超初心者用「ブログの書き方」ここがポイント!

SNSフォローボタン

フォローする

「ブログ」って?

ブログは、キーワードを意識して記事を書きます。

ブログで集客できるということは、それだけネット検索で上位に表示されていて、クリックされやすく多くの訪問者が来るということです。

ブログの記事は「記事タイトル」「見出し」「本文」の3つで構成され、記事タイトルは、キーワードを必ず含んだものにします。訪問者がネット検索で入力するキーワードに対して、納得してもらえるブログを上位表示させるのが事タイトルです。

記事タイトルは、その記事を一言で表すのようなものです。そこに、キーワードが無ければ、その記事は訪問者を納得させることはできません。ネット検索で入力したキーワードが含まれていることで、訪問者にわかりやすく伝えられます。

訪問者の検索に対して無理にキーワードを含ませるのではなく、適切な表現が重要です。

例えば、「ブログの書き方」の記事を書く場合、「ブログの書き方」「ブログ 書き方」というように入力して検索結果を見ます。訪問者が求めている情報は「ブログの書き方」で他の情報ではないわけです。

そこに「ブログの作り方」という情報は必要ありません。検索結果の中から記事タイトルを見てクリックしてきた訪問者に、記事タイトルとズレのある内容の本文を書くのは的が外れています。

キーワードを含めた記事タイトルから、ズレのない内容で具体性のある記事を作ることで訪問者も増え集客につながります。

ブログの「レイアウト」を変えてみる

初めての訪問者は、パッと見の印象でそのブログに滞在するかどうかを決めてしまうので、レイアウトを少し変えるだけで第1印象が変わり、訪問者も読み進んでくれるかもしれません。

リズムの無い1本調子の書き方や1段落が連続しての1行ばかりだったり、2行だったり・・・

これではあまりにも単純過ぎて間違いなく飽きられます。

数回連続して続いてしまう場合は、文章を調整して段落の行を変えましょう。


ブログはあくまでブログであって、新聞記事やレポートではありません。

1段落は長くても4行くらい、1段落が終わったら1~3行の段落を空けて次の記事に移ります。

これの繰り返しで見た目バランスもよく読まれやすい記事となります。

文章を調節して、同じ行数が何度も続き過ぎないように意識します。

段落の行数を変えてリズムをつけたほうが最後まで読んでもらえましす。

また「囲み枠・箇条書き・画像・動画」などを間に挟むことで、さらにレイアウトは良くなります。

ブログ記事では、常に、その先を読み進めてもらえる書き方をする工夫が必要です。同じ語尾を連続して使いすぎると、文章が単調になり、違和感すら感じさせてしまいます。

「記事」を書き終えたら

無駄の多い文章というのは、読み手に要点が伝わりません。

ブログ記事を書き終わったら、読み返してみると、必要のない言い回しや重複表現が見つかることが多いものです。そういう場合は思い切って文章を削ることは重要です。

読みやすく、わかりやすく相手に伝わる文章でないと、ストレスさえ感じさせ、再び訪問してくれません。

まわりくどい言い方重複を無くしてスッキリさせることで、読みやすく、わかりやすい文章となり、訪問者にストレスではなく満足感を与えます。

「ブログ」の書き方のまとめ

ブログを書く場合は、記事テーマと記事タイトルからズレない記事を書くために、キーワードは明確に決めましょう。

レイアウト重視でリズム感のある文章にして、1段落は4行以内に、1行は30文字前後でそれを超えたら改行しましょう。

漢字が密集すると読みにくいものです。

どうしても長文になる場合は「小見出し」をつけます。

わかりやすい語句を心がけ同じ語尾の使いすぎに注意が必要です。

無駄な文章は、思い切って削除して読みやすい文章にすることで訪問者も増えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク