知らないと損!! 歯を白くする成分と人気の歯磨き粉ランキング・・・

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

 

『歯が,黄ばんでいるから人前では笑いにくい・・・』

『毎日歯磨きしているのに,一向に歯が白くならない・・・』

『芸能人みたいに白い歯がほしい・・・』

 

などなど・・・,歯についての悩みは尽きません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯が「黄ばむ」原因・・・

黄ばみの原因は様々考えられますが,飲み物・食物・嗜好品など,多くは日頃の生活習慣が関係しています。

人間の歯は,中心部に「神経(歯髄)」が有り,その上に「象牙質」,さらに「エナメル質」という約2~3mmの固い組織で表面が覆われています。

エナメル質は半透明で,象牙質は淡い黄色なので,真っ白では有りません。

日本人の歯は,一般的に欧米人と比較してエナメル質が薄いめ,余計に黄色っぽい色に見えます。

飲んだり食べたりすると,食品に含まれるポリフェノール成分と,歯の表面のエナメル質を覆っているペクリルというタンパク質が結びついて,ステイン(着色汚れ)が引き起こされます。

ステインも,黄ばみの原因の一つです。

ステインが付着しやすいポリフェノールを,豊富に含む主な食品

・赤ワイン(アントシアニンなど)

・コーヒー(クロロゲン酸など)

・紅茶(紅茶ポリフェノール)

・チョコレート(カカオポリフェノール)

・カレー(クルクミン)

などが有ります。

ポリフェノール以外にも,飲み物・食物に含まれる合成着色料,タバコヤニ,歯の脱灰・・・などが有ります。

お茶に含まれるカテキン,コーヒー・紅茶などに含まれるタンニン,ワイン・チョコレートなどに含まれるポリフェノール,コーラなどの色の濃い飲み物や,醤油・ソース・ケチャップなど酸性を多く含む調味料を使って調理された料理を,日常的に摂取することも着色原因となります。

さらに,お酢・柑橘類・炭酸飲料などの果実・飲食物も,歯の黄ばみを引き起こす原因となります。

タバコに含まれるタール(ヤニ)は,歯に強くこびり付き,焦げ茶色の着色汚れとなります。

「歯の脱灰」とは,歯のエナメル質からカルシウム・リン酸など,ミネラル成分が溶け出す現象で,進行することで,歯にが開き,虫歯と呼ばれる状態になります。

脱灰という状況では,歯に穴は開いていませんが,エナメル質の表面に細かな凹凸が生じるため,黄ばみがつきやすくなります。

さらにこの凹凸によって,歯のツヤが失われ,黄ばみが一層目立つことになります。

 

歯の黄ばみが取れない・・・

引用:google

例えば,タバコに多く含まれるタール(ヤニ)は,タバコの葉が燃える時に熱分解されます。

黒褐色で粘質性が有り,非常に着色しやすい物質です。

長期間の喫煙によって,タールは歯にこびり付いているため,普通の歯磨き粉で落とし切ることは無理です。

歯のエナメル質を覆っているべクリルという成分が,歯を全体的にを張って汚れ・酸などから保護していますが,欠点としてポリフェノール・タンニンなどのタンパク質と結合しやすい性質が有るため,歯にバイ菌が溜まりやすくなります。

これらのバイ菌を放置しておくと,「硬いバイ菌の膜」が形成され,余計に黄ばんだ歯に見えてしまいます。

蓄積した歯の汚れで硬くなった膜は,歯磨きなどブラッシングでの除去は,難しくなります。

 

歯の黄ばみを除去する歯磨き成分・・・

ホワイトニング効果が期待できる成分です。

商品を手にした時,パッケージの成分表示を,チェックしてみて下さい。

 

「ハイドロキシアパタイト」

「歯の表面が粗くなって光沢が見られない・・・」

そんな人には,このハイドロキシアパタイト成分配合の歯磨きがオススメです。

歯の汚れの付着を防止して,美しい歯に導いてくれます。

エナメル質に近い成分なので,歯の表面の目に見えない微小な傷を埋めて歯の表面を整え,歯垢・着色汚れ付着などを防止します。

 

「ポリリン酸ナトリウム」

歯のステイン・汚れなどが気になる人は,

 

  • 「ポリリン酸ナトリウム」
  • 「PEG(ポリエチレングリコール)」
  • 「PVP(ポリビニルピロリドン)」

 

などの成分が含まれた歯磨き粉がオススメです。

歯の表面に付着した汚れ・着色などを除去してコーティング,再付着を予防してくれます。

ポリリン酸ナトリウムには種類が有りますが,茶渋・ワインなどの着色汚れの除去がメインの場合,「短鎖ポリリン酸」がオススメです。

短鎖ポリリン酸は,他の成分と比較しても着色汚れ除去の力が強く,さらにステインの再付着予防効果も高く,別名「EXポリリン酸」ともよばれています。

 

「フッ素(フッ化ナトリウム)」

歯に白く濁った部位がある場合,虫歯の初期症状脱灰傾向に有ると考えられます。

フッ素の働きで歯の脱灰を予防し,虫歯になりにくくすることで,結果的に美しく白い歯が保てるわけです。

 フッ素の中でも,特に虫歯予防効果が期待できるのは『1450ppm濃度フッ素』です。

 

ホワイトニング歯磨き粉,人気ランキング

①コルゲート  ハイインパクト ホワイト

コルゲート オプティックホワイト スパークリングホワイト シナモンミント 170g 歯磨き粉 ホワイトニング【メール便 送料無料】

価格:1,999円
(2020/4/17 10:18時点)
感想(0件)


最も期待できるホワイトニング効果成分を配合し,汚れ落ち評価最高ランクです。

コルゲート社は,アメリカのオーラルケアブランドでハイインパクト ホワイトは,コルゲート社から販売されています。

ホワイトニング成分の「過酸化水素水」が含まれ,歯を白くする効果は期待できます。

ただし,この過酸化水素水という成分は,使用頻度が多すぎる場合,知覚過敏を起こす場合が有るため,歯や歯茎の状況を見ながら使用するなど注意が必要です。

非常に辛さの強いミント香味のため,使用後は口内がスッキリします。

発泡量も程良く,シュワッとした感じの泡で,歯に優しい磨き心地です。

汚れ落ち検証でも,満点評価を 得ています。

 

②ウエルテック  クリーニングジェル  ソフト(医薬部外品)

【メール便可】Weltecウエルテックコンクールクリーニングジェルソフト 40g(歯科用・医薬部外品)

価格:1,232円
(2020/4/17 10:24時点)
感想(3件)


歯科専売商品取扱ウエルテック社の,クリーニングジェル ソフト(医薬部外品)は,週1~2回のケアとしての使用が推奨されている歯磨き粉です。

歯の表面の汚れを除去する効果が有る高機能シリカ・サンゴパウダーが配合され,ステイン再付着防止効果が有るキレート成分も配合されています。

甘味が有る爽やかなグレープフルーツ香味で,発泡量は控えめです。

日頃,発泡量の多い歯磨き粉を使用する人は,当初は戸惑いが有りそうです。

③シュミテクト  薬用シュミテクトトゥルーホワイト(医薬部外品)

【本日楽天ポイント5倍相当】グラクソスミスクライン株式会社薬用シュミテクト トゥルーホワイト 研磨剤無配合 知覚過敏予防 歯磨き粉(80g)【医薬部外品】【北海道・沖縄は別途送料必要】

価格:798円
(2020/4/17 10:28時点)
感想(0件)


歯へのダメージが少なく,知覚過敏の人にも使いやすい,日常使い向きホワイトニング歯磨き粉です。

着色汚れ除去効果が期待できるポリリン酸を含み,虫歯予防に期待出来る高濃度のフッ素も,含まれています。

発泡量が少し多めなので泡立ちが良く,不快に感じるほどでは有りませんが,ミントの清涼感が強い歯磨き粉です。

④サンギ  アパガード プレミオ100g(医薬部外品)

アパガード プレミオ 100g 歯磨き粉 APAGARD サンギ SANGI 送料無料 【SK07692】

価格:1,627円
(2020/4/17 10:41時点)
感想(41件)


サンギ社の独自成分「薬用ハイドロキシアパタイト」含有の歯磨き粉です。

ハイドロキシアパタイトは,歯垢除去や歯に表面の目に見えない微小な傷を埋め,歯を健康に保ちます。

また,歯の白さを引き出す効果・虫歯予防効果が期待できます。

適度な発泡量で,甘味のあるミント香味清涼感少なめの歯磨き粉です。

 

⑤小林製薬  美白スミガキ

【メール便で送料無料 ※定形外発送の場合あり】【医薬部外品】小林製薬株式会社美白スミガキ フローラルティーミント(90g)<スミガキから美白タイプが新発売!>

価格:845円
(2020/4/17 10:43時点)
感想(0件)


清掃剤のシリカの効果で,歯の表面の汚れを除去する働きが有り,高評価を受けています。

ほんのりとフローラルの甘味が有るミント香味ですが,辛味はしっかりと感じる歯磨き粉です。

「炭」「シリカ」の顆粒が含まれていることで,着色汚れ除去に効果が有りますが,顆粒のためブラッシング時につぶつぶ感が気になり,苦手な方は避けるべきかもしれません。

 

歯の黄ばみを除去するには・・・

①ホワイトニング用歯磨き粉を使う

引用:google

歯に 汚れが付着してしまった場合,ホワイトニング効果が有る歯磨き粉で歯磨きをして,直接汚れを除去することが効果的です。

しかし,酸性度の高い飲み物・食事を摂った直後に歯磨きをすると,歯のエナメル質を傷つけてしまうので,食後30分程度の時間を空けてからが無難です。

ホワイトニング用歯磨き粉には,着色汚れ除去のための薬用成分が含まれているので,ホワイトニング効果は高く,多くは研磨剤無配合のため,歯を傷つけることが少なくなっています。

②PMTCで汚れを除去

PMTCとは,プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略です。

歯科医による施術方法の一つで,専門機器を使って口内を綿密に清掃します。

市販されているホワイトニング歯磨き粉では,到底落ちきらない着色汚れを,隅々まで除去できるので,本来の白さが取り戻せます。

いつものホワイトニング用歯磨き粉でブラッシングに加え,数ヶ月に一度の頻度で定期的にPMTCを受診することで,自然で白い歯をキープできます。

飲食による軽度の着色汚れであれば,この方法がオススメです。

 

③ジェットクリーニング

引用:google

ジェットクリーニングとは,水と空気に微粒子パウダーを混入して噴射して汚れを除去する 方法です。

PMTCでも落としきれない,頑固な汚れも除去できます。

広範囲に噴射が可能なことから,汚れの除去がしにくい歯の裏側も綺麗にできます。

タバコのヤニなどの着色汚れなど,気になる人はこちらの方法がオススメです。

定期的に受診することで,喫煙習慣が合っても白い歯をキープできます。

この機器導入の歯科医は,全国的にまだまだ少なく,受診する場合は事前の確認が必要です。

 

④歯の消しゴム

【ネコポス便対応品】歯の消しゴム トゥースティック 交換カートリッジ付

価格:374円
(2020/4/17 10:47時点)
感想(17件)


コンビニ・ドラッグストアなどで入手でき,手軽に黄ばみを 落とせるので便利です。

ペンシルタイプの歯の消しゴムで,シリコンゴムに研磨剤が配合されていて,気になる歯の汚れだけを,自分の眼で見ながら除去ができます。

使い勝手も良く,約500円という点も重宝します。

しかし,間違った使い方をすると,歯のエナメル質や歯茎を傷つけてしまう場合が有るので,注意が必要です。

即効性が有り,人に会うときや写真撮影など,緊急の場合でも,直ぐに対処ができて便利です。

 

⑤オフィスホワイトニング

ホワイトニングとは,過酸化水素水(漂白効果)を使って,着色物質のステインを分解して白くする施術のことです。

ヤニ汚れで,黄ばんだりくすんでしまった歯でも,白い歯にできます。

1回の施術時間も約1時間前後と比較的短時間で済み,歯の白さが自由に選べ調節できるのは,大きなメリットです。

料金は,使用する薬剤や歯科医によって違ってきますが,1回約15000円くらいからです。

費用はかかりますが,着色汚れを除去して綺麗にする効果も高く,

「汚れが強い・・・」

「すぐに白い歯にしたい・・・」

という場合には,オススメです。

 

⑥研磨剤・・・

歯の着色除去には,研磨剤は効果的です。

しかし,使用頻度によって歯・歯茎を傷つける場合が有ります。

日常的に使用する歯磨き粉には,出来る限り研磨剤の少ない歯磨き粉がオススメです。

汚れが気になった場合限定で,研磨剤配合の歯磨き粉を一時的に使用する,といった方法が望まれます。

また研磨剤よりさらに粒子が細かい,「ハイドロキシアパタイト」配合の歯磨き粉も,販売されています。

口臭・歯周病予防には,殺菌成分配合の歯磨き粉が,販売されています。

 口臭原因菌に有効なのは,「LSS=ラウリルイルサルコシンナトリウム」,

歯周病に効果的な殺菌成分は,「IPMP= イソプロピルメチルフェノール」「CPC=塩化セチルピリジニウム」

などが有ります。

 

⑦重曹・・・

重曹を適量歯ブラシに付けてブラッシング・・・

これだけの簡単な方法で,歯の黄ばみ・汚れ除去に効果が得られますが,必ず「食用の重曹」を使う必要が有ります。

工業用重曹は,食用には適していません。

食用の重曹小さじ一杯を,約200ccの水で完全に溶かしてから,口に含んで濯ぐだけでも,口内の酸度が低下して,歯の黄ばみなど汚れが除去しやすくなります。

「汚れを除去したい・・・」という気持ちは理解できますが,強い力で長時間磨きすぎると,重曹の粒子が歯のエナメル質を削って凹凸を作ってしまうので,汚れが付着しやすくなり逆効果です。

適度な力で,10分程度丁寧に磨くことが大切です。

重曹を使った歯磨きの後は,歯が痛みやすくなっている場合が有り,フッ素などでコーティングすると安心です。

重曹はアルカリ性で,虫歯のように酸を出さないため,歯を溶かすこともなく,水に溶かしてうがいをすることで,口臭予防が期待できます。

 

歯の黄ばみ デメリット・・・

引用:google

人と接する場合,「歯の白さ・・・」って結構インパクトが大きいですよね。

特に初対面では,第一印象として重要です。

 

『歯が黄ばんでも, 噛めれば問題ない・・・』

『歯磨きしてるから清潔・・・』

『虫歯ってわけじゃないし・・・』

 

ちょっと違いますよね。

黄ばみはマウストラブルの入り口で,放置することで,どんどん悪影響を引き起こします。

①不潔な印象

白い歯と比較すると,黄色い歯は不潔な印象が有ります。

自分で歯,歯磨きをして綺麗にしているつもりでも

「歯が汚れている・・・」

「歯磨きしてなさそう・・・」

などと,思われてしまいます。

②プラークが溜まりやすく・・・

毎日の生活で様々な食物・飲料・嗜好品を摂取することが原因となって,歯は着色し汚れます。

歯は着色すると,表面に凹凸ができてプラークが溜まりやすくなります。

プラークとは,歯垢のことで,口内細菌が食べカスなどを餌にして,産生するネバネバした物質です。

③口臭の原因

プラークは口臭の原因となります。

黄ばみの原因が,コーヒー・タバコであれば,口臭はさらに悪化します。

 

周囲の人が,口元を塞いだり,変に距離を取ったりしていませんか?

 

ホワイトニング・・・

オフィスホワイトニング

クリニックなどを受診して,行うホワイトニングです。

ホワイトニング剤を歯に塗布し,そこにライトを照射して黄ばみを除去します。

・費用:1回の治療,約30000円~50000円

・期間:週2~3回,本人が希望する「白さ」になるまで

・時間:1回の施術で約20分~1時間程度

 

ホームホワイトニング

クリニック処方の薬剤を使用して,自宅で行うホワイトニングです。

個々の歯型を取ってマウスピースを制作し,それにホワイトニングジェルを塗布して,1日数時間装着します。

・費用:約10000円~50000円

・期間:1~2週間ごとに行う

・時間:1回の施術で,約1~2時間程度

 

ホワイトニングの費用が高額な理由は,自由診療のため保険適用外となるからです。

そのため,「終わってみれば,10万円も必要だった・・・」という場合も有ります。

しかし,これだけ費用をかけても,永久に白い歯が続くわけでは有りません。

残念ながら,歯の着色汚れは,日々蓄積されます。

早い人では,1年ほどで元に戻ってしまうことも有るようです。

引用:google

 

まとめ・・・

日頃から,歯磨きをしっかり行っていても,歯の黄ばみは,どうしても不潔な印象を与えがちです。

人の歯は,本来は象牙質のため淡い黄色で,真っ白というわけでは有りませんが,「白い歯」はやはり印象も良くて,初対面ならさらにポイントも高いですよね。

黄ばみ予防のためには,日頃から歯を黄ばませる飲み物や食べ物などの摂取に気をつけて,ホワイトニング効果が期待できる成分を配合した歯磨き粉で,ブラッシングする必要が有ります。

家庭用の重曹も,効果が有ります。

タバコによるヤニ汚れなど汚れの強い場合は,ブラッシングなどで除去するというのは難しく,クリニックなどで受診できるホワイトニング治療が効果的です。

短期間で,見違えるほどの効果が期待できますが,まだまだ保険適用外の治療というこで,高額となるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク