギー抑制、胃腸の調子を整えます。

胡麻酸化を抑制し、老化を防ぐビタミンEが 含まれており滋養強壮、解毒、便秘、炎などに効果があります。

生姜は内臓の働きを活発にし発汗作用を高め、体脂肪を燃焼させ体を温め血行を良くし、冷え性改善にも役立ちます。

山椒健胃、整腸、解毒、利尿、消炎効果があり、辛味成分のサンショールは、胃腸を刺し機能を亢進させます。


さて、ここで疑問があります。

なぜ陳皮は温州ミカンなのか?ということですが・・・。ミカンにも、いろいろ種類があるわけで・・・。

実は、「日本薬局方」という法律があってそこで決められているそうです。

ちなみに、「法」ではなく「方」です。

温州ミカンは濃厚なみかんなので皮も良質です。(温州は ”うんしゅう” と読むそうです。)

あと、「芥子」「麻の実」が入っています。

ケシの実。ケシの実ってアヘンですよね? 200年近く前に、よその国大問題になったやつですよね。

昔、なんか歴史の時間で聞き覚えがありますが・・・。

そして麻の実。麻の実は、紛れもなく大麻です。

少し前に、沖縄で元芸能人(?)が栽培しているとかなんかで問題になりました。

しかし食用のものは、麻薬としての成分が少ない品種で、安全なんだそうです。

その上、発芽させて栽培出来ないように加熱処理済みです。

海外でも販売されていますが、「麻の実」「芥子の実」がNGなので「白ごま」「生姜」が入っているそうです。

海外では「いちみ」と「しちみ」が発音しにくく混同しやすいので「ななみとうがらし」と呼ばれています。

「七味唐辛子」のまとめ

七味唐辛子のカロリーは、100gでおよそ395kcalですが、一度に100g摂取することはないので、決して高くないと考えられています。

ただ、自然食品のため賞味期限はあります。

七味唐辛子に合う食べ物としてうどん、そば、牛丼などがありますが、牛丼用に四種類をブレンドした唐辛子もあるそうです。

その成分は、陳皮、唐辛子、胡麻、青さなどで素材を活かす為に、辛さを控えめにしているそうです。

それで ”えっ~~・・・” ていうくらいかける人もいるわけです。

七味唐辛子を袋に入れて米びつに入れておくと、お米につく「コクゾウムシ」は唐辛子の成分を嫌うので、防虫剤の代わりになります。

また、赤唐辛子をベースに好みの 成分を混ぜれば、7種類という決まりはないので自分流の香辛料が作れます。

気をつける点はアレルギーと虫です。

加える成分が自分にアレルギーがないか確認が必要です。

また、「ノシメマダラメイガ」という虫は、唐辛子の成分のカプサイシンを好むので注意してください。

なぜ七味唐辛子は七味なのか?

諸説あるようですが、六味だと無味(ムミ)になるし、八味では蜂蜜(はちみつ)になってしまうから・・・

だそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク