RIZAP,糖質制限・・・,酵素・・・など,痩せる方法は色々有りますが・・・

SNSフォローボタン

フォローする

ダイエット

引用:google

『痩せるぞ~~』と思い立った時に,
最初の一歩として,「まずは,体重を落とすことから・・・」
と考える人は多いと思います。
しかし,あまり深く考えずに
「とりあえず食事制限して・・・」と簡単に体重を落としてしまうと,
身体の脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまうので,結果的に疲れやすく代謝の低い身体になってしまいます。
健康的に痩せるためには,
「生活習慣や食生活を見直して,運動を取り入れる」
ことが,重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「RIZAP」は,何故痩せるのか?


引用:youtube

RAZAPは,多くの著名な方がダイエットに成功され,TVCMなどで放映されているので,皆さん御存知と思います。
入会するためには,無料カウンセリングを受ける必要があり,入会金50000円(税別)と各コース(シェイプアッププログラム・モデルプログラム・美脚プログラム・・・)によって料金が必要となります。

結果に満足で来ない場合は,辺金保証も有ります。
RIZAPでは,痩せる方法としての正しい食事方法と知識を学びながら,
①栄養をしっかり摂りながら食事から糖質をカットする「低糖質食事法」
②1回50分,週2回の「筋力トレーニング」
たった,それだけです。
1回50分・週2回というのは,
「超回復」と呼ばれる「筋肉を育てるために必要な時間を確保するため」 です。
ダイエット中は,
「カロリーを極力抑えた食事・・・」
と,誰もが考えがちですが,それは全くの逆効果です。
それでは,筋肉が落ちてしまって太りやすい身体になってしまうので,見た目にもゲッソリして如何にも不健康な雰囲気になってしまいます。


筋力が落ちて低下した状態では,
基礎代謝も低下するため必要なエネルギーは確実に小さくなりますが・・・,
食事をほんの少し本来の状態に戻しただけでも,エネルギーは余ってしまって過剰となるので,直ちに太る原因となってリバウンドの可能性が高まります。
身体を「太らせる原因」は,カロリーではなく「糖質」です。
筋力を維持しながら大きくするためには「筋トレ」が必要なので,RIZAPでは筋肉の活動を重視したプログラムを組んでいます。
関連記事:RIZAPカウンセリングシミュレーター

「糖質制限」というダイエット方法

引用:google

「糖質制限」は,ダイエット方法の一つとして知られています。
「糖質」とは,米・芋・果物などに多く含まれる糖を主成分とする物質です。
三大栄養素(蛋白質・炭水化物・脂質)の一つで,炭水化物から食物繊維を除いた総称です。
脳・身体を動かすエネルギー源として働く重要な栄養素で,人が生きるために必要不可欠なものです。
糖質制限とは,この糖質を制限する代わりに肉・魚・野菜などをしっかりと摂ることで,身体を動かすエネルギー源が「糖質」から「中性脂肪」に変わるため,
「脂肪が分解されて効率的に体重が落ちる」という考えに基づいたダイエット方法です。


糖質を含む食品を食べると,
消化吸収されてブドウ糖となり,腸から吸収されて血液中に入り血糖値(血液中のブドウ糖の量)が上昇します。
糖質は適切な摂取が重要で,過剰摂取は問題となります。
血糖は,身体を構成する細胞のエネルギー源ですが,血液中のブドウ糖が増加すると,血液は砂糖水のようにドロドロの状態となるため,血流が悪化して血管に負担がかかり,糖尿病・動脈硬化などのリスクが大きくなります。
しかし,「糖質」は脳の唯一のエネルギー源です。
1日120g消費されるため糖質が不足すると,集中力低下・判断力鈍化など悪影響が発生します。
そのため,最低でも120g,1日3食であれば1食につき40gが必要な目安となります。
例えば,白米御飯100g(お茶碗軽く1杯)の糖質は36.8g,6枚切り食パンの1枚当りの糖質は31.1gです。

糖質制限のメリット

①糖質に代わって脂肪がエネルギー源として使われるため,体重が減りやすい
②血液中のブドウ糖の増加がないので,血糖値の急激な上昇が抑制される
③糖尿病の予防ができる

糖質制限のデメリット

①糖質制限ダイエットの効果は,開始後1~2週間から
②糖分摂取が減るために肉類や脂分の多い食品の摂取が増える傾向に有り,コレステロール値上昇の可能性が考えられる
③コレステロールは細胞膜・ホルモン産生に必要不可欠な物質ですが,摂取過剰となると動脈硬化のリスクが高まる

「酵素」は何故痩せるのか?

引用:google

「酵素を摂れば痩せる・・・」と考えている人は多いかもしれませんが,
酵素はあくまでも「代謝向上のサポートする」ものなので,
はっきり言ってそれは「誤解」です。
「酵素ダイエット」は,代謝酵素を補うことで代謝向上を図り「痩せやすくする」という考えから生まれたものです。
酵素とは,体内で産生される蛋白質の一つで,
「消化酵素」
「代謝酵素」
「食物酵素」
の3種類に分類されます。
「消化酵素」は食物を消化・分解するために必要な酵素で,「代謝酵素」は脂質・炭水化物・蛋白質などエネルギーとして体内で燃焼させるために必要な酵素です。
「食物酵素」は,野菜・果物などの食べ物に含まれる酵素で,食べ物自体が持つ消化吸収を助けるものです。


痩せるためには,摂取カロリーより消費カロリーが多い状態が必要で,消費カロリーを増加させるために代謝の向上が必要ですが,代謝酵素は体内以外では産生できないため,食物酵素を摂取して補うことで体内の酵素が増加して,その結果代謝が向上します。

何故痩せるのか?

摂取エネルギーとは,食事によって体内に取り込まれるエネルギーのことで,消費エネルギーとは,生命維持や日常生活・運動などで消費されるエネルギーのことです。
太ってしまう原因は,「摂取エネルギー量」が「消費エネルギー量より多い」からで,その逆であれば誰でも痩せていくはずです。
しかし,体重が少ないことが健康でしょうか?
肥満の基準は,「体重の多い少ない」ではなく,
「身体に占める脂肪の割合」=「体脂肪率」 で決まります。
医学的には,
「肥満とは体重過多を指すのではなく,身体を構成する成分のうち,脂肪組織の占める割合が異常に増加した場合」
と定義されています。
体重を重くしている原因が筋肉・骨の場合,その人は「肥満」とは判断されず,体脂肪率の値が重要となります。
つまり,体重が同じであっても,日頃からスポーツなどで身体を鍛錬して筋肉の多い人と,そうでない人の体脂肪率が同じとは考えられないからです。

引用:google

まとめ

健康的に痩せて体重を減らすためには,
「脂肪を減らすことで,体重を減らすこと」
が重要で,そのためには運動と食事のコントロールが基本となります。
結果重視のための急激な減量は,身体に大きな負担となるため,貧血・拒食症・月経異常など様々な障害を引き起こす可能性が有ります。
減量は,「焦らず,ゆっくり・・・」ポイントです。
重要なのは,体重の一時的な減量ではなくて,
「脂肪が減少した状態を長期的に維持すること」 です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク