有酸素運動こそが最強のストレス解消だ!

SNSフォローボタン

フォローする

現代社会のストレス

あなたは、ストレスで病んでいませんか?

現代はストレス社会といわれ、肉体的ストレスよりも精神的ストレスで病んでいる人が多といわれています。

仕事で、イライラしたり無気力集中出来なかったり落ち込んでしまってリラックスできず、常に不安持ちながらデスクに向かって・・・などの傾向のある人は、精神的ストレスの症状です。

現代社会では仕事の人間関係、営業成績、子育て・・・などストレスフリー生活すること難しくなってきています。

有酸素運動の効果

人間の3大ストレス解消法は、「睡眠」「食事」「運動」と言われています。

精神的ストレスは運動不足が 原因とされています。

運動ストレスを解消不安感を取り除き、認知症や認知機能の低下を防止し 回復させるので 必要な行為です。

運動を続けことで、心拍数が上がり心臓の働きを活発化させ、血流が良くなって隅々まで血液が運ばれ、酸素が行き渡り疲労の元の乳酸が回収され分解されるので疲労が回復します。

強度が大きい運動は疲労感が残るので、低、中強度の運動を続けて少しずつ負荷を上げいくことが大切です。

これで疲れにくい体が作れるわけです。

ヨガや水泳、ランニングやジョギング、ウォーキングなどが低、中強度の有酸素運動なので、筋トレなどの瞬発性のある無酸素運動より効果があるとされています。

これを定期的に週3回以上1回30~60分くらい行うことで効果が期待できます。

運動嫌いな人にとっては、「毎日続けること」がストレスなので、最初のハードルは思い切り下げてそれで習慣化するほうがいいですね。

習慣化するために運動が終わったら自分「ご褒美」を設定する、と 余計にヤル気が 出て多分習慣化しやすくなると思います。

続けるために記録をつけ結果を残すことで達成感をつくれます。

「忙しくて時間が取れない」という人は、TVを見ながらとか入浴しながらなど「~ながら運動」や通勤時に階段を使うとか、1駅手前でわざと降りて歩くいった「~ながら運動」など、隙間時間を使って運動することで効果が出ます。

時間とお金に余裕がある人は「スポーツジム」で汗を流すのもいいですね。

「スポーツジムの空間がどうも・・・」という人は、屋外で日光を浴びながらゆっくりとしランニングストレッチはどうでしょう。

脳をリフレッシュし筋肉を解して血行が良くなります。

さらに、腕立て伏せ、腹筋、スクワットなどの筋トレで筋肉をつけると血行がよくなり、代謝が上がって疲れにくい体になりメタボも解消されますよ。

穴場的に、バッッティングセンターは非日常の体験なので、脳が刺激され普段使わない筋肉を使うで刺激となりストレス解消にはもってこいです。

ストレスを解消する運動は空間を移動しながら適度な負荷を感じながら20~30分くらい持続でき一定のリズムで行えるものがいいようです。

例えばサイクリングです。

景色を見ながら移動し心臓の負担も少なく高齢者でも無理なく有酸素運動でき体も活性されます。

効果の無いとされているストレス解消法

やけ酒、やけ食い

タバコ

・ショッピング

ギャンブル

・テレビ、テレビゲーム

・ネットサーフィン

お酒を飲んだり美味しいものを食べたり、大好きな趣味に打ち込んだり、ギャンブルにのめり込んだり・・・と、これもストレス解消法として考えられる方法ですが、一時的にストレスが解消されるだけで持続性がありません。

精神的ストレスなどは一瞬だけでも忘れられるのでそれはそれでベターな方法かもしれませんね。

「ストレス解消方法」のまとめ

精神的ストレスは「相手への期待」「現実」とのギャップからも起こります。

自分の中でも期待感が大きく、しかし結果は大きく違って伴わない時のギャップで 起こります。

なので冷たい言い方ですが、最初から「余計な期待はしない」ことです。

期待が大きすぎると良い結果が出なかった場合のショックも当然大きいです。

だから、最悪のパターンを考えておけば済むことです。

精神的ストレスからは、最悪のパターンを頭に入れながらも攻めの姿勢で挑戦する気持ちを持てば、明らかに結果は違ってきます。

これは自分で自分の脳内を刺激してドーパミンを分泌させヤル気を出させる方法です。

肉体的ストレスからは、有酸素運動を習慣的に行うことによってリフレッシュし疲労がとれ体は活性化します。

両者が元気になることで、ストレスから脱出出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク