「眼」って疲れてません?それって「眼精疲労」?原因は?

SNSフォローボタン

フォローする

「眼精疲労」は「疲れ眼」ではない!

判りやすく言うと、一晩ぐっすり眠って回復するものが「疲れ眼」で、改善されないのが「眼精疲労」と区別されます。

眼精疲労は、長時間のPC作業やスマホ、タブレット、また読書やTV鑑賞など眼を酷使ることで、眼痛、かすみ、充血といった眼の症状や、頭痛、肩こり、吐き気などの全身症状が出て、休息や睡眠では回復しない狀態をいいます。

眼に問題がある場合もありますが、原因の多くはメガネの度が合ってなかった初期の老であったりして、眼に過剰なストレスがかかり発症したものです。

最近は、長時間PCで作業をすることが多く、さらに拍車がかかっています。その他、疾患によるもの、心因性のもの、環境によるものなど、原因は多種多様です。

以前に比べ夜型人間が増えたことも、本来は眼の休息のための睡眠時間が大幅に削られている一因です。

「眼精疲労」の原因

眼精疲労の主な原因と考えられる要因は次の5項目です。

生活習慣からくるもので、仕事でのデスクワーク、PC、スマホ、タブレット使用による長時間の 眼の酷使、これが原因でさらに ドライアイということも考えられます。

②コンタクトレンズやメガネが自分の視力に合ってない場合は、眼に余計な負担や緊張を与え続けます。コンタクトレンズは、汚れや眼の擦りすぎで乱視になることもあります。

③加齢などが原因で近視、遠視、乱視、老眼など、ピントが合わない狀態で見るために酷使していることで、姿勢も悪くなってしまいます。

④仕事や人間関係等によって蓄積されるストレスが要因となり、血行不良、自律神経の乱れから起こる精神的ストレスが原因とされます。

体の免疫力が低下している時、眼とは関係ない歯や耳などの疾患から眼精疲労になる場合があります。

「眼精疲労」の予防

眼精疲労を予防する方法として、まずは休むことですが、

まばたきをしましょう。まばたきが眼のストレッチになりドライアイの改善につながります。親指を目の前に近付けてピントが合うギリギリの距離まで近づけて、それを見ながら目を強くつぶり、パッと開くということを10回程度繰り返すと効果的です。

ガムを噛むと、血流が良くなるので眼が和らぎます。虫歯予防のためにュガーレスタイプがオススメです。

蒸しタオルを眼に当てると、血流が良くなり疲れがとれます。PCなどの作業が、終てからの夜が効果的です。

④PCの画面は40~50cmくらい眼から離しましょう。画面に外の景色や光が写ったり明るすぎても眼が疲れます。

眼のツボを押します。

簡単なドライアイのセルフチェック法は、まばたきを10秒間我慢できるかどうかが1つの目安です。10秒間まばたきが我慢できないという人は、ドライアイの可能性があります。

目の周りの筋肉を、親指ないし人差し指の先でまぶたの上から優しく押し込み、小さく丸を描きながら目の内側から外側へと、移動していくようにマッサージします。

目の上側をマッサージしたら、次は目の下側同じように行います。40℃前後のやや熱めのおしぼを用意して、両目の上から1分ほど覆います。

先程のマッサージと併用することで効果もあがります。日頃から眼を休めることを心がけ、眼を温めたり眼の周辺の筋肉を動かします。またツボを押すなど眼の血行良くし “外側からのケア” とともに、肝に栄養を与えるべ物や症状に合った漢方薬どを使って <内側からの働きかけ> の合わせ技で、目の健康を取り戻しましょう。

PC、スマホやタブレットなどを使用する時は定期的に眼を休め、眼薬を使用することが有効です。

睡眠は十分に取りできれば昼休みも取りましょう。眼精疲労が原因で体にストレスが蓄積し自律神経のバランスが乱れ、眼の痛みや重み寒気など他の症状も引き起こします。

まとめ

眼は脳の近くにあって情報を脳に送り込む重要な器官です。

脳は情報を解析するために、視覚に80%以上頼っていて、眼精疲労が慢性すると脳の負担が急増します。

また疲れ眼や眼精疲労を引き起こすのは活性酸素といわれています。活性酸素は細胞をどんどん酸化させ、シワやシミを作り出します。活性酸素を発生させる原因となるのが、日々浴びている紫外線やPCやスマホからせられるブルーライトです。

紫外線の場合は、眼の水晶体がブロックしてくれるのですが、ブルーライトは残念ながらこれを通り抜けてしまうんです。通り抜けたブルーライトも網膜の中にある黄斑色素が必死に食い止めようとしてくれるんですが、さらに残念なことに、黄斑色素は加齢とともに減ってしまいます。

ブルーライトをカットするメガネをかけたり、黄斑色素の減少を抑える「ルテイン」という成分を優先的に摂取することで予防しましょう。

「ルテイン」は、ケールやキャベツなどの緑黄色野菜に含まれるので、食事で摂取できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク