ストレス緩和は漢方薬で・・・,ストレスと食欲の関係は?肥満は?

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレス緩和には漢方薬

「生活習慣を見直しても,ストレス過食が治せるか心配・・・」

「ストレスからの過食を何とかしたい・・・」

など,悩んでいる人には「漢方薬」はどうでしょうか?

医薬品としてダイエットを目的とした様々な症状に対して,既にその効果が認められているので,「同じ症状を繰り返したくない・・・」という人には,オススメです。

漢方薬は,自然由来の植物・鉱物など生薬を複数組み合わせ,体質改善に働きかけて根本的解決を目指し,「症状の抑制」ではなく「症状を引き起こす原因に働く」というです。

一般的な薬は単一成分による合成薬ですが,漢方薬には多種多様な成分が含まれ,更に何種類もの生薬を組み合わせて作られています。

頭痛の場合,漢方は痛みを取ることだけを優先するのではなくて,その原因として考えられる緊張からの血流の滞り・ストレスによる交感神経の乱れ・冷え・のぼせ・・・など根本的原因の改善を目指し,同じ症状を繰り返さないために体質が変わるように働きかけます。

メリット

主となる生薬には多くの成分が含まれているため,多種多様の症状に対しても,一つの漢方薬で対応が可能です。

また,主成分が自然素材のため,身体に優しく副作用も少ない利点が有ります。

生薬を組み合わせることで,個々の状態に直結したオーダーメイドの投薬となるので,体質に合えば高い効果が期待できます。

バランスの取れた食事や運動を毎日継続すること難しい場合でも,個々に合った漢方薬を処方することで,忙しくても飲むだけで続けられます。

>大柴胡湯(だいさいことう)

【第2類医薬品】大柴胡湯エキス顆粒クラシエ(45包)【クラシエ漢方 青の顆粒】

価格:3,154円
(2021/1/17 19:26時点)
感想(0件)


・効能:体内の余分な熱の除去・脂肪燃焼サポート・代謝バランスの整備

・ストレス過食で脇腹付近に張りを感じる方は,気の巡りが改善され気分・食欲が落ち着く

・ガッチリ体型でストレス 溜まりがち・イライラ感がある人向き

・体力は充実しているが,脇腹からみぞおちにかけて苦しい

・高血圧・便秘・肥満に伴う肩こりや頭痛にも使用可能

便秘傾向で胃炎・高血圧・肥満に伴う肩こり・頭痛・肥満症・神経症が有る

デメリット(注意点)

その漢方薬が,【個々の症状に合うかどうか】重要で,症状に合わない場合は,効果は望めず副作用の心配も考えられます。

不明な点があれば,自己判断しないで漢方薬に精通した医師・薬剤師に,購入の際に相談しましょう。

ストレスと食欲の関係

引用:google

やけ食い派

ショックを受けたりイライラしたりすると,そのストレスを抑え込もうとするため,交換神経が過剰になって「やけ食い」という状況が起きます。

その一方で,副交換神経はこの状況を緩和させるために,胃を膨らませて身体がリラックスモードになるように働きかけて,「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。

「コルチゾール」は,副腎皮質から分泌されストレスを受けると分泌量が急増することから,「ストレスホルモン」とも呼ばれます。

コルチゾールの分泌は,免疫系・代謝系・中枢神経系・・・など,様々な身体の機能に影響を与えます。

コルチゾールが多量分泌されることで,食欲抑制に働くホルモン「レプチン」の分泌が阻害されるので,身体は「満腹ですよ!!」というサインが受け取れず,さらに「やけ食い」が助長されてしまいます。

「お腹が満腹になるまで食べて,それが普通・・・」という状態に身体が慣れてしまうと,胃からは「グレリン」というホルモンが過剰分泌されます。

「グレリン」は,食欲亢進(食欲が異常に高まること)・脂肪蓄積などの作用が有る食欲ホルモンで,メタボリックシンドローム・肥満・2型糖尿病など,様々な病気に影響します。

つまり,「グレリン」の過剰分泌によって,食欲が沸き続けて「やけ食い」が止まらなくなり,「ストレス太り」が起こります。

食欲減退派

引用:google

食欲不振の時は,「交換神経優位の状態」が考えられます。

失恋や事故・怒り爆発・家族の死・天災・・・など,極度のショック状態発生時には,副交換神経の活性化は望めないため,リラックスモードは生まれず食欲不振状態が継続されるため,ダイエット面では痩せていきますが精神面では大変な時期です。

交換神経で「ヤル気スイッチがON」になり,仕事モード突入で活発に行動を起こせますが,常時緊張状態が続くため身体は休まりません。

このような時は,何か一口食物を摂ることで副交換神経に変換できるので,精神的にになり落ち着きます。

ストレスと肥満の関係

引用:google

ストレス感知 ⇨ 「コルチゾール」が分泌

ストレスホルモン「コルチゾール」は,別名「闘争・逃走反応ホルモン」とも呼ばれます。

「恐怖」を感じると,身体は原始的で身体的反応を呼び起こすため,身体活動が活発となり体内に蓄積していた糖分を,エネルギーとして血液に乗せて全身の筋肉に運びます。

しかし現代人のストレスは,家庭・職場などの問題や睡眠不足といった「慢性的なストレス」が殆ど,コルチゾールは大量分泌されますが,糖が必要とされるほど身体活動が行われることは有りません。

コルチゾール分泌によって血液中の糖が増加し,肥満ホルモン「インスリン」の分泌が促進されますが,血液中の糖(血糖)が多量な場合は,細胞内に留めて血糖値を下げ,脂肪を蓄積する作用が有ります。

長期的にストレスを感じると,コルチゾールが多量分泌され血糖値は上昇しますが,エネルギーとしては消費されず,インスリンが分泌されるため糖や脂肪が体内に蓄積されます。

引用:google

「ストレス軽減」 ⇨ 「睡眠」「活動的」

「TV・PCの前に座っているだけ・・・」といった「動かない休息法」では,心身の回復は到底望めません。

定期的に運動することがストレスを緩和・軽減し,コルチゾールの分泌減少に有効です。

また,睡眠不足も慢性的ストレスの要因となります。

短時間睡眠と体重増加には関連が有って,体重の増減は睡眠7時間と割り出されています。

つまり,5~6時間程度しか睡眠時間が無い人は,体重増加リスク50%高く,睡眠が不足すればするほど体重増加となります。

たった一晩睡眠が不足しただけでも,コルチゾール値は100%以上増加するため,翌日夜になっても37~45%と,まだまだ高い状態を保っています。

結果として,短時間睡眠は体重増加の要因となり,満腹ホルモン減少する代わりに食欲ホルモン増加します。

過食のメカニズム

ストレスが蓄積されると,食欲が増大します。

食事には情緒安定効果が有るため,「食欲増大」は脳のメカニズムから当然の結果です。

ダイエットには,一見「逆効果では・・・?」と思えるような高カロリーな食べ物ほど,強い精神安定効果が有ります。

糖分が脳を活性化し炭水化物が心を沈静化します。

また肉類摂取量が少ない場合,精神を安定させる脳内麻薬の「セロトニン」減少します。

糖・炭水化物を極端に制限することは,脳の栄養が不足しストレスの原因となります。

ストレス解消目的からこれらの食品を欲するのは「脳の防衛本能」ですが,衝動的に糖分・脂分の多い食物を摂取すると,「痩せる」事は難しくなります。

「ストレス太り」から抜け出す最短の方法は,次の3点です。

①ストレスが発散できる方法を見つける

②運動をすることでカロリーを燃焼させ,精神安定を図る

③心機一転,規則正しい生活をすることで,自律神経のバランスを修正する

さらに「睡眠」も重要で,質の良い睡眠を得るためには,

①寝室は「完全な暗闇」「少し涼しく」する

「身体を締め付けない服」で寝る

③睡眠時間は7~9時間で「一定」する

④寝室には,「TV」を置かない

⑤起床したら,「太陽の光」を浴びる

重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク