野球などスポーツ全般でとりあげられる「イップス」って?

SNSフォローボタン

フォローする

「イップス」って知ってますか?

イップスとは、正確な原因はまだ不明ですが、精神的要因により動作に支障が生じる運動障害のことを言います。

アマでもプロでも苦しむ選手は多く、イップスが原因で引退する選手も多いんです。

最初は、ゴルフ競技で使われていた言葉なんですが、やがてスポーツ全般に広まりました。

最近では、野球の選手がちょっと話題に上がっているので、聞かれた方もあると思います。

「イップス」の原因、症状

イップスは、筋肉が極度の緊張状態に陥り、今まで問題なくごく普通に出来ていたことが突然 出来なくなり、体も思うように動かなくなってしまう一種の運動機能障害です。

正確な原因は不明ですが、精神的要因により動作に支障が生じるものと考えられます。

イップス誰にも起こる症状で、スポーツ選手だけでなくミュージシャンやその他の業界の方にもみられます。

野球の場合は、「送球イップス」といわれるものが多く、これはボールの投げ方が判らなくなってしまうというものです。

集中する場面で、極度の緊張が筋肉を硬直させミスを誘発するので思うようにできなくなります。

筋肉に力が入らず、思ったところに投げられないといった症状が出ます。

「ここでミスはできない」と思う気持ちが、ほんの些細な失敗を引き起こし、時として筋肉を緊張さそれが、やがて恐怖となり負のループという悪循環を作ってしまいます。

ミスをしてはいけない、ということだけで頭が一杯になり、注意しているのにまたミスをしてしまい、自分が判らなくなりそしてまた、ミスをする。

そしてそれがトラウマとなってしまうのです。

今まで普通に出来ていたことが、突然なんの前触れもなく出来なくなり、失敗ばかり繰り返してしまうということが目の前で起こるんです。

しかし、本来はそうではないということが周囲に全く理解してもらえず、結局自分だけで悩んでしまうことになってしまいます。

真面目で責任感が強く神経質で周りに気を使う。そして緊張はあまりしないが外交的な人は発症する傾向にあり、緊張しやすく内向的な人は発症の数が少ないという結果がでています。

悩むことが最大の悪循環ですね。

症状改善には?

失敗することで体が拒否反応を起こしているので、徐々に失敗を成功に変えることで自信にすることが第一です。

日本のプロ野球でも楽天・松井選手、中日・荒木選手、ソフトバンク・内川選手ら有名な選手は苦しんで、そこから復活されています。

完璧な治療法はまだないようですが、気持ちの持ち方で克服できます。

イップス狀態に一度なってしまうと、全てがネガティブになりがちですが、そうではなくて日頃からポジティブ思考を持ち、ネガティブにならず向き合うことで解消出来ます。

ミスをしてもミスの原因を理解し解決することで、イップスは防げます。

イップス狀態になるのでメンタルが弱まるわけで、メンタルが弱いからでは決してありません。

「イップス」の治療法

イップスが長引くと、うつ病などパニック障害を引き起こす原因にもなります。

イップスも、うつ病も精神的原因により発症するので、共通点が多いんです。治療法としては、病院に行き心療内科を受診します。

一般的には、抗うつ剤など投薬治療が行われます。

アスリートはドーピングの関係もあるのでカウンセリングやメンタルトレーニングを優先しての治療がされます。

イップスが引き金でうつ病を発症し自律神経にも影響し頭痛、めまい、全身倦怠、などのを症状もあらわれ、だんだん悪化していくことも十分あります。

イップスは運動機能障害を伴う心的疾患です。

最近は専門の施設もあるので、一刻も早く原因を解明し解決して苦しみから逃れることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク