1週間に1度の断食で身体を再起動!! 疲労回復で効率UP⇑

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

<週1断食> とは・・・

「週1断食」というダイエット方法が有ります。

1週間に1度だけ1日1食に制限する「24時間断食」で,自宅で誰でも簡単に気楽に実践できる断食方法です。

断食中は固形物の摂取を止めて,水・野菜ジュースなど水分のみ摂取することで過ごします。

週1断食を4週行うことで,3日間の本格的断食とほとんど同様な効果が得られます。

4週続けることが難しくても,24時間断食を1回行うことで内蔵を休ませることができます。

それだけでも,心身に大きな効果が得られます。

 

<週1断食> の方法・・・

東洋医学においては,朝4時から昼12時の時間帯は,「排泄の時間」と考えられています。

そのため午前中を空腹状態で過ごすことによって,体外への老廃物排出が促進されるので,

「夕食・朝食を摂らずに昼食を摂る・・・」のが理想的な断食です。

しかし,人にはそれぞれ異なったライフスタイルが存在し,無理な場合も考えられ,一概には無理です。

週1断食とは,「1週間に1回,24時間身体に食べ物を入れない」ということです。

たとえば,断食前日の19時に夕食を摂ったら,断食当日の朝食・昼食は摂らずに19時までは何も摂らないようにします。

朝食を摂って,昼食・夕食を摂らないというのも全然OKです。

結果的に,食事と食事の間を24時間空ければOKです。

1日断食当日は,固形物を一切摂らない状況が続きますが,水分は必要で1日1.5L~2.0Lは飲むようにしましょう。

空腹感を紛らす効果もあります。

断食は,「毎週何曜日にする・・・」と厳密に決める必要は全くなくて,個々の体調や生活状況を考慮して行えば充分です。

また断食前日の夕食は,「控えめ,または食べない・・・」としたほうが,断食当日は比較的スムーズにスタートできます。

 <週1断食で万病が治る> ・・・

週1断食で万病が治る【電子書籍】[ 三浦直樹 ]

価格:1,324円
(2020/6/16 17:05時点)
感想(0件)

週1断食で万病が治る/三浦直樹著

この本の著者である三浦さんは,

「薬に頼らず自然治癒力を引き出す総合治療」

を実践されている現役の医師です。

さらに2007年には,臨済宗の僧・野口法藏氏のもとで「座禅断食」を学び,その経験を踏まえて断食指導も実践されています。

本書では,その経験に基づいて「週1断食」の方法が紹介されています。

 

「動物性食品を止めて,一口につき50回噛む」・・・

これだけで食事の量はかなり減少し,それに伴って体重も半年で約15kg,10ヶ月後にはさらに約5kg 減少します。

動物性食品を摂らないため性格は穏やかになり,美肌効果も期待できます。

さらに思考もクリアになり,血行状態も良好です。

関連記事:「空腹睡眠」でダイエット? そのメリット・デメリット,吉野式ダイエット?,7ルール?・・・

引用:google 

<週1断食で痩せた> ・・・

断食を実践することで,食物による摂取カロリーが激減するため,身体は一時的に飢餓状態に陥り,不足するエネルギーを補うために体脂肪を燃やします。

これによって,今まで体内に溜め込まれていた脂肪が分解され,ダイエット効果が期待できます。

関連記事:空腹のもたらす効果とメリット・デメリット、8時間食事術とは?・・・

 

<週1断食で健康に> ・・・

人間の胃・腸などの消化器官は,食事をする度に休みなく働き続けています。

そのため,徐々に疲労が溜まり働きが低下してしまいます。

一時的であっても断食を実践することで,胃・腸などの消化器官を休ませることができます。

休憩を与えることで内蔵本来の働きを取り戻し,新陳代謝が活発化して便秘も改善されます。

 

<週1断食中の飲み物>・・・

断食中は食事を制限するため,食事によって得られるはずの水分も不足します。

水分は,1日1.5L~2.0L必要です。

断食中は,いつ飲んでもOKです。

ゼロカロリー,ノンカフェインで軟水・硬水は問いませんが,水道水の場合は,家庭用浄水器を通したほうが賢明です。

摂りすぎは身体を冷やし,一気飲みも胃腸を冷やすので避けたいところです。

水分を摂るときは,「良く噛んで飲む・・・」ようにすると,体の冷えを防ぎ,空腹感が抑えられます。

「水では我慢できない(?)・・・」

そんな場合は,野菜ジュース・酵素ドリンク・スムージーなどもOKです。

 

野菜ジュース

栄養価の高い野菜ジュースがオススメです。

果物より野菜が多く含まれるものを選び,ビタミン・ミネラルをしっかり摂取しましょう。

1回につき200ml~300mlが目安です。

 

酵素ドリンク

酵素ドリンクには,食物繊維・ビタミンなど豊富な栄養素が凝縮されて配合されているため,断食中であってもしっかりと栄養補給ができます。

添加物含有量が多い酵素ドリンクを飲用すると,その添加物を消化するために大量の体内酵素が必要となってしまい,貴重なプチ断食によるデトックス効果を最大限に得ることができず,逆効果となり要注意です。

酵素ドリンクを選ぶ際は,添加物含有量チェックがポイントです。

 

スムージー

スムージーの中でも,グリーンスムージーがオススメです。

グリーンスムージーとは,ほうれん草・小松菜など葉物野菜をメインに水・フルーツなどをミキサーなどで混ぜ合わせたものです。

スムージーは,豊富な食物繊維を含み排便をサポートして満足感を得やすいので,空腹感を紛らわせてくれます。

関連記事:「腸の老化」を防止し、「腸内環境」を整えるために必要な9種類の食材・栄養素と3種類の飲料・・・

引用:google

<週1断食のメリット>・・・

①体内環境リセット

食事をするたびに内蔵などの消化器官は,その消化のために相当なエネルギーを使って働き続けます。

一時的に食事を断つことで,働き続ける内臓を休ませることができ,それによって体内の毒素排出が促進されて,身体本来の機能を取り戻します。

 

②ダイエット効果

食事が制限されるため,体重は確実に減少します。

食事をしないことで,その消化のために胃・腸など消化器官に必要とされていたエネルギーが,体内細胞の修復・再生に使われます。

その結果,代謝がより活発化しカロリーが効率的に消費され,ダイエット効果が期待できます。

 

③便秘解消

断食によって胃・腸を休ませることで,本来の機能が復活し正常化するため,便秘症状も改善されます。

宿便が排出され,翌日からの便通は目に見えて良くなります。

 

④美肌効果

断食の効果で胃・腸の機能が復活し,毒素・老廃物が排出されるので,デトックス効果が期待できます。

 

⑤集中力向上

空腹状態のため,味覚・視覚・聴覚が研ぎ澄まされて集中力が向上します。

起床時の目覚めが良くなり,身体が軽くなるのでフットワークも機敏ですが,空腹状態なので,寝付きは多少悪くなりがちです。

 

⑥感覚の変化

空腹状態なので満腹感を感じやすくなります。

「濃い味より薄味・・・」

「添加物の有無・・・」

など,感覚が変化します。

 

<週1断食のデメリット>・・・

①筋肉低下

断食によって 食事が制限されるため,摂取カロリーが減少し,筋肉をつくる栄養素が不足します。

 

②気分が不安定

三大欲求の中の食欲が制限されるため,ストレス・イライラ感を覚える人もいます。

 

③疲労

業種によっては,エネリギー不足となり支障が出る場合も考えられます。

 

④身体の冷え

人の体温は,朝3時~6時の時間帯が最低になることが判っています。

そのため,起床時は低体温状態です。

低体温は,食事を摂ることで解消されますが,断食のため食事を摂らないので,身体の冷えを感じる可能性があります。

 

⑤食後高血糖

断食終了直後の食事は,血糖値が急激に上昇します。

そのため,ドカ食いの原因となったり,糖尿病を引き起こす場合も考えられ,要注意です。

 

<週1断食からの回復食>・・・

前日から24時間,内臓が休んでいる状態から通常の食事に戻すまでの回復食は,重要です。

回復食としては,胃・腸に優しいメニューから通常の食事に戻す必要があります。

オススメの食材としては,豆類・野菜・海藻・ごま・キノコ類・イモ類などです。

肉・魚・卵・乳製品・刺激物は避けたい食材です。

特に,いきなり油分たっぷりの食材は,リバウンドします。

 

<まとめ>・・・

1食の消化時間に8時間必要と考えると,1日3食でそれだけで消化器官は24時間フル稼働状態となります。

1日3食となると,その状態が毎日繰り返されるわけです。

そういう観点からも,休息は必要です。

いきなりの長期の断食は流石に厳しいですが,1日24時間限定と割り切って取り組めば,成功する確率は高いと思います。

固形物は我慢ですが,身体を冷やさない程度の水分補給は全く問題無く,一度トライされてみてはどうでしょうか?

少し頑張って,24時間断食をすることで,身体を再起動。

内側からリフレッシュできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク