「痛風」の原因・症状・注意する食物

SNSフォローボタン

フォローする

「痛風」って?

痛風足指の関節痛(急性関節痛)で酷くなると激痛に変身します。

片方の足の親指付近の関節が赤く腫れて、痛みは普通3日は続き、10日くらいで収まりす。痛みの強さは個人差があり、違和感程度の人から激痛でとても歩けない人まで 様々です。痛風による激痛は痛風発作といわれます。

「痛風」の症状

痛風は、日本では明治以降1960年代に入ってから、食生活が欧米化した結果と言われています。痛風の関節炎は70%は足の親指に起こり、他の場所にも痛みがでる場合がありますが、下半身以外はほとんどです。関節以外では起こりません。

痛風患者は60~70万人くらいと言われていますが、痛風予備軍の人は600~650万人もいると言われ、98%が男性、40~50歳代

に多い傾向にあります。しかし、最近では20代後半の人もいるようです。

痛風を発症するかどうかは尿酸値でわかりますが、病院関係者でない限り数値は判らないので、まず無理です。

基準として尿酸値が7.0mg/dl以上になった とき症状がでますが、個人差があり10.0mg/dl以上でも症状のない人もいます。女性はもともと尿酸値が低いで痛風はほぼ男性です。

痛風発作は放置すると、半年から1年くらいで再発し、当初の場所以外でも起き発作と発作の間隔も徐々に短くなってきます。

痛風発作の前触れとしては、ピリピリしたりジーンとうずく感じがあり、患部が少し腫れような狀態になります。

「痛風」の起きる原因

激しい運動などで大量の汗をかいた後で、たくさんのアルコールを摂取したり、仕事が忙しくて精神的ストレスが溜まっていたりという場合は、発症やすいです。

痛風発作を起こす尿酸が溜まりやすい場所は、普段から負担がかかる事が多く、よく動かす部位比較的温度が低くて、タンパク質が少なく酸性度が高い部位です。

この条件に合致する関節は、足の親指の関節、足首、かかと、くるぶしなど足の関節す。下半身にでる痛風発作は、足首膝の関節が腫れます。

痛風初期は、足の親指付近の関節に腫れ痛みがありがあります。


痛みとしては激痛の場合も違和感程度の場合もあります。だいたい10日ほど痛みは鎮静します。

痛風中期関節炎が慢性化し発作の間隔が短くなり複数箇所で痛む様になりす。痛風末期は、関節以外の場所尿酸結晶のコブが形成され尿路結石、血尿などで腎不が起きます。

動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞も高い比率で起きる可能性があります。

痛風発作で初期の段階を 過ぎると、痛風結石ができます。

痛風結石は、体内に蓄積された尿酸結晶の塊で、関節以外の筋肉皮下などにできる、またはしこりことです。痛風結石がではじめると、腎臓どにも障害があります。

「痛風」の予防

痛風患者の多くは肥満傾向にあり、ストレスが多くアルコールの摂取も多いです。尿酸はアルカリ性~中性に溶ける性質があるので、アルカリ性食品を毎日100mg以上目安に、摂取して尿がアルカリ性を保つようにしましょう。

主なアルカリ性食品は

 ①海藻類・・わかめ、ひじき、昆布など

 ②野菜類・・ほうれん草、ごぼう、人参、キャベツ、アスパラなど

 ③イモ類・・里芋、さつまいも、じゃがいもなど

 ④果物類・・メロン、バナナ、グレープフルーツなど   です

まとめ

日頃から、プリン体を含む食物(カツオ、マグロ、イワシ、明太子、牡蠣、ウニ昆布やしいたけの乾物類など)の摂取をなるべく控えましょう。

プリン体は、水溶性で溶けやすい性質があり、煮干し,かつお節を使っただし汁や豚骨、鶏ガラを使ったラーメンやスープなどにも含まれるので注意が必要です

アルカリ性食品は、100mg以上積極的に摂り塩分は10g以下に抑えましょう。尿酸は水に溶けやすい性質があるので水分は積極的に尿と一緒に排泄しましょう。水は1日2L以上が目安です。

アルコールは尿酸の排出を妨げるので尿酸値が高くなります。

激しい運動は避け、軽いジョギングやウォーキングゆっくりした水泳など有酸素運動をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク