「アフィリエイト」の心構え②

SNSフォローボタン

フォローする

情報収集するからクリエイティブなアイデアが浮かぶのではなく、入ってく情報を減らして空白ができた結果、その空白を埋めようとクリエイティブなアイデアがポワンッと生まれるんですね。

逆に、情報収集ばかりしてしまうと、常に脳の中はパンパンなので新しいアデアが産まれるスペース(空白)が残っていません。

まさに、カロリー過多な肥満状態になんです

情報がカロリー過多になると迷いが生じ、アフィリエイトの成功のカギの1つに「入ってくる情報を減らす(マイナス思考)」というものがあります。

具体的に言うと、入ってくる情報をなるべく減らして、自分のアフィリエイサイトをウェブにアップロードすることだけに集中するということです。

情報って言ってみればカロリーみたいなものだと思うんです。

人間の体にとってカロリーはある程度までは必要ですが、あるレベルを超えると肥満なり、逆に不健康になります。

それと同じで、情報にもダイエットが必要じゃないかと思うんです。

多分誰もがそうだと思うんですが、

アフィリエイターって常に不安と隣り合わせなので、ついつい「正しい答え」みたいなものを探してしまうんですね。

不確実性の高いビジネスなので、心のどこかで弱気になって、その穴を埋めようと答え探しに奔走してしまうんですが、情報収集に集中している限り、サイト数は増えないので念ながら報酬も増えません


報収集に集中している限り、サイト数は増えないので報酬も増えないす。

そこでアフィリエイトで稼ぐための最重要項目は「数」「ドメイン数に比例して、報酬も比例する」と考えるんです。

なので、サイトをたくさん作る必要があると思うのです。サイトをたくさん作るには、サイトを作るための時間をたくさん用意しなければいけません。

そのためには、サイトを作ること以外のことを減らす必要があります。

その代表格が「情報収集」。つまり、情報収集というインプットの時間は可能な限り減らし、サイトを作るというアウトプットの時間を可能な限り作って、とにかく入ってくる情報を減らします。

そうすれば、自然とサイトを作る時間は増えます

この考え方は、アフィリエイトで結果を出すには結構重要だと思います。

インプットの時間を減らせば、サイトを作る時間が増えるだけでなく迷いも減り、そして、サイト制作がなかなか進まない時に感じるストレスも減るわけです。

アフィリエイトは知的職業(?)で、クリエイティブな職業(?)なので、脳の中に空白を作ることが重要です。

脳の中に空白を作るということは、なるべく入ってくる情報を減らす必要あり、その空白を埋めるかのように、クリエイティブなアイデアが浮かんでくるわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク