転職を考えていますか?、 転職のメリット・デメリットは?、転職先を決定する選択基準とは・・・

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職・・・

2019年4月、経団連会長の中西宏明氏(日立製作所取締役会長)は「今後、企業が終身雇用を継続することは困難である・・・」と発言されました。

5月には、トヨタ社長の豊田章男氏「終身雇用の継続は難しい・・・」との認識を示され、大きな波紋を呼びました。

*関連記事:「終身雇用制度」とは?そのメリット・デメリット、継続が難しい理由、「崩壊」した時は?・・・  

「終身雇用」した場合、企業は社員を守ることは難しくなり、さらに業績が悪化すれば、高額な給与の中高年社員(40代後半~50代)の雇用継続は困難となり、早期退職を迫る可能性は高まります。

「終身雇用が難しい・・・」という状況になれば、社員は「企業に縛られない自由な働き方が可能・・・」となります。

今まで以上に個々に適した職場を見つけるため、行動は活発化し「転職が当たり前・・・」となります。

一般的に「転職」とは、現在の職業・組織・所属する会社から、他の職業・組織・会社に変わる・移ることを意味します。

転職することで、生活環境や労働環境も一変するため、想像以上にストレスとなる場合も多く有ります。

転職して良かった・・・

引用:google

①「収入が増えた・・・」

②「会社が合う」

③「人に恵まれる」

第1位は「収入が増えた・・・」でした。

「転職したことで給与が増えた・・・」人や、「2年後から右肩上がりに増えた・・・」という人もいます。

「会社が合う」「人に恵まれる」など、金銭面ばかりではなく、社風や一緒に働く人が重要と感じている人は多いようです。

転職して後悔・・・

引用:google

①「給与が希望と異なる」

②「人と合わない」

③「社風が合わない」

「昇給が思ったより低い・・・」「支給金額と手取り金額を勘違いし、前職より収入が減った・・・」

など、転職前に確認することで解決できることも有ります。

「社員のタイプが違うため会社に慣れるまで、時間がかかる・・・」

「給与は満足しているが、社風が合わない・・・」

など、「転職して良かった・・・」と思う人と同じく「後悔した人・・・」も、金銭面ばかりではなく、社風や一緒に働く人が重要と感じている人は多いです。

転職する人の中には、社風や会社の雰囲気よりも給与や仕事内容を重視して、入社を決定する人も多くいます。

そのため、入社後に「ミスマッチ・・・」が起こります。

このミスマッチを避けるためにも、入社後、上司になる人と面接の実施や社内見学など行い、事前に職場の雰囲気を感じる機会が必要です。

職種別に「転職して良かった・・・」を見てみると、企画管理・販売・サービス系は、1位「社風が合う・・・」2位「周囲の人に恵まれている・・・」が占め、金銭面より社風・人に満足している傾向が見られます。

IT系エンジニア・機械エンジニアでは、1位「給与がアップした・・・」2位「能力・成果の評価・・・」が占め、金銭面・評価の高さに満足しています。

職種別の「転職して後悔した・・・」では、多くの職種は「給与が希望と異なる・・・」1位ですが、事務アシスタント系・建築土木系・クリエイティブ系に限っては「経営者・社員が合わない・・・」1位となっています。

転職するメリット・デメリット・・・

引用:google

①大企業

<メリット>

安定している

・信用度・ネームバリューが高い

給与・福利厚生が良い

給与は高い傾向に有り福利厚生も充実しています。

中小企業に比べて昇給幅も大きく、生涯賃金は増加傾向に有ります。

収益を生み出す事業基盤が有り,社会的信用・安定性・ネームバリュー高く将来に向けての投資も可能です。

<デメリット>

・社風・文化に古さが目立つ

・人間関係の硬さ

新卒入社優先傾向の人事制度

縦割り組織や古くからの体質による、堅苦しい人間関係・文化・社風が根強く、休みづらさ・長時間労働など以前からの文化が残っている会社も有ります。

*縦割り組織とは、組織が上下関係を中心に運営されていることを意味します。

人事制度もプロパー優先的な部分が有ります。

*プロパーとは、新卒入社の社員を指す言葉で、中途入社社員・出向社員と区別するために、使われる言葉です。

②中小企業

<メリット>

スピード感が有る

・人間関係の堅苦しさが無い

・仕事内容が濃い

社長を含む役員と社員との距離が近く縦割りも少ないためフラットな人間関係で有る場合が多く見られます。

「1人が複数の業務を兼務・・・」という傾向に有るため、仕事内容も濃く、それがメリットと感じる人もいます。

会社が良好な人間関係を保持することで、労働時間・休暇制度も良好な傾向に有ります。

<デメリット>

・人間関係が近い

・給与・福利厚生が少ない

・安定性・将来性に不安が有る

大手企業と比較して、給与・福利厚生が少なく安定性・将来性に関して不安が有ることは拒めません。

更に大手より人間関係が近く、それが煩雑と感じる人にとってはデメリットです。

③ベンチャー企業

<メリット>

成長環境が有る

・仕事の自由度が高い

ストックオプションなどの可能性

*ストックオプション(stock option);株式会社の経営者やその従業員が、自社株を一定の行使価格で購入できる権利です。

仕事の進め方に関しても、従来の方法に因われること無く自由度が高い。

社員は若い世代が多く、成長環境も高い傾向に有ります。

会社が成長し、上場する際には自社株ストックオプションを手にする可能性も有り、一躍大金を手にできるチャンスも有ります。

<デメリット>

仕事中心の生活になる可能性が大きい

・業績が不安定

・経営者の人柄・思想に依存することのリスク

事業が不安定なため、倒産の可能性も有ります。

人手不足で事業をこなしている現状から、長時間労働を強いられる場面が多く有ります。

中でも最大のリスクは、経営者の人間性に会社の方向性・社員の雇用まで握られてしまう、ということです。

④知人の会社

<メリット>

・転職活動が

・人柄・仕事内容が把握できているので安心

自分自身の人柄・状況などを良く知っている知人の会社に入社するということは、入社後の違和感を最小限にできる最大のメリットです。

更に、転職活動も超短期間で終了できます。

<デメリット>

・退社する場合、言いづらい

・給与など条件交渉がしづらい

その知人との人間関係にも左右されますが、給与など本来重要な条件交渉がしずらく、止む無く退社となった場合に言い出しにくいという面が有ります。

最悪の場合、揉めてしまうとその後の関係性に大きな影響が出ます。

転職に都合の良い時期は・・・

引用:google

一般的に社会人経験3年未満での転職は、「第2新卒」と呼ばれます。

転職に関しても社会人経験がまだ少ないため、中途採用者に比べて専門的スキルを要求されることがありません。

しかし、入社半年など転職まで期間が短く早い場合、「長続きしないタイプ?・・・」とか、「我慢強さに欠ける・・・」などマイナスイメージの印象を持たれる場合が有ります。

<25歳~29歳>

転職人口全体から見た場合、この年代で転職をする人が大部分を占めています。

現職で実績を作り、より高く「自分の価値」を企業に売り込むことが、採用面接で有利に働くからと考えられます。

同業他社、または異業種であっても同じ職種の場合、現職の実績から察して入社後の活躍をある程度期待してもらえるため、強力なアピールポイントになります。

<30歳~34歳>

30歳を過ぎると、企業においては「中堅扱い」となります。

年齢が上がれば、それに比例して求められるスキルも上がる傾向にあるため、転職活動は可能な限り早く始めることが望まれます。

20代の転職とは違って、30代では必然的

「役職経験の有無・・・」

「マネジメント経験の有無・・・」

など注目される場合が多く、役職経験が無い場合、早いタイミングで転職することが、有利に働きます。

<35歳~39歳>

30代後半で転職する場合でマネジメント経験が無い場合、可能な限り早めのタイミングがオススメです。

年齢が上がることで、企業側も高い年収を提示する必要が有り、「高額の年収に見合うだけのスキルを持ち合わせているかどうか・・・」など、選考の基準も厳しくなります。

「経営者としての経験がある・・・」

「現職で部長職についている・・・」

「多人数のマネジメント経験が有る・・・」

などの場合は、年齢を問わず内定が決定する場合が有ります。

35歳以上で転職の場合、「マネジメント経験の有無・・・」で大きく左右されます。

<40歳以上>

「管理職」⇒「管理職」という転職が中心となるため、転職求人サイトからの応募では、採用される求人は少ないのが現状です。

「リクルートエージェント」

「doda」

「マイナビAGENT」

などの「転職エージェント」を利用して、自分のマネジメント経験を活かし、自分に最適な転職先を探すことが得策です。

2月~3月は、新年度に向けて態勢を強化したり再構築する企業が多くなります。

8月~9月は、下半期に向けた採用がスタートします。

2月~3月に求人が増加するのは、4月の新卒入社までに入社させることで、教育コストを低く抑えるために求人募集を出すからです。

次いで多いのが8月~9月で、10月入社に向けた求人募集が増加するためです。

転職先の選択基準・・・

引用:google

給料が高くて、年間休日も多く、会社が安定していて、上司も優しく、 人間関係も良くて、通勤しやすく、有給も好きな時に使えて、やりがいの有る仕事で、スキルアップもできて・・・

こんな会社があったら最高ですが、残念ながら、これらの条件を全て満たしてくれる会社は無いと思った方が現実的だと思います。

あなたは、転職先候補が見つかった場合、何を基準に決定しますか?

「給与」

「通勤時間」

「福利厚生」

「早い物勝ち・・・」

自分の中で「これだ !」と思う条件を無作為に書き出します。

理想の転職先条件は、優先の順位は関係なく箇条書きで、思いつくままで大丈夫です。

年収、通勤時間、活かせる経験・スキル、希望職種・業種、休日日数、有給消化率、残業、交通費、福利厚生、人間関係・・・などです。

次に

①絶対に譲れない

②多少妥協しても良い

③無くても我慢できる

3段階に分け、点数をつけます。

具体的には・・・

①絶対に譲れない=1項目に付き3点

・年収

・希望職種・業種

・交通費  など

②多少妥協しても良い=1項目に付き2点

・通勤時間

・残業

・休日日数  など

③無くても我慢できる=1項目に付き1点

・活かせる経験・スキル

・有給消化率

・福利厚生  など

といった感じです。

自分が希望する条件を点数化し、満足度を明確にします。

点数は自由で、5点でも10点でも構いません。

複数の転職候補先が有る場合、この満足度を基準にして検討することができます。

基準値を作ることで

①転職先候補の選択

②転職後のミスマッチが起こりにくい

③転職の必要性

などが明確になります。

転職によるストレス・・・

転職は、労働環境の変化プレッシャーなど想像以上のストレスを伴います。

例えば、前向きな気持で転職したとしても、はたしてその転職が成功か否かは、実際に働くまでは判りません。

理想通り進むかどうかも不明だし、前職の方が良かったという場合も有ります。

男女によってストレスの感じ方は違ってきますが、共に働く仲間も変わり、仕事に関する不安以外にも、

「職場に馴染めるのか・・・」

「職場に受け入れられるのか・・・」

など、人間関係に関する不安も生まれます。

<男性の場合>

男性は、ストレスを感じた場合でも、あまり身体症状に現れることはなく、ストレスを感じていたとしても溜め込む傾向が有ります。

「ストレスを隠してしまう・・・」傾向が有るため、「身体症状がもう限界・・・」という段階になって、ストレスが心身共に負担となっていることに気づきます。

<女性の場合>

女性は、共感性を大切にする傾向が有るので、人間関係に敏感に反応し、人間関係が原因でストレスを感じる人は多くいます。

男性に比べホルモンバランスも乱れやすく、ストレスから身体症状に影響が現れ、頭痛・不眠などのような症状となって現れます。

引用:google

まとめ・・・

転職することでストレスは感じるかもしれませんが、転職を我慢して現職に不満を感じながら働いても、ストレスは無くなりません。

転職時のストレスは、その多くが一過性のものです。

しかし、給与・人間関係・仕事内容など待遇面に関するストレスは、その職場にいる限り残念ながら続きます。

企業の終身雇用継続が難しくなる中、企業に縛られない働き方が可能です。

転職を考える人は、一時期に比べ増大傾向にあります。

しかし、転職にも有利な時期が有ります。

2月~3月または8月~9月の企業の採用募集が増大する頃を見計らって行動を起こすことが、ポイントです。

ただし、入社早々の退職はデメリットが大きく、経歴にも傷が付きますから、出来れば避けたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク