「不労所得」で【お金を生み出す仕組み作り】を始めませんか?

SNSフォローボタン

フォローする

引用:google

【不労所得】とは,

読んで字のごとく,「自分自身が労働すること無く得られる所得」のことです。

労働時間が少なくても,心配無用で十分な生活が可能な収入が得られれば,間違いなく生活も充実します。

【労働に束縛される時間よりも,家族・友人・恋人と過ごす時間を増やしたい・・・】

のは理想ですが,生きるためにはお金が必要で,現実は厳しいのが事実です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不労所得

引用:google

会社員などで働いて得た所得は「勤労所得」,働かずに得た所得は「不労所得」と言います。

具体的には,

  • 配当金(株式)
  • 利子(預貯金)
  • 家賃(アパート・マンション)
  • 地代(不動産)

などが「不労所得」となります。

「不労所得」と言っても,全く働かずに収入が得られるわけではなく,

【自分が手を動かさなくても「お金を生み出す仕組み作り】

必要となります。

実際に収入が得られるまでは,知識の習得・ノウハウなどに多くの時間労力を要し,収入が得られてからも仕組みの継続性を維持管理するなどが,重要となってきます。

「不労所得」の構築

引用:google

【收入=汗水流して働いた分の対価】

                  ⇩

【小さな労働で大きな利益を安定的に量産する仕組みの構築】

思考をシフトすることから,「不労所得を得る道」は始まります。

たとえ小さな収益であっても,それを長期間継続して積み上げていくことを,まず考えるべきです。

例えば,1度目の投資で得られた利益を,2度目以降の投資の元本にして利益を増やしていく【複利】と考え,これを継続することで利幅を大きく膨らませる事が可能です。

本業をしながら副業として不労所得が得られ,何より金銭的に余裕が生まれます。

収入源を不労所得1本化では無くて,【本業(メイン)と不労所得(サブ)の2本立て】所得構成をすることが大切です。

そうすることで,最悪の場合本業ができなくなった場合のリスクヘッジとして,考えることができます。

【不労所得】だけで生活費を捻出するのは決して簡単では無く,その領域に達するまでには一定の労力が必要となります。

例えば,不動産投資に関しては,最初に元手となる「資金」が必要となります。

不動産投資は大きな資金が必要で,用意するまでに時間もかかります。

さらに,お金や法律に関する様々な知識と正しい金銭感覚も必要で,お金の使い方や収支のバランスなど高次元の知識を持ち合わせていなければ,運用に行き詰まってしまいます。

オススメの「不労所得」の種類

アフィリエイト・ブログ

引用:google

Webサイトを作成・運営するアフィリエイターとして,広告收入を得る方法です。

自分のサイト内に,Googleアドセンス・ASPなどの広告主のバナー広告を設置して,その広告がクリックされて商品購入されたり,サイトが稼働し続けて読者が利用することで,24時間収益が発生します。

Google SEO上位が取れて人々に認知されるまで,サイト運営を開始して最短で3~6ヶ月,場合によっては1年程度かかります。

[ 収入例:月10万円 ]

  相場:1クリック30円

  30円✖3333クリック≒10万円

単純計算ですが,月間3333人のネットユーザーの訪問が必要です。



メリット

  • 初期費用を抑えられる
  • 登録無料のブログサービスなどが充実しているため,準備資金は殆ど必要が無い
  • PCがあれば作業可能
  • 時間・場所を問わず,作業を積み重ねて收入が得られる
  • 文章が書ければ始められるため,趣味・副業としても始めやすい
  • サイトに利用者が訪問することで,収益が発生し続ける
  • アクセスが増加すれば,不労所得も比例して増加する
  • 過去に公開済みのコンテンツであっても,読者のニーズに合致すれば継続的にアクセスが有るため稼ぎ続けられる
  • SNSと連動することで,効果的なアクセス増加が期待できる

デメリット

  • Google検索で上位獲得が必要となる
  • SEOが必要

*SEO(Search engine optimization)検索結果で自分のサイトを多く露出させるための対策

  • Googleは検索エンジンに独自のアルゴリズムを持つため,その変動によって検索の際にサイトの順位が上下し流入に影響するため,検索結果の上位維持の努力が必要となる

*アルゴリズム:情報の正確性・サイトの人気度・影響力の強さなどを測定するとされ詳細は不明

  • 高順位で検索・反映されるまで,時間がかかる
  • ユーザーに認知されるためには一定の時間を要するため,地道な作業継続が必要となる
  • アクセス数を獲得して収入を得るまで一定の時間を要するため,短期間で所得を得ることは厳しい
  • 初期費用が殆ど不要なため,その分諦めやすい
  • 文章で広告に誘導できなければ,收入につながらない
  • アクセス数獲得のため,良質のコンテンツが求められる
  • 広告サイト依存のため,広告打ち切りによって收入が途絶える場合が有る

株式投資

引用:google

株式投資とは,証券取引所で上場されている株を売買することで,「配当金(インカムゲイン)」や「売却金(キャピタルゲイン)」を得ることを目的とする投資法です。

株は企業が発行する「株式」に投資して購入しますが,銘柄は4000以上も有ります。

その中から,有望と思われる企業の株式を購入して「株主」となり,株式購入時の金額と現在の金額のが,「配当金」「株主優待」となるわけです。

「配当金」は,株式を一定期間保有することによって得られますが,その金額は企業によって異なります。

「配当利回り」は,株価に対する「年間配当金割合」のことで,その利子は預貯金より高いのが特徴ですが,企業業績悪化などの理由によって「減配(配当金減少)」「無配(配当金無し)」などのリスクを伴うため注意が必要です。

例えば,

株価1000円の株式を1000株保有し配当利回りが2%の場合,

1000円✖2%✖1000株20000円の配当金額となります。

株価1000円の株式を1000株購入し,株価が1200円に高騰した時点で全株売却すれば,

(1200円-1000円)✖1000株200000円の売却益が得られます。

株式の売買では手数料・税金は差し引かれますが,正しいタイミングで売買することで,十分な利益を得ることができます。

投資額を増大し通貨や株式の価値が上がると,利益は大幅に伸ばせますが,企業の売上悪化・倒産・不祥事などで株式を売却する人が増加すると,たちまち価値が下がり損失となる可能性が大きくなります。

株式投資「ギャンブル的要素」も有りますが,利益を上げ続けるためには,

①株式市場・世界情勢について,常に勉強する

②高配当利回りの銘柄を見極める

③1つの銘柄に投資ではなく分散投資でリスク回避する

などが重要です。

[ 収入例:月10万円 ]

 配当利回り平均1.83%(2016/10東証一部上場企業)

配当年1回:元本546万円✖1.83%✖1回≒10万円

配当年2回:元本273万円✖1.83%✖2回≒10万円

メリット

  • 購入金額以上の支出が不要で,長期保有がしやすい
  • 安定した不労所得により,安定した配当金收入が得られる
  • 投資することで働かず収入が得られる
  • 投資金額次第では,短期間で大きな利益を生む可能性が有る
  • 経済に動向に左右されず,財産が増やせる

*経済がインフレ状況になると,物価は上昇通貨価値は額面通りで変化はないため,インフレ時の現金保有は財産減少となります。その一方で,株式は物価上昇と連動して価格が上昇する傾向に有るため,利益が得られます。株価は1日ごとに変動しタイミングに左右されるため,常に安定した收入をもたらすとは限りませんが,企業が安定した業績を残し続ける限り,安定した不労所得が得られます。

デメリット

  • 様々な指標から会社経営を見る必要が有り,初心者にはハードルが高い
  • 企業状態・世界情勢など,個人では到底コントロール不可の事態が,損失につながる
  • 投資額が増大することで,損害時の金額も増大する
  • 投資企業の選択は,大変重要で注意が必要

「一企業に投資する」わけですから,企業業績の悪化・倒産・上場廃止など,事態が悪化した場合のリスクはもろに受けます。

その状況で株式売却を希望しても,希望価格で購入してくれる買い手が見つからない場合が考えられ,売却ができない場合は株価下落が進行して財産が減ることになります。

さらに,毎年の企業業績の増減幅が大きいなど業績悪化が著しい状況下では,倒産・上場廃止などのリスクを伴うため,「配当金が出ない」などの事態となり,最悪の場合は不労所得どころか一切の收入が無くなります。

そのような事態に備えるため,企業の業務内容・収支の現状・役員データーなどの分析は必須で,倒産となった場合の対応として,本業での資金安定・貯金などリスクマネージメントも必要となります。

利益追求のためには,常に市場や値動きなどに注目し,追い続けることが重要です。

FX

引用:google

通貨に対して「投資」する方法です。

日本円を外国通貨に交換し,海外通貨の価値が上昇した時点で日本円に交換することで,その差額が収益となります。

手数料・税金は除外の場合,例えば米$を1$=100円の時に100$分購入し,1$=110円の時に全額売却すると1000円の利益が出るわけです。

さらに「レバレッジ」という機能を利用することで,[ 購入金=証拠金 ] 以上の大きな取引が行なうことが可能です。

レバレッジ10倍であれば,1万円の証拠金で10万円分の取引可能となり,利益もより大きくなります。

FXは,DMM・SBI・外為どっとコムなどのFX会社に口座開設をすることで,簡単に取引開始となり少額から資産運用ができます。

効率的に利益を得るためには,ある程度の勉強は必要となりますが,専門的知識や特別な才能は特に必要有りません。

【PC画面に張り付いて,為替レートの変動状況を観察しながら・・・】

という画面を想像しがちで,初心者にはレベルが高く容易では有りません。

しかし,「システムトレード」を利用することで簡単に取引ができます。

システムトレードとは「自動売買」と呼ばれるもので,設定されたルールで機械的・継続的に行う取引で,プログラムが相場をチェックして必要に応じて自動的に注文を出し,人間のように感情に左右されることもなく,設定されたルールで確実に注文執行をしてくれます。

海外では,有効な投資スタイルとして幅広く利用され,日本でも一流のトレーダーが使っています。

初心者が【いきなり多額に資金を投入して失敗・・・】

となると,投資を継続できなくなってしまうため,最初はローリスク・ローリターンでの運用が必要です。

そのような事態を回避するためのポイントとしては,既に不労所得を得ているFX経験者の取引方法などの事例を参考にしながら,スタートは少額・低レバレッジで始めて,慣れながら徐々にリスク回避を取れるようにすることです。


メリット

  • 少ない資金で大きな利益が得られるチャンスが有る
  • ドル・ユーロなど複数の通貨を組み合わせることで,リスクヘッジは可能

デメリット

  • 経験豊富なトレーダーでも,継続的な利益捻出は難しい
  • 大きなリターンが望めるが,その分リスクも大きい
  • 急激な為替変動により「損失」となる場合が有るため,「破産」となるケースも起きる

動画配信

引用:google

最近注目されているのが,動画サイトのYouTubeで動画配信するYouTuberです。

動画再生中にGoogle出稿の広告表示され,ユーザーがそれを見てクリックすると利益が発生し,それが動画配信者(YouTuber)還元されます。

動画再生回数でも利益が発生し,1回再生で約0.05~1円の収益となります。

[ 収入例:月10万円 ]

  相場:1再生0.1円

  100万回再生✖0.1円=10万円


メリット

  • 自分の趣味・特技・好きなことを仕事にできる
  • 「遊び感覚で楽しめて,動画再生されることで収益が発生」というのは他にない大きな魅力で,情報発信者(インフルエンサー)として活躍の可能性も有る

*有名所では,はじめしゃちょーさん・ヒカキンさんなど,賑やかなキャラクターで人気沸騰しメディアにも多数出演されています

  • トップYouTuberとなれば,年収数千万円~数億円も可能

デメリット

  • 収益発生まで時間が必要
  • 動画の制作・撮影・編集に時間が必要
  • 動画内で「顔出し」となるため,犯罪に巻き込まれるリスクが有る
  • 動画が再生されないと,利益が発生しない

動画再生は認知されるまで時間がかかるため,その間の収益は期待できません。

動画の制作・撮影・編集の工数・機材購入費などを考えた場合,収益が発生しなければ「働く」ことと全く同じで,結果的に大きな労力・労働時間が必要となります。

動画が視聴されても広告費が安価な場合が有るため,1000回,10000回といった回数が視聴されないと,十分な収益につながりません。

素材販売

引用:google

メッセンジャーアプリ「LINE」や著作権フリーの画像サイトなどに,自作写真・スタンプなどを販売・投稿して収益を得る方法です。

画像・写真のストックサイトで有名なのは,PIXTA・Fotolia・ShutterStockなどで,個人撮影の写真やイラストが売れることで收入となりますが,個人の感性・作品のクオリティが求められ,確実に収益となる保証がない難易度高めのビジネスです。

投稿写真のサイズ毎に自由な価格設定が可能で,安価なものでは100円/枚から高額になると10000円/枚を超えるものも販売され,報酬としては,PIXTAでは販売価格の22~58%が支払われています。

初心者で10万円を超える収益は難しいですが,決してプロのようなクオリティーの高い写真が購入されるわけでは有りません。

[ 収益例 ]

  報酬:販売価格の22~58%

  販売価格500円✖22%✖909枚≒10万円

  販売価格500円✖58%✖344枚≒10万円

メリット

  • 個人の趣味・特技を活かして収益につながる
  • 趣味の延長であれば,初期導入コストも抑えられる
  • 素材が売れ続けることで,収益も発生し続ける
  • 作品を見た企業などから,オファーの可能性も有る

デメリット

  • 個人の感性で左右されるため,売れるか否かは断定できない
  • 単価が安価なので,大きな収益は難しい
  • 完全無料で素材使用ができるサイトが増えているため,有料素材のニーズが下がっている

不動産投資

引用:google

不動産投資とは,家賃収入・アパート/マンション経営・駐車場経営・資産運用などが該当し,物価の価値上昇のタイミングで売却して差額を利益とするパターンも有ります。

賃貸経営は,駅近や住民の多い地域で購入できれば,それだけで居住者が増えて利回りも良くなり,投資額の早期回収も可能となります。

入居者が集まりやすくて不動産価格の上がりやすい優良物件を見極めるためには,人脈・知識・経験などが必要となりますが,入居者が入ることで退去・滞納がない限り,毎月家賃収入が計算できるので,安定して收入を得やすい事業です。

しかし,物件の購入には数千万円~1億円以上必要な場合も有り,初期投資は大きく利回りによっては回収に10年,20年,またはそれ以上に及ぶ場合も有ります。

入居者ゼロでは利益が発生しないため,「空室リスク対処」として「サブリース契約」があります。

サブリース契約とは,不動産管理会社が大家さんから物件を一括借上げて,管理会社が入居者と賃貸契約を直接結ぶ契約形式です。

不動産管理会社に支払う手数料が発生しますが,リース料の形式で空室保証が確保できるため,空室が有ってもオーナー側の收入に変化は無いなど,手数料以上のメリットは有ります。

しかし,「入居者を選べない・・・」「管理会社が倒産したら・・・」などのデメリットも有ります。

参考記事:サブリース契約に潜むワナとは?

不動産投資で,一番の障壁【初期費用】です。

一般的には,「全額自己資金で賄う」のではなく,「一部を自己資金,残りを銀行から融資を受けて物件購入」となります。

購入者の特徴や購入物件などによっても条件は違ってきますが,原則的に物件の購入金額の30%の自己資金が必要で,仮に物件が1億円であれば3000万円の自己資金と,その他に仲介手数料などの諸費用が必要です。


メリット

  • 安定的・継続的に入る収入源
  • 購入物件が低金利であれば,条件次第で投資金額の早期回収ができ,高収入が得られる
  • 住宅金利は低額のため,金利支払いを抑えられる
  • 経営が安定すれば,年金以外の収入が得られ老後が豊かになる
  • 不動産を配偶者・子供に相続が出来るため,現金以上に相続税対策になる

デメリット

  • 空室リスク・滞納リスクなどが有る
  • 初期コストとして巨額の費用がかかる場合が多く,購入時に多額のローンを組む必要が有る
  • 物件の修繕費・定期的な清掃・備品の買換など維持費はかかり続ける
  • 収益を上げるための物件選びが重要
  • 投資金額回収には,利回りも有るが10年,20年と時間が必要

マンション経営であれば,部屋が空室でない限り毎月の家賃収入が有り,駐車場であれば,頻繁に車が利用されるなど条件を満たした立地であれば,安定的な利用料金が見込めます。

条件としては,人が住みたくなる場所(駅が近いなど・・・),人気の内装・設備(警備員・オートロックなど・・・),車を利用するニーズ(大学・商業施設など大規模施設が近くに有るなど・・・)が挙げられます。

物件管理は,管理会社に任せることで日常の作業は軽減されますが,その分の費用は必要となります。

収益が計算できる物件でなければ,維持費はかかり続けるので,「不労收入」ではなく「不労支出」になりかねません。

仮想通貨

引用:google

「インターネット上に存在するお金」暗号通貨とも呼ばれ,有名なところではビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・モナコインなどが有ります。

特定の国家の通貨に依らず,中央銀行など公的機関も介入しないお金です。

「ビットコイン」が有名で,1円と同様に1BTC(ビットコイン)という単位で,取引されます。

利用を希望する場合は,仮想通貨売買をする「取引所」でお金を支払うことで,手に入ります。

所有者同士で売買が可能で,買い手が多く売り手が少ない場合価格が上がり,逆の場合価格が下がります。

仮想通貨を購入し,一番価値が高まった時点で売れば利益が出るので,資金の問題さえクリアできれば,誰でも参入できるビジネスです。

2018/1 国内大手取引所「コインチェック」から580億円相当(当時の価格)の仮想通貨の盗難事件が発生し,セキュリティーの脆弱さが露呈しました。

仮想通貨は所持しているだけで稼げるので,不労所得としては画期的なビジネスですが,売買を管理している取引所が民間の機関で公的機関が関与していないため,未発展な部分が多く,仮想通貨の価値も日々乱高下していて安定的収入源としては,まだまだ時間がかかりそうです。

メリット

  • 取引所で仮想通貨を買えば,誰でもすぐに始められる
  • 仮想通貨があれば,価値が上がったところで売れば利益となる
  • ビットコインで支払い可能な店舗もあって,本当のお金のように使用できる

デメリット

  • セキュリティー面で問題が有り,大規模盗難事件が発生している
  • 通貨価値が不安定なため,日々乱高下となっている
  • 日本においては,税制面に於いて「仮想通貨に関する法律」が未定のため,今後の対応が予想できない
  • 個人では,通貨価値の下落や盗難事件などは防げないので,利益・損失のコントロールができない

引用:google

まとめ

本業以外に一定の収入源が確保できれば,「給与・待遇を基準に仕事を選択する」という必要がなくなり,自分の好きなことを仕事にできます。

さらに,自分で働く時間を自由にコントロールできるので,プライベートな時間も作りやすくなります。

【不労所得】によって,働かなくても自動的に收入が得られるようになると,人生の自由度は格段に上がります。

今日では,インターネット上で多種多様の「不労所得」が紹介されていますが,その種類によっては取り組み方が少し異なるだけで,労力・収入が全く違ってきます。

情報を安易に信用して行動を起こすと後悔することが十分に有り得るので,事前に調査するなどの慎重さが求められます。

「不労所得」だけで資産形成を考えるのはリスクが大きく,收入が自動的に入る「システム」構築には,それなりの時間・様々な労力・知識が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク